ゲーム系

PUBGモバイルでドン勝するコツ!敵に撃ち負けないための練習方法!

更新日:

PUBGモバイル!ドン勝出来ない…撃ち勝てない…どうすればいいの?!

さてここで立ち回りがどうとかこういう場でこういう動きをしろってのはまぁわかるんですが、

 

頭でわかってても本番では身体が反応しない!うまく出来ない!

 

とまぁ皆コレがすべてだと思うんですよね。

 

いろんな配信者の動画を見たり、どういう立ち回りがいいとかはひたすら見た人もいるでしょう。

それでも勝てないからコツがないのかと試行錯誤している人もいます。

 

だから僕がおすすめするコツを語ります。

 

ここでは本来するべきことの理由や、なぜ撃ち勝てないのか。という部分も解説していきます。

PUBGモバイルのコツ。エイムとADSは徹底的に数値をいじって探せ!!!

カメラ感度=エイムの動きの感度。敵に照準を合わせるときに使う。

スコープモード感度=射撃中の動きの感度。『リコイル制御』などで使う。

まぁこれは皆もうわかってるでしょう。

 

さて、この感度

自分が最適だと思う感度をひたすら探して下さい。全力で!!!!

 

そう!!!!全力で!!!!!!

 

なぜここまで感度にこだわるのかというと、

PUBGモバイルは敵と撃ち合う時SRなら頭一発。ARでも身体に5発も当たれば決着が付きます。

頭に一発もあれば3発で決着がつくこともあります。

 

まぁつまり何がいいたいかと言うと

 

決着は一瞬なので先に当てたほうが圧倒的に有利なわけです。

 

撃たれた!!打ち返そう!!で勝てるのは初心者までで、ある程度うまい相手には勝てません。

おそらく殆どの人は敵と接敵した時これで勝てない事が多いです。

 

だから徹底的に敵を見つけたら素早くエイムして当てるまでの速度を向上させる必要があります。

 

最近ではEVENTモードで何度も戦えるモードがあるのでいじっては実戦をひたすら繰り返すのもいいでしょう!

とにかく接敵した時や見つけた時一瞬で相手にエイムをおける練習をすることです。

 

これをこなせばごちゃごちゃと作戦を立てなくてもよほど上手い相手でもない限り圧倒的に勝率が上がります。

こんなふうにエイムとADSの練習もいいですね。

 

スポーツの世界でも技術がないなら作戦で勝つ!みたいなことが言われますが、

いやいや技術を身に着けましょうよって話です。

敵を見つけた時点で勝ったも同然。先に見つけたもん勝ち。

さてこの場面。柵の向こう側に右に走っていく敵がいます。

これこちら側に気づいていたら柵から頭は出さないでしょう。

こちらは一方的に撃つことが出来ます。

 

基本的にはPUBGは先に敵を見つけた方が圧倒的に有利です。

 

気づかれずに逃げたり立ち回ったり先制攻撃が出来たり隠れたとしても突っ込んだ時すでに攻撃してるので

HP100対HP50くらいの撃ち合いになるのでまず負けません。

 

芋ってる方が強いなんてよく言われますがまさにそういう事なんです。

かといって芋芋プレイしろってわけじゃありません。

常に目をこらしてどこにいるのか変化を見逃さないトレーニングをしましょう。

 

だから端末の大きいiPhoneのPlusとかiPad Proとかはめちゃくちゃ有利なんですよね・・・

 

でもまぁ自分の端末は端末です。仕方がない事です。

とにかく先に敵を見つける意識!先にバレたら離脱するなり有利になるまで状況を立て直したりする。

 

先にバレても倒せる技術が欲しい!!!

その点に関しては後に話しています。

 

PUBGモバイルのコツ。自分に合った感度の探し方はトレーニングモードじゃわからない。

よく練習場で感度を探して最適を見つけましょうって話がありますが、僕はあまりオススメ出来ません。

これはなぜかと言うと

 

冷静だからです。

 

世界トップに君臨していたPUBGの神様的な存在であるシュラウドがこんな事を言ってました。

 

自分の癖を知る。最終場面で力んでグッと指を押さえてしまう人はそうした感度へ。ボタン配置をその時を思い出して。

いざという時の行動に合わせたほうがいい。いざという時の自分のメンタルや状態の把握が大事。

 

まぁ言葉は僕がなんとなく覚えてた程度なので適当ですが、ニュアンスは同じです。

つまり

 

いざという時の緊張状態での指の動かし方と、余裕で動ける練習モードじゃ全く別物なのです。

 

トレーニングモードで出来た気になっていても実際は全く使えないなんてことがあります。

 

だから常にいじっては実戦、いじっては実戦。

ひたすらこの繰り返しの中で適切な感度を見つけてみて下さい。

スポンサーリンク

PUBGモバイルの最大のコツの一つ!ボタン位置は最適な場所を探す。

PS4だったりスーパーファミコンなどはみんな共通のコントローラーですよね。

まぁ他のゲームもだいたい同じです。

 

PUBGモバイルにおいてはボタンの位置をすべて自由に変えられます。場所もサイズさえも。

 

そして僕らの手のサイズも指のサイズも可動域も違うわけですから、

あなたに最適のコントローラーというものが存在するのです。

 

プロゲーマーですら何度もボタン配置を考えている程です。

それほどボタン配置というのは勝敗をかなり大きく動かす要素なのです。

【PUBGモバイル】スマホのボタン配置について徹底的に考えてみた。

 

こちらで徹底的にボタン配置について解説したものがあるので参考にしてみて下さい。

 

PUBGモバイルでドン勝するなら大会動画を参考にしろ。

オーダーの出し方やトーク内容がキリキリと喧嘩腰だったりするのはひとまず置いといて…

なぜ大会動画を参考にするかと言うと

 

技術的な部分が皆同じようなレベルのマッチだからです。

 

これはどういう事かというと、よく動画配信者が30キル無双みたいなことってありますよね?

でもそれって素人相手にプロが段違いのレベルの技術があるから出来る動きであり立ち回りです。

 

同じ素人同士だった場合それほど無双出来る程の差は出てきません。

 

そして配信者も動画視聴者に楽しんでもらおうと多少なり無謀な立ち回りや面白い戦い方をします。

 

でも大会動画はガチです!絶対そんな下手なことしません。

だから大会動画を参考にするとどう射線を切ってどう立ち回るかがよくわかります。

 

大会動画を見た後普通にPUBGすると皆ガバガバの立ち回りしてますよ笑

 

考えるより先に身体が動くレベルの反復練習がPUBGでもスポーツでもピンチを救ってくれる。

格闘技なんかでも言われますね。

 

何度も何度も反復した練習の癖がいざという時頭で考えるよりも先に身体が動いてくれる。

 

これはPUBGでも同じです。

 

反射的に動ける人と、考えてからボタン操作する人ではまるで違います。

絶対に反射で動いてしまう人には勝てません。(先に敵を見つけた時以外は。)

 

だからひたすら自分に合ったボタン配置を見つけたらその状況を叩き込んで下さい。

見なくても考えなくても自然と動けるようにして下さい。

 

それが絶対後々かなり影響してきます。

PUBGはゲームですが、eスポーツになった立派なスポーツでもあります。

野球やサッカーが身体全体を使うスポーツならPUBGは指を動かすスポーツだと思ってください。

 

指のトレーニングがPUBGでもかなり役立つ。信じるか信じないかはあなた次第。

指を使うアスリートって結構ゲーム以外にもあります。

マジシャン

ペン回し

ギターなどの楽器奏者

これらのプロはその実技の練習ももちろんしますが、

 

指のストレッチや指のトレーニングをめちゃくちゃやります。

 

ようは指を自由自在に操ることに関して特化させるのです。

あと指のトレーニングというのは老人ホームなどでも実施されているんですが、脳にもとても良いです。

 

PUBGモバイルのドン勝目指すならひたすらやったほうがいいでしょ!!!

ッテ意見ももちろんアリだと思いますが、指トレも実際かなり効果があると思います。

 

信じるか信じないかはあなた次第。

 

ハードウェアチート?iPadに変える。LRボタンを買う。

pubgモバイルのハードウェアチート議論について思うこと。

こちらでハードウェアチートについては話してますので参考までに。

 

正直言いますとね。PUBGにしろオンラインゲームに関しては端末の優劣ってめちゃくちゃあります。

 

iPhone6とかでやるとまじでカクカクすぎてアンドロイドの古いやつでも本当に見ずらいのなんのって・・・

だからiPad Proとかスマホでも最新に近づくほど画面も大きく見やすく動きもスムーズ。

 

こればかりは天地がひっくり返る事もなく覆らない。端末で勝敗が決る事なんてざらにある。

 

だからまぁせめてLRボタンくらいいいじゃないか!!!プロじゃないんだもの!!!

って感じです。

先に撃ち始めたのになぜか撃ち負ける人へのコツ!2つの理由!

さてこの『先に撃ち始めたのに何故か負ける』

この状況に何度も遭遇してはらわたが煮えくり返ってスマホを投げた事がある人もいるでしょう。

 

なんで先に撃ってんのにお前が撃ち勝てるんだよ!!チーターかよ!!なんなんだよ!!!

 

実際僕は何度もこの状況になり怒りをスマホにぶつけた事があります。

そこでちょっとしたこの先に撃ち始めたのになぜか負ける人へ送るコツという回答を用意しました。

PUBGモバイルの戦闘中に頭を狙ってないVS頭を狙っている相手

この頭を狙うというのがどれだけ大切でこれさえできればほぼ『勝ち確定』という話です。

これはもうコツを超えて絶対的な必殺です。

もし相手も自分も

 

レベル3ヘルメット、レベル3ベストだったとしましょう。

頭を狙えば3発です!3発を体のどこかに当てようと3発です。

一方で体を狙った場合100ダメージを超えるまでに6発必要です。

 

撃ちはじめが早くてもこうして頭を的確に狙われると一瞬で溶けます。

 

この頭を狙う。よくPUBGではヘッドラインに照準を持っていくなんていいますが、これは絶対に覚えて下さい。

結果的にSRの上達にもつながるのでARでも頭を意識は100%大事です。

 

ちなみにレベル2ヘルメットだったらARならどれでも2発で溶けます。

一発でも当たれば勝ち確定くらい相手の体力は一瞬で半分以上なくなります。

 

コツとしてはとにかく小さな点を撃つ練習をすると合わせるのが楽になります。

絶対意識しましょうね!

PUBGモバイルをやる上でPING値、回線速度、端末は新しいですか?環境設備のコツ

pingとはサーバが正常に動いているかを確認するために、データ送信から返答までの「応答速度」を確認する方法のことです。

簡単に言うと

あなたのスマホにゲーム上の映像が映し出されるスピードと思って下さい。

 

PING値が低いほど速度が早く、PING値が高いほど応答速度は弱いです。

もうこの映像を作ってくれた人に多大な感謝をしたい!

完璧なPING値の違いによる検証です。

 

この映像のようにとっくに物陰に隠れていたりするのにダメージを受けるという仕組みが出てしまうわけです。

図解しましょう!

 

もしあなたのPING値が高くて応答速度が弱いとします。すると

このように相手は逃げたはずなのにダメージを負います。

一方であなたには実際の相手の位置は遅れて見えてくるので時間差はわかりません。

 

さてこの場合

別にヒットするならPING値なんて早かろうが遅かろうが関係ないっていうかむしろ遅いほうが怖いじゃん。

って思うかもしれませんがこれは相手が射撃をしてない場合です。

 

問題はこの相手が先に行動して射撃していた場合です!!

伝わりますかね?

あなたは相手を見つけて撃ち始めたつもりでも、

 

『相手はもうすでに射撃をスタートさせているわけです。』

 

だからあなたが撃ち始めたとしても

『すでに数発もう実は食らってる状態から対抗しているということになる。』

 

わかりますかね?

このPING値による相手との映像ラグが起こす圧倒的時間差による勝ち負けの話が。

 

もはやPUBGモバイルのゲームとしての技術的なコツではなく、ハッキリ言って設備や環境的なものを整えるコツだってあるのです。

 

これは端末のメモリーやCPUなどでもラグは影響していて、回線速度が弱くてもPING値に影響します。

 

そこで改善案としては現在圧倒的なパフォーマンスを誇るのがNURO光で、

あなたのPING値が50msとかだとしても一桁代の10とか9msくらいまで下がります。

つまり5倍くらい早くなります。

 

ゲームをガチ勢として本気でやってるひとがこぞってこのNURO光に変えてますからね。

プロゲーマーなどはこの回線速度やPING値を最優先くらいで改善してます。

 

回線速度もめちゃくちゃ早くなってスマホゲームどころかYou Tubeでもパッパッパ!ってくらい速攻です。

今はNUROが最大830000円キャッシュバックというありえない現金還元をしているのでガチで勝ちたい人は考えてみて下さい。

 

NURO光最大8.3万円キャッシュバック! を見てみる。

PUBGモバイルでドン勝するコツ!まとめ。

いかがでしたか?戦略的なものを覚えるというより今回はかなり基礎トレーニング的な話でした。

でもこうした基礎がなければ応用を効かせることも出来ないし、いざという時に理屈だけなんて何も武器になりません。

 

指のレベルアップ

反応のレベルアップ

端末のレベルアップ

神経系のレベルアップ

契約回線などの設備のレベルアップ

 

プロゲーマーはわりと他のゲームをやらせても上手かったりして、その基礎レベルがもともと高いからだと思うのです。

理屈だけじゃない根本的な技術向上と環境を整える事。

これがコツです!ドン勝への道が開ける事になるでしょう!





スポンサーリンク

-ゲーム系

Copyright© , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.