ニュース&時事

山本KID徳郁さんのがん治療のエールを。安い言葉ですみません。頑張れ!

投稿日:

今回の記事は一切の広告収入などはありません。

管理人として僕のエールのみ。

ただそれだけの記事です。

 

なぜこんな山本KID徳郁さんのガンの記事を書こうと思ったかというと

 

理由は単純にオカルトです。

 

ツイッター、インスタグラムなどでも多くの方が山本KID徳郁さんにエールの言葉を送っています。

そういった言葉の思いが、言霊がパワーになってガンをやっつけてくれる役に立つのでは?

本気でそう思ったからです。

 

山本KID徳郁さん本人。病院や山本KID徳郁さん本人のサポートをしている方々の苦労に比べればアリンコにも満たないものです。

こんな小さなことやって自己満足だとか偽善だと思われるかもしれません。

でもそれでもいいんです。

 

それでもアリンコに満たないエールを送りたいのです。

 

僕は山本KID徳郁という一人の男によって人生を変えられた男です。

私事ですが、僕は身長が163センチ。

運動神経は正直自分で言うのもなんですがかなりいい方です。

でも体系はかなり細身で太りにくい体質です。

 

女子からするとちび扱いする男ってやつですね。

 

しかし運動神経が良かったからなのかもともとプライドが高い性格なのか。。。

はたまたちび扱いされてきた事が悔しかったのか…

 

まだ若い頃に山本KID徳郁さんの事をよく知らない頃、

僕はバスケ部だったのですが何度も馬鹿みたいに身長を言い訳をしていました。

 

小さいと不利だ。小さいと不利だ。

と自分を守るように周りに言っていました。

 

本当に何万回も言ったんじゃないかというくらい身長のせいにして生きてきました。

 

途中空手もかじっていたのですがそこでも身長や体重を言い訳にしていました。

試合で勝てないのはもともと小さいから不利だとひたすら言い聞かせていました。

 

はっきり言って超絶にダサい奴です。

誰がどう見たって半端なくダサいです。

 

 

あの頃の僕を今の自分が見たら絶対に殴っているに違いないと思うほど。

本当に背も小さければ器も身長以上に小さい野郎でした。

 

 

しかし今はそんなことを言い訳にしていません。

言い訳にしないように努力したわけでもありません。

僕は人間力が上がったというわけでもありません。

 

ただそれは…

山本KID徳郁という一人の男によって変わってしまったのです。

 

 

山本KID徳郁さんも全く同じ163センチという小柄な身長なのに、

僕は彼の身長を言い訳にした姿を見ることはなく、むしろ身長の何倍もでかく感じたからです。

 

背が小さい?だから何だ!と言わんばかりの努力とスピリットで自分より大きな選手をバッタバッタと倒し、

その強さは筋肉や運動能力だけでは語れない器の大きさや精神力がありました。

 

同じ身長で格闘家として戦う山本KID徳郁さん。

どんなつらい状況でも弱音を吐かない山本KID徳郁さん。

試合のパフォーマンスと全く違う器の大きい優しい山本KID徳郁さん。

 

 

山本KID徳郁さんを見るたびに顔を真赤にして自分のやってきたことが恥ずかしくなっていたことを今でも思い出します。

 

 

辛い時や大きな壁があった時、

山本KID徳郁だったらこんな時どう考えるだろう。どう思うだろう。

となりきったつもりで何度も心の支えにしてきました。

 

 

言い過ぎでもなく本気で山本KID徳郁という男に助けられてきた一人のファンです。

 

本当に大ファンです。

 

しかしそんな、

そんな大尊敬する僕が世界一かっこいいと思う男が、

ガンです。

 

山本KID徳郁という僕にとって世界一かっこいい男がガンです。

 

山本KID徳郁さんががん治療をしていると知った時僕は嘘だと思っていた。

山本KID徳郁さんがガンで今グアムで治療をしている。

僕がそれを知ったのはツイッターでした。

その瞬間は

「いやいやこれどうせデマでしょ。あのKIDがガンなんてありえないって。」

全く信じていませんでした。

 

しかしその後フォローしているインスタグラムで山本KID徳郁さん自身が告白しているのを見て

びっくりを超えて思考が停止しました。

 

えっと・・は?・・嘘じゃ・・ん?いやいや…ガンて。

 

どんな感情だったのかは覚えていません。

僕の世界一のヒーローがガンだという事実を全く飲み込めなかった事しか思い出せません。

 

しかし…

僕がどれだけ現実逃避しようが山本KID徳郁さん本人は現実でガンという強敵と戦っているのです。

間違いなく過去最強の強敵と戦っているのです。

 

山本KID徳郁VSガンという何ラウンド続くかわからない戦いを続けているのです。

 

これは現実なのです。

山本KID徳郁という男はいったいどこまでかっこいいんだ。

KIDが膝を故障した。

当時山本KID徳郁さんが全盛期だった頃怪我で第一線を離脱した時こう言っていました。

 

子どもたちにも嫁にも心配させてしまうから早く復帰してパパかっこいいって所見せないと。

 

これもうろ覚えなのでニュアンスですが、間違いなくこんなような事を言っていました。

 

怪我して自分が一番辛くて不安でしょうがないはずなのに他人の心配をするんです。

山本KID徳郁という男はそういう男なのです。

 

インスタグラムでのガンの告知も皆さん応援よろしくお願いしますという簡単なメッセージだけ。

元気に復活したいという思いだけ…

 

家族や関係者は流石に色々知っているとは思うのですが、

それでもファンにかっこ悪い所は見せたくないという思いでしょうか?

それともどこまでいってもかっこいい山本KID徳郁でいたいというプロフェッショナルでしょうか?

 

意地でもかっこ悪い姿を見せようとしません。

 

誰が載せたのか誰が売ったのか

ガリガリに痩せ細った山本KID徳郁さんの治療中の写真がメディアに流れました。

 

しかし・・・

 

そこでも辛くて辛くて今にも倒れそうな顔をしながら全力で歯を食いしばってかっこいいポーズを決める姿がありました。

 

僕は涙が止まりませんでした。

 

いったいどこまでかっこいいんだ。

いったいどこまでカッコつけるんだ。

 

僕のヒーローはガンによってガリガリに痩せ細ってもそれでも超かっこいいんです。

治療中の山本KID徳郁ですら男らしく強くかっこいいのです。

 

山本KID徳郁は決して精神力が強いとか鋼の精神とかじゃない。凄く優しい人。

マツコ・デラックスと矢部っちの番組のアウトデラックスだったかな?

そこで山本KID徳郁さんがゲスト出演した時にこんな事をいっていました。

 

『手相を見てもらった時あなたナイーブですね。って言われて…』

『確かにあー思い当たるなぁって。』

『緊張するとお腹痛くなっちゃうからそんな時は肉は食べないし腸のマッサージとか。』

 

言葉はかなりデフォルメしてるのですがニュアンスはこんな感じです。

 

それを聞いた時

「あー山本KIDってすごく繊細な人なんだ。それなのにこんなにブレずに男らしくいるってどんだけすごい優しい人なのだろう。」

素直にそう思った記憶があります。

 

世間では格闘技のデビューからのパフォーマンスのイメージなのか

暴力的な人とか不良とかヤンキーとかそんな印象を持たれていますが、

山本KID徳郁という人物はもともとすごく真面目な人です。

 

さらにYouTuberで有名なジョーブログのジョーさんが山本KID徳郁さんとコラボした時

ジョーさんが

「リングに上がる時どんな気持ちであがりますか?相手を倒してやる!みたいなのありますか?」

と聞くとKIDさんは

「超リラックス。常に呼吸。そういう気持ちはまったくない。」

と答えていたのも覚えています。

 

あんな凶暴な相手を倒すシーンの裏側では実はリラックスするために呼吸で精神を整えてたんです。

そう思うとエンターテイナーであり格闘技者としてプロであり優しい人何だなって…

 

さらに続けます。

 

山本KID徳郁さんが出演しているある番組で

闘犬愛好家が出演した時に山本KID徳郁さんはこう言いました。

「飼い主対飼い主も勝負すればいいのにね。」

 

闘犬愛好家は言います。

「そういうのはKIDさんにやってもらって…」

 

山本KID徳郁さんは反論します。

「いや俺は誰かに命令されてるわけじゃないから」

「飼い主同士もやりあって気持ちわかったほうがいいんじゃないの?」

 

闘犬愛好家も反論します。

「いやでも犬も戦ってる時尻尾振ってますから。」

 

山本KID徳郁さんさらに猛反論

「尻尾振ってるからって喜んでるわけじゃないよ。全然無知じゃん。」

 

山本KID徳郁さんは犬を愛しているため、そんな大好きな犬を人間のエゴで戦わせる事が許せないそうです。

山本KID徳郁さんは戦わない闘犬は殺処分されることも知っていてそういった背景に怒りを覚えているのです。

 

実際山本KID徳郁さんの友人はそんな闘犬を引き取ってちゃんと育てて優しくなった犬たちとのんびり暮らしているそう。

 

本当に動物への愛がわかります。

 

相手は人じゃなくて犬ですが、山本KID徳郁さんは飼い主同士もやりあえばもうちょっと犬に優しくなれるんじゃない?

とメッセージを送っていました。

 

他人の気持ちになれる人なのです。

 

山本KID徳郁という人は格別な精神力を持っているわけでも一切恐怖がない人とかでもなく

誰かの気持ちになって考えられるただただ純粋に優しい人なのです。

 

 

そんな優しくて強くて超かっこいい山本KID徳郁さんがガンなのです。

僕は山本KID徳郁さんが復活することを本気で信じています。

たまにこんな事を思います。

 

神様はなんで優しくて純粋で美しい人に過酷な試練を与えるのだろう。

ガンとか病気とかは悪い人とか犯罪者とかそんな人がなればいいのに!!!

 

こう思う僕もまた腹黒く汚いのかもしれません。

おそらく山本KID徳郁さんなら誰も病気になんてならないほうが良いって言うでしょう。

 

でも実際今は山本KID徳郁さんがガンになっているわけです。

全力で治療をしているわけです。

 

 

何も出来ない自分がはがゆく、こうして必死に応援のブログを書くことしか出来ません。

でも山本KID徳郁さんには僕のメッセージは届かなくとも多くのファンやキッドさんを好きな人の思いは届いていると思っています。

山本KID徳郁さんがそれを見て励みにして力に変えていると信じています。

 

 

こんな僕みたいな奴にこんな事を言われたくねぇわ!!と思われるかもしれませんが、

皆さんどうか山本KID徳郁さんを応援してあげて下さい。

復活して元気になると願ってあげて下さい。

 

山本KID徳郁さんはものすごく優しい人ですからその思いをエネルギーに変える力を持っているはずなのです。

 

長くなってしまいましたが、

僕は心から僕のヒーロー山本KID徳郁が復活することを心待ちにしています。

 

そして山本KID徳郁さんだけではなく今現在僕の知らない所でガンや難病と戦っている方たちにも同じ思いを持ちたいとも思っています。

頑張れなんて月並みで浅はかで安い言葉なんてかけられるようなものでもないですが、

それでも皆さんが強く生きて元気になることを願います。

 

山本KID徳郁さん。そして同じようにガンや難病に苦しむ方々。

 

本当に浅い言葉ですみません。でもどうか・・・どうか!

頑張れ!!!!!!!!!!





スポンサーリンク

-ニュース&時事

Copyright© , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.