ためになる話

台風の時野良猫はどこにいるのか。家猫が脱走した時の対処法。

投稿日:

野良猫は台風の時どこにいるの?全く見当たらないけど。

野良猫は台風の時とか一体どこでなにしてんの?全然見ないけど!!

という疑問に答えていこうと思う。

 

野良猫だって寝ている場所というか棲み家が必ずある。

雨風が防げる所。狭い所。敵に見つからない所。

野良猫はこうした場所をよく知っていて、お気に入りの場所がある。

 

だから野良猫の場合は台風の時必ず棲み家に帰る。

人のようにニュースだったり情報で台風が来るなんてことは猫はわからないが、

動物はそういった感覚が研ぎ澄まされている。

 

そのため、猫も台風が来る前にちゃんとヤバイと認識する。

 

鳥なんかは台風の目の時は鳴かないくせに台風が過ぎ去るとチュンチュン鳴く。

本当にすごい。

 

なので野良猫が台風の時見つからないのは当然。

 

誰にも見つからないような棲み家でじーっと台風が過ぎ去るのを待っているのだ。

特に雨にいたっては猫は極端に濡れることを嫌うために、よほど衰弱した猫でも無い限り雨に当たらないところにいる。

家猫は外で台風の時どうする?うちの猫が脱走した時。

さて、一方で家猫は台風の時どうするのだろうか。

 

我が家の猫は台風の時俺がふいに玄関をあけて

「風やばー!!!」

と言ってる時にスッと足の間を抜けて脱走した。

「ちょっとコラァ!!!!」

と捕まえに行こうとしたときにはもう遅い。

 

人間には到底とらえられない瞬発力で一瞬にして逃げていった。

まぁその後台風だろうが関係ない。

 

我が家の猫は完全な箱入り猫なので台風の中脱走なんて心配で吐き気すらする。

 

強風大雨なんてお構いなしに探し回った。

結局見つからずにまじでどうしよう。と悩んでいた。

 

警察に連絡してみよう。猫探してますの張り紙を次の日に貼ろう。

歩いている人にこの猫見ませんでした?と聞いてまわろうか・・・・

 

そんな事を考えているうちに窓のカリカリ音が聞こえる。

にゃーん・・・。

 

うぉ!!!!帰ってきた。

 

急いで窓のところへ行くと案の定ビッショビショの状態の我が家の猫がいた。

震えて怯えて完全に雨で毛がぺたんこでガリガリみたいな状態。

 

ほれみなさい!言わんこっちゃない。

 

窓を開けるとゆっくり家に入ってきて元気がない。

おそらくよっぽど怖かったのだろう。

 

いつもの脱走では普通の天気だったので割と余裕で帰ってきていたが、

台風ともなると我家の猫も適応出来なかったようだ。

スポンサーリンク

家猫と野良猫では実績と経験が違う。

何の実績だよ!!

 

って突っ込まれそうだが、言葉の通りだ。野良としての実績と経験が違う。

 

野良猫ともなればどこが餌場でどこに隠れ家があってどこに抜け道があるなどよく知っている。

うちの庭に来る野良猫も毎回同じルートから入ってきたり逃げるルートも決まっている。

 

人間だって自分の町と知らない町じゃ勝手が違うのと同じ。

 

じゃあ家猫という室内で生きてきた猫どうかというと、

外には興味津々だが、野良としての生き方は全く知らない。持っているのは本能だけ。

 

事実としてうちの猫は脱走しても必ずお腹が空くと家に帰ってくる。

にゃーん開けてくれにゃーん!と窓ガラスをカリカリしてくる。

 

家猫として育った猫は外の世界で生き抜いていく力が限りなく弱いのだ。

家猫が台風の時脱走したらまず全力で探しましょう。

電力会社、役所の許可を得て貼り紙。

近所の人への聞き込み。

動物病院での貼り紙のお願い。

猫がいないか保健所へ連絡。

SNSでの拡散。FacebookやInstagramなどでシェアしてもらう。

警察へ連絡(最悪の場合を考えて)

 

台風の時家猫が脱走した場合はこうした対策をすることをオススメする。

 

家猫が単純に脱走して外の生活が好きで帰りたくない。新しい生活がしたい。

と思ってた場合はそれはそれだが、

 

外の環境に慣れてない猫がいきなり台風を経験したらたいていは怯えたりどうしようも出来なかったりする可能性がある。

 

よほど無いが、家の場所を忘れて帰れなくなった猫もいる。

まず全力で探してみる事だ。

家猫でも本能はある。狭い所、端、細い所などを探そう。

猫は本能として 

高い所。

狭い所。

端。

細い所。

こうした場所を好む。

 

おそらく外敵から身を守るための本能的なものが家猫といえどあるのだろう。

 

脱走したはいいものの家に帰れなくなってしまった家猫はこうした狭い場所や細い場所に逃げ込む可能性が高い。

家猫として人を完全に恐れてない場合誰かに懐いてる可能性。

犬でもたまにいるが、誰かれ構わず懐いてしまう猫がいる。

台風の時怯えて怖がっている時に人がいたら助けを求める猫もいるだろう。

 

たまにどこの猫なのか野良猫なのか知らない間についてきてて餌を求めるやつがいるが、

そのパターンも十分にありえる。

 

貼り紙に首輪の色や特徴、写真など詳細を載せて自分の家の猫だと明確に認識してもらえるようにしよう。

 

家猫が台風の時に脱走まとめ。

まぁ基本的にはその日だったり数日すると戻ってくるが、そうではないパターンもある。

車に轢かれたんじゃないだろうか。

どこかで怯えてるんじゃないだろうか・・・。

 

我が家の猫は脱走しても1日で帰ってくるのにある日全く帰ってこなくなって、

近所の人が「あなたのところの猫じゃない?」と報告してくれたら車に轢かれていた。

 

それ以来ショックのあまり猫を飼えなくなってしまったが、脱走は危険がいっぱいだ。

台風の時なんて特に危ないものだらけ。迅速な対応をしてほしいのである。





スポンサーリンク

-ためになる話

Copyright© , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.