ショッピング

スロージューサーの投入口が大きいだけで世界が変わった。

投稿日:

スロージューサーは投入口が広くないとダメだったという後悔は使ってみて初めて分かる事。

スロージューサーを買って僕は後悔していた。

いや、スロージューサーを使った生活は悪くない。

 

美味しいフレッシュな搾りたてのジュースが毎日手軽に飲めた事は嬉しかった。

こんな事を言うのも変かもしれないが便通も良くなったし元気が出てくる感じもわかった。

まぁ毎日コンビニ弁当を食べていた僕にとってはとんでもない栄養が身体に舞い込んできたせいもあるだろう。

 

でも…それでも後悔していた。

なぜ投入口が広いスロージューサーを買わなかったのだろうと。

スロージューサーは本当にジュースになるまでスロー過ぎると言う話。

ポイッと簡単に野菜などを切ってジューサーに入れたらうすの要領で野菜や果物が潰されてジュースが出てくる。

高速ジューサーでは酵素が死んでしまうがスロージューサーは死なない。

健康と真逆の生活をしていた僕にとってはスロージューサーは歓喜とも言えるキッチン家電だった。

しかしそのイメージは使ってみると全くもって真逆だったのである。

最初の頃は嬉しくて頻繁に使っていた。

毎日健康的な天然のジュースが飲める事が嬉しかったしちょっと誇らしかった。

健康意識たかいなぁ・・・僕は。なんて思っていた。

 

しかし段々思い知らされる。いちいち野菜を細かくカットする面倒臭さに。

野菜や果物を洗うので30秒。

野菜や果物をカットするのに2分。

スロージューサーで1分30秒。

 

グラスに入れてジュース完成まで4分位かかる!!

 

これを4分でジュースが出来るなら早いじゃん。いいじゃんって思いますか?

スロージューサーを使っている人ならわかると思うが、これが毎日だと本当に面倒くさい!!

 

せっかくカットしても投入口に引っかかってサイズを調整するなんて言う事も頻繁にある。

スロージューサー持ってる人あるあると言っても良い。野菜がギリギリ入らなくて押し込むという時。

押し込んでみたけど実際スクリューに届かず根詰まりしてしまう悲しさ。

健康のためとかオシャレな朝送るつもりだったのに何だこのダサい作業は…

 

でも一つだけこの面倒臭さを解消するスロージューサーがあった。

クビンスホールスロージューサーに変えたら投入がありえない程楽になる。

【NEWクビンスホールスロージューサー】

『クビンスのホールスロージューサー』以上に投入口が広いスロージューサーを見たことがない。

何よりとにかくまず投入口を見て欲しい。

この半端じゃなくデカイ投入口を!!!

普通のスロージューサーは絶対に入らない!!!

リンゴだってかなり細かく切らないと入らない!!

まるごとリンゴが入れられるという喜びがわかるだろうか。

正直『そのまま食べるより栄養素と酵素が3.8倍』なんて正直僕にはどうでもいい!!!

(いやどうでも良くないが、他のスロージューサーでもある程度酵素や栄養素は確保できる。)

 

問題は栄養が高くて酵素も取れて健康的なジュースをいかに手軽に飲めるかどうか。

という所じゃないだろうか?そこがクリア出来なかったら僕としては続かないんだ!

 

もちろんそりゃスイカとかをまるごと入れれるかってのは無茶な話だが、

出来るだけカットしないで日々の生活で簡単にスロージューサーが楽しめるという利点のほうが圧倒的にデカイ。

クビンスホールスロージューサーの投入口の広さなら30秒でジュースが出来上がる。

途中から普通のスロージューサーとクビンスとのリンゴジュースのスピード比較があるが、

4分半と30秒!!驚異的な速さなのだ。

この4分の違いは毎日スロージューサーを使う人にとっては本当に神様のようなありがたみがある。

 

リンゴを洗ってぽいっと入れたら30秒後には美味しいりんごジュース。

リンゴを洗って細かくカットして4分半後には美味しいりんごジュース。

同じくらい美味しい栄養価の高いリンゴジュースが飲めるならどっちが良いかはもうわかりきっているはず。

クビンスホールスロージューサーを最安値で購入するには。

クビンスホールスロージューサーを一番安く買うなら間違いなくクビンスホールスロージューサー公式サイトだ。

楽天サイトで売られているクビンスホールスロージューサーが税込 42,984 円

公式サイトも値段は一緒。だが公式サイトにはJCBギフト券4000円分がついてくる。

JCBギフト券ならほとんどの所で使えるので使いたいところが無いなんて事も無いだろう。

楽天もポイント10倍キャンペーンなどやっているが4000円に比べたらたいしたポイントではない。

クビンスホールスロージューサーを存分に使ってもし異変があっても。

家電としてはあまりに長すぎる3年間保証がついている。

3年間も毎日普通にスロージューサー使ってたら普通に壊れても全くおかしくないのだが、

それでも保証をつけるというのは圧倒的な品質の自信があるのだろう。

 

もちろん投げて壊したとかスロージューサーに石入れてみたら壊れました。なんてのは無理だが、

普通に使ってる状態で起きた故障などなら3年間は安心過ぎる。

 

ちなみに僕はかれこれもう半年ほど使っているが壊れる気配が全く無く、保証使うときが来るのか?と思っている。

パワーが強いのか投入口が大きいのか音が普通のスロージューサーより小さい。

クビンスホールスロージューサーPROもあるが、家庭で使うなら普通ので十分!

スロージューサーのプロモデル最新型

クビンス ホールスロージューサー・プロ『業務用低速ジューサー』

価格 98,064円
保証 10年間
特徴  パワーと機能性を兼ね備えた業務用。

脅威のお値段98,064円とありえない保証10年間。

業務用ということもありクビンスもレストランスなどのお店の経営として使う方たちに向けている。

正直手が出ないし、家庭では使いこなせいないハイスペック

【NEWクビンスホールスロージューサー】

クビンス ホールスロージューサー

価格 42,984円(実質38,984円)
保証

3年間

特徴  大きな投入口と搾取スピード。酵素や栄養を壊さない設計

僕らが欲しいのはあくまで家庭で気軽に使える簡単さ。大きな投入口と機能がついていれば問題ない。

間違いなく家で使うぶんにはコチラで十分過ぎると言っていいだろう。

 

スロージューサーを買うならどれを買っても一緒なんて思っていたあの頃が懐かしい。

実際味や栄養などは特に大きな変化はないからどれでも良いと考えたのだろうが、投入口だけは本当に別だ。

間違いなくこのジュースを作るのに4分違う。というのが後々凄いことだと気づくだろう。

 

スロージューサーを使うなら是非クビンスを検討してみて欲しい。

【NEWクビンスホールスロージューサー】はコチラ





スポンサーリンク

-ショッピング

Copyright© , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.