心理学

悪い思考パターンを変える驚きの方法!幸せが溢れてくるぞ!

投稿日:

あなたの思考パターンを変えてみませんか?って話。

思考パターンを変える

ついつい悪いことを考えてしまう。ネガティブなことを考えてしまう。

面倒くさいことを考えたり難しく考えすぎてしまう。

 

そんな悪いことを考えてしまう思考パターンを変えたいと思ったことはないだろうか?

 

今回はその悪い思考パターンを変えると圧倒的に人生が変わると言う話をしたい。

これはビッグマウスではない。ほんとうに圧倒的に人生が変わる。

 

悪い思考パターンを変えると今までの人生が信じられないくらい幸せに変わる。

といっても人生そのものは今までと変わらない。

ではなぜ全く変わらない人生でも幸せになるのか。

(すごく悪影響のある事が生活の中にあるのは別。)

 

人は悲しい事があったから泣くのではない。悲しいと思ったから泣くのだ。

 

こんな話を用意してみた。

財布を落として泣いたとしよう。

その時『財布を落としたから泣いたか』と言われたらそうではない。

財布を落とした事を悲しい、辛いと思ったから泣いたのだ。

 

わかるだろうか?財布を落としてそれを『悲しい』と思ったから泣いたのだ。

(まぁこれは例えで財布落としたら誰だって悲しい笑)

 

虫が嫌いだと思うからキャンプは嫌いなのだ。

自然が好きだと思うからキャンプは好きなのだ。

 

未来は明るいと思ったから明日が待ち遠しいのだ。

未来は恐怖だと思ったから明日が不安なのだ。

未来自体は実はそれほど重要ではない。

未来をどう思うか、どう考えるかが大切なのだ。

 

つまり悪い思考パターンを変えるだけでとんでもなく幸せな明るい人生が待っている事になる。

あなたの人生が今と何も変わらなくても、素晴らしい人生が待っている事になる。

(まあ思考パターンが変わった頃には勝手に人生変わるだろうけどね。)

今までの自分の思考パターンなんて変えられるのか?という不安。

ずっとそうやって考えてきた事だから変えられる訳がないって思ってないか?

やろうやろうと思ったって頭ではわかってても身体が動かないって思ってないか?

思考、性格というものは持って生まれたものだと思ってないか?

 

全くそんな事はない。思考は変えられる。

 

ただ筋トレと同じように数ヶ月間は思考パターンを変えるトレーニングが必要なわけで、

思考を変えよう!明日から!なんてのが大きな間違いなのだ。

 

思考だって筋肉だって染み付いたものを変えるのは大変だ!

明日からムキムキになろう!ナイスバディになろう⇨無理

明日から違う自分になろう!生まれ変わろう!⇨無理

わかるでしょ?

 

だからいい体になるために明日から筋トレしよう。っておもうだろ?

一緒で明日から悪い思考を変えるように脳トレしよう。ってのが正解である。

思考パターンを変える前に知ってほしい。あなたが変えようとしてるのは行動パターンかも。

たとえば明日から必ずジョギングをしよう!と考えるとしよう。

これは毎日運動出来るような思考パターンに変えようとする方法に見えるが、

実際毎日ジョギングをしようという行動を変えようとしてるだけで思考は変わらない。

 

明日からジョギングしようって意気込んでみた内心は

  • ジョギングなんて続く気がしない。
  • やっぱり面倒くさい。
  • 今日は無理だから明日からでいいや。
  • まぁいつでも走れるし。
  • 走るのっていやだなぁ・・・

というところでありこの思考は変わってない。

 

思考が変わってない状態で行動パターンを無理やり変えようにもかなり難しいのである。

 

ジョギングをすることよりジョギングしたくなる事が大事なのだよワトソンくん。

スポンサーリンク

悪い思考パターンを変える驚きの方法はこれだ!

さぁでは具体的な悪い思考パターンを変える方法を解説していこう。

この思考を変えるという理屈がしっかりわかればかなり生活の中でどう考えていけばいいかわかるはずだ。

 

それは良いことを考える数を増やして、悪いことを考える数を減らす。

 

たったこれだけのことだ。

シンプルすぎて拍子抜け?それともそんな事意味あんの?って思う?

具体的に話していこう。

ネガティブな思考もポジティブな思考も考えた数が腕立てや腹筋の回数と同じであること。

これは本当に大切な事。絶対的な事。

先程メンタルトレーニングと筋トレはほぼ同じものだと言ったが、思考も同じだ。

 

あなたがテトリスをやり続けたらテトリスが超うまくなる。

あなたが勉強をしまくれば頭が良くなる。

脳も同じように鍛えることで進化する。

 

つまり思考も何度も繰り返すことで鍛えられていく。

 

良いこと一つ考える=良いこと腕立て一回。

悪い事一つ考える=悪い事腕立て一回。

 

もしあなたが悪い思考パターンが当たり前になってすぐネガティブに考えるとしたら

毎日毎日『悪い事腕立て100回 』を繰り返したムキムキのネガティブ思考が出来上がっているわけである。

一方で良いことを余り考える事が無くなって良いこと腕立てをほとんどせずガリガリのポジティブ思考なのだ。

 

悪い思考パターンの人は良い思考を鍛える事がほぼなく、極めてポジティブ思考が貧弱でガリガリなんだ!

 

だから良い思考パターンをより多く考えてポジティブ思考をムキムキにする必要がある。

 

ネガティブな人がポジティブな人と付き合ってポジティブになったとか人が変わった。

というのは依存とかではなくそのポジティブ思考にふれる機会が多いためにポジティブ思考が鍛えられた。

というのが理屈なのである。

 

さぁなんとなくわかってきただろう??

ネガティブな事を考えたら最後に客観視させる。

さてではネガティブな悪い思考パターンをできるだけ減らしていく方法を紹介しよう。

 

瞑想やメンタルトレーニングの世界では必ずというほど行われるのが客観視だ。

これを実況中継と言ったりする。具体的な内容を説明しよう。

 

えーどうしよう。仕事行くの面倒くさいなぁ・・仕事本当に嫌だ起きれない。

という思考があったとしよう。

面倒くさい。嫌だ。起きれない。どうしよう・・・という思考と感情がある。

ここまではわかるだろう。

 

そこで自分の思考を実況中継する自分を作り出す。

『えーどうしよう。仕事行くの面倒くさいなぁ・・仕事本当に嫌だ起きれない。』って私は今思っている。

『と今思っている。』と最後にかならずつける。

 

「仕事行くの嫌だなぁ」という思考には嫌だという感情がある。だが、

「仕事行くの嫌だなぁと今思っている」まで言うとそこには感情が存在しない。

 

試しに今ちょっとやってみてほしい。

客観視したとたんすごく冷静になったり嫌な感情が同じ言葉でも「と今思っている」を付けるだけで出てこないはずだ。

全く出ないわけじゃないにしても薄れるのがわかるはずである。

 

こうすることでネガティブな思考が出た時にその感情を追わないというテクニックだ。

ネガティブな感情が一回出てしまうとその感情を深追いして色々考える。あれもダメこれもダメと。

その結果悪い思考はどんどん腕立て伏せを重ねてムキムキになって行く。

 

だから悪い思考を追わずに感情的な部分を外す。

これが自分を客観視して「と今思っている」と思考に付けてしまうというわけだ。

 

そりゃネガティブな感情がでたらパッとなくす事が出来る人物がいるならそうした方が良い。

だが中々そう簡単には行かないからこうした「と今思っている」という実況中継のトレーニングをするのだ。

間違ったネガティブな思考パターンの対処法。

ここでダメダメ!こんなネガティブな事かんがえちゃ。楽しい事考えなくちゃ!

となることだ。

 

この思考パターンが一番多く、そして最もダメなパターンである。

 

焦りを加速させて、ダメダメこんなんじゃ!とさらにネガティブな思考であることに気づかず、

悪いことは考えちゃダメ!!と余計に気にすることでさらに実はネガティブ思考を深追いしているのである。

 

ダイエットで食べちゃダメとか思うほどお腹が空いた経験はないだろうか?

苦しくないよ。全然平気だよ!と言い聞かせるほど余計に苦しかった事はないだろうか?

無理やり言い聞かせるほど余計に焦ったりしたことは無いだろうか?

 

ハッキリ言って超逆効果なわけである。

 

その悪い思考の感情を追わない事。

追わない事=考えない事ではない。

その悪い思考に対して反応しないこと。

 

これが大切であってダメ!となってもそのまま素直に悪い思考に感情的になるのも

悪い思考に反応していることでネガティブを鍛えている事になるということだ。

だから追わない事。その思考に対して無の反応であること。だからこその客観視というわけだ。

悪い思考パターンを変えるまとめ

いかがだっただろう?

 

ネガティブを鍛えるきっかけを減らすほど自然とポジティブな思考を鍛える期間が増える。

良い思考パターンにしなきゃ!を優先してしまうが、

実は悪い思考パターンをへらすことで自然と幸せに近づいていくという事なのだ。

 

 

この方法をひたすら続けていくと少しづつ思考パターンは確実に変わって幸せになっていくだろう。





スポンサーリンク

-心理学

Copyright© , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.