スポーツ

日本代表 パス回しがずるい!せこい!と言われる部分を語ってみる。

投稿日:

今回の話は完全なる当サイトの冒険家の主観と偏見による話です。

賛否両論あると思いますしいろいろ言いたいことは皆さんあるとは思いますが、

生暖かく聞いてください。

日本代表のポーランド戦のパス回しは日本だけではなく世界中が批判。

日本対ポーランド戦。

グループリーグを抜けて決勝トーナメントに行けるかどうかにかかっている最終戦だ。

勝つか引き分けかで行けることが確定していたから日本国民の盛り上がりも半端じゃない。

お祭り騒ぎとはこの事である。

 

試合内容

試合が始まると前半お互いチャンスは作るも得点を許さずに0-0で折り返す。

ここではみんなボルテージも上がり後半絶対得点を入れてくれるはずだと期待値も上がる。

しかし後半日本はセットプレーからポーランドに先制を許してしまったのだ。

 

日本は必死に一点を取りに行かなければならない!

 

現地のサポーターもテレビの前の皆もなんとか一点と祈りを込めた。

だが問題が起きたのはここからだ。

 

同時刻の違うスタジアム。セネガル対コロンビア戦。

ここでコロンビアが勝つとセネガルと日本が勝ち点4で並び、フェアプレーポイントという新ルールで日本が2位通過できる!という状況でコロンビアが一点をもぎ取ったのである。

フェアプレーポイントというのはようは勝ち点も得失点差も同じ場合、ファールの数が少ない方が優先されますよー。というルール。

 

そこで西野監督はこうした判断をした。

『点を無理に取りに行かずパス回しで時間をつぶせ。ファールは絶対するな。』

というような指示だ。

 

勝たなくていい!魅せるプレーもいらない!決勝トーナメントに行けるならそれでいい!

と言わんばかりの作戦だ。

 

そこで日本は残り時間10分間ほど、言い方は悪いがダラダラとパス回しをする試合展開をしたのである。

 

試合は終わり作戦通り0-1で負けたが決勝トーナメント進出。

この作戦は見事に成功して日本は決勝トーナメントに行けることになったのだが、

世界中がこの日本のプレーを批判する結果となった。

世界中が日本代表サッカーへ酷評をしている。

日本の後半のパス回しによる時間稼ぎに現地の会場では大ブーイングが起きた。

世界中がコナン君を遥かに超えるバーロー状態。

 

地元ロシアの人たちも日本代表を『恥知らず』と言っていた。

これは日本代表にだけの酷評ではなく、実はポーランドの選手も日本が攻め込まないとわかるや否や地面に座り込むシーンも有り、スポルト・エクスプレス紙は『日本とポーランドはサッカーにつばを吐いた』としている。

 

さらにモスコフスキー・コムソモーレツ電子版でも

「日本は試合をひどい形で締めくくった。残念」

酷評した。

 

こうした酷評は世界中で言われる結果となったが、日本でもそれは変わらない。

フェアプレーポイントで勝つっていうこの作戦がフェアじゃない。

日本、恥ずかしい

こんな試合で決勝トーナメント上がれて嬉しいの?

とボロクソな言われようである。

日本のパス回しは果たして本当にせこくてずるいのか。

こんな事を言う人がいた

『あんな恥ずかしいパス回しの試合するくらいなら堂々と戦って負けたほうが良かった。』

うむ。たしかに。そう思う人がいてもおかしくない。

 

しかし一方で

『勝負の世界だから!あくまで決勝トーナメントに行くためにプロらしい作戦だった。』

と擁護する人たちも多かった。

 

さてこのあたりどうなのかについて俺なりの話をしたい。

スポンサーリンク

日本代表のパス回しはプロとしては✕。サッカーとしては○

凄い変な考え方かもしれないが、あえて話したい。

 

なぜサッカー選手はお金を貰えるのか。

 

それはファンが出来たり会場に足を運んで見たい人が増えてチケットが売れる。

観客が増えるほど広告効果が上がってスポンサーからお金がもらえる。

イケメンなりメディア性が高ければファッションや雑誌などでも売れる。

サッカー選手に憧れる子たちやファンがサッカーグッズやギアを買うようになる。

 

サッカーをすればお金が貰えるわけではなく、あくまでサッカーという媒体を使って経済効果をもたらすからお金がもらえるわけだ。

 

となるとこのサッカーをもう一度見たい!と観客に思わせただろうか?

 

サッカーをよく知っててパス回しの時間つぶしも必要だと理解でき無い人にも魅力的なサッカーをしただろうか?

この日本代表がかっこいいからまた見たいと思わせただろうか。

 

サッカーを少しでも知れるきっかけのワールドカップでプロとして皆がお金を使ってくれるような働きをしたかという部分だけでいうなら✕な気がするのである。

では一方でサッカーとしてはあの日本代表のフェアプレーポイントを意識したパス回しはどうなのかでいうと○な気がする。

怪我のリスク、イエローカードのリスク、連続の試合による体力的な問題。

 

セネガル対コロンビア戦でもしセネガルがおいつたりしたら元も子もない作戦なのだが、それでも決勝トーナメントに行くために是が非でもと思えば当然と言える作戦だろう。

日本代表サッカーというあくまで経済効果がすごくてエンターテイメントでお祭りでもあるような大会だからこそ批判されているが、

 

決勝トーナメントに行かなければ罰金1億だったらどうだろう?

もし決勝トーナメントに行かなければ日本の税金が10%上がるとしたら?

 

絶対にありえない話だしあまりに例えが悪すぎるかもしれないが、決勝トーナメントに進む事を目的とした戦い方なら称賛を得ていたに違いない。

ただサッカーをよく知ってたりそれも楽しみと思える人たちは今回の作戦を称賛し、

日本代表!侍魂!熱狂するプレーが見たい!と期待するファンには悪い印象を与えたに違いない。

現地の会場に行った日本サポーターとしては悲しい結末。

ロシアに元々住んでいてスタジアムが近かった人たちも、日本から応援に向かった人も多大なるお金がかかっている。

ロシアに行って帰ってくるだけでも10万円以上かかり、ワールドカップのチケットでも場所とどの試合かにもよるが

1~8万円程度、決勝のチケット代ともなれば15万円とか20万円レベルとなる。

 

サッカーが大好きだからと全部で数十万円使って日本戦を見に行った人からすると

あんなにお金使って白熱した試合期待したのにこれ・・・金返せ。

となる人がいても不思議ではない気がする。

 

もちろんそれもサッカーだと見たことに価値を感じてくれる人もいるかも知れないが、客観的に見ても可哀想だとは思う。

日本代表のパス回しによる酷評まとめ。

そもそも今回の日本代表のパス回しによる時間つぶしは、セネガルと勝ち点で並んでさらに得失点差も一緒。

フェアプレーポイントで勝っているというなかなか無い状況が生んだものとも言える。

 

ルールである以上そのルールに合わせた作戦を不本意だろうがすることになったというのが

西野監督の言葉であり日本代表チームの想いではあるだろう。

 

おそらく酷評をしている人もそれは十分わかった上で盛り上げる、勝ちに行くサッカーをしてほしかったと願っていたに違いない。

んーーー・・・

 

スポーツとエンターテイメントをどちらもこなすって難しい。





スポンサーリンク

-スポーツ

Copyright© , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.