おもしろ記事

学生の就活の面接での面接官からの本音!受かる人と受からない人の違い!

更新日:

学生さんの就職活動するひと必見!!面接や募集項目の本音!

面接

さぁ学生さん!就活お疲れ様です!!

面接や履歴書なんかで迷いに迷ってる人も多いことだろう!!

 

初めての面接…難しい…は一体どうすりゃ受かるの?

 

そりゃそうだ。バイトの面接とは違うし、就職難と言われる時代だ。

 

簡単に一個受けたら受かるなんてそんな甘い時代じゃない。

 

だから今就活している学生または就職しようと思っている人の

少しでも手助けになれれば良いと思ってこの話をしようと思う。。

 

なんでこんなこと言えるのかというと、

 

正直自分は昔企業やバイトなどの人材募集のページを作ったり打ち合わせの仕事をしていた。

 

だから面接官側の意見や気持ちなどが結構わかるのだ。マジで。

 

その経験をもとに参考になればいいと思っている。

まず最初に就活の前に知ってほしい。募集項目のあやふやさ。

面接7

まぁよくある話でさ。こんな募集要項ない?

活動的な人

体力のある人

○○なことに興味がある人

人と接する事が好きな人

みたいな感じで項目があると思う。

 

よく見るありきたりな就活で必要とされる人材。

 

必須資格とか給料とか待遇とかそういったものはあやふやではないが、

○○な人ってのはかなり大雑把に書かれていることがよくある。

 

だが・・・

 

このあやふやな募集要項をそこまで重視する必要って全く無い!!!!

 

恋愛でいうところの好きなタイプは?『優しい人』くらいのレベルであやふや。

 

もちろんこの項目で募集する人を絞っているのだが、

絞っているだけで当てはまる人が受かるというわけではないので

あくまでこのへんは雰囲気的なものだけで大事なのは目を見て目の前で話せる面接ということである。

 

あなたがもし社長とする。

活動的な頑張れる人募集って書いて本当にそんな人来ると思う?

てかそんなの面接前に見抜ける?

なんなら面接でも見抜ける?

 

本当に大切なのはそんなところじゃない。

 

求めているものって何かはもう少しあとで話す。

学歴とか経歴は関係有るのか?

面接6

経歴についてはかなり大事かもしれない。

ようは経験者か経験者じゃないかというのは大事になってくる場合もあるだろう。

ただ学歴においては一つのデータでありそれ以上でもそれ以下でもない。

 

高学歴な学校=それだけの勉強と努力をしている。もしくは頭がいい。学校名のブランド等

 

というものだがコミュニケーションが欠落していたり謙虚さが無かったり生意気だったら

面接する側もこんな人が欲しいなんて中々思わない。

 

無駄に頭が良くて硬い考えの人よりも柔軟な頭を持っている人のほうが欲しいところも多い。

 

就職先が何らかの研究とか学者やら先生やら医者やらと言うならそれは学歴も大事だろうが、

一般企業だったり専門職ではあくまでその人の人間性などのほうが重要視する比率は圧倒的に多いだろう。

学歴で悩んでいる人がいれば積極的に希望職に挑戦してほしいものだ。

スポンサーリンク

面接官が学生に求めている本音は!!就活学生必見の受かる人と受からない人の違い!

さてここから本格的な面接官の本音と心理について迫っていきたいと思う。

あくまで相手は

 

企業であり人間であり団体行動である。

 

こうした根本的なところを踏まえた上で考えていこうじゃないか。

面接官が学生に求めるものその①!就活ではやる気より生産性。

面接2

コレ結構大事である。

あんな仕事をやってみたい!給料いいからここではたらくぞ!!頑張るぞ!!!

やる気はあるのは認めよう。

 

だがやる気=現実を見ているか?となればそうではない。

 

華やかな仕事に見えるものは裏では相当なキツイ努力があるだろうし、楽しそうに見える仕事だってそれだけじゃない。

 

そしてよく働いても会社の体制がどうの給料がどうの休みがどうの!!

なんて文句が見られる時があるが、

 

その会社は社長が借金などのリスクをおったり人を雇えるまで大きくしたり

それまでの歴史で様々な人の努力があって作られている。

 

個人経営だったりフリーで仕事している人はわかるだろうが、

働けば必ずお金がもらえる環境が整ったところで何を文句言ってんだ?

と思う人もいるだろう。

 

やる気だったり楽しさを求めるのもいいが、

お金をもらって仕事しているからには新人だろうがどんな事だろうが雇われているからプロ!!!

そしてお金は会社からもらうのではない、お客様!ようは人からもらっている!

ということを認識する必要がありそうである。

 

だからポイント

面接や就活においては自分にどれだけの生産性がある人間なのかを伝える事!!!

 

自分はお金さえ貰えればがんばります。

ではなく

自分が働けば生産性をあげられます。

 

会社にとって自分がはいるメリットがあるという事を伝えられると強い!

企業の方!僕お金が欲しいので働かせて欲しい!!なんて感じだけでは必要とは全く思われないのである。

 

あなたが社長とする。面接をするとする。

知り合いなら助けて欲しいって人に

『うちで働くか??』

なんて優しい言葉をかけてあげることだろう。

 

これが赤の他人だったら

『何だお前?』

ってならない?

 

 

そして・・・

 

待遇良いし、給料いいし、楽しそうだし、明るい職場っぽい!

適当な良いこと言っとけばいいだろう。とりあえず御社に入りたいです!!!

 

んなあほなって話もだ。

 

んで会社にとってどんなメリットが有るの?ってことである。

会社にとって大事な人材ってのは様々いるだろう。

 

会社の雰囲気を明るくしてくれる人。営業をバシバシとってくれる人。新しいムーブメントや企画を打ち出せる人。

任せられるような信頼できる人などなど。

 

会社にとってメリットがない人を働きたいだけで採用するわけがない。

あなたがもし自分で会社を設立していて見知らぬ人が面接に来た時その人の幸せを考えるだろうか?

おそらく会社にとって必要か必要ではないかを考えるだろう。

 

だから自分のメリットで面接をしていても面接官の心には届かない。

 

会社に自分が必要ですよ!僕が入ったらこんな特典!こんないいことが起きますよ!!

 

自分を売ることが大事なのである。

そうだなぁ。それがいい表現だ。

 

就活の面接で大事な事はしっかりすることってより自分を売り込もう。

面接官が学生に求めるものその②!本音の一番大事な所はここ!!企業PR!!

面接5

これは昔人材募集の打ち合わせをしていても毎回これを思っていた。

 

担当先の人の話。

 

『僕らの仕事ってしんどいんですよねぇ。やる気ある人もいるし楽しい事もありますけど、

でもイメージがしんどい!みたいな感じであんまり人来てくれないんですよ。

なんか会社に入りたいようなキャッチコピーとかPRないですかね?』

 

そして僕らはその意見を聞いて会社の魅力を引き出して募集をかける。

この時点で面接に来たなら会社のPRは成功したと言っていい。

 

さぁ何がいいたいかわかるだろうか?

 

企業の人は自分たちの魅力を顧客にではなく働きたい人に伝えている。

 

もう一度言う。

働きたい人へのPRをしている。

 

つまり募集要項なんていう細かい部分よりもPRのところにかなりの

『こんな人に来て欲しいという情報』が溢れているわけである。

 

広告業界でもキャッチコピーで人を呼ぶようにね。

うちってこんな会社でこんな事やってます。

ねぇ?どう?うちで働きたい?ねぇねぇ?なんで働きたい?

 

企業の自慢話に対してあなたはどう向き合いますか?

 

自ずと自慢したい部分がわかればあなたのアピールって結構簡単になるだろう。

面接官が学生に求めるものその③!恋愛にするとわかりやすい!

恋愛などで

『可愛いね!どこ住んでるの?何歳?俺と付き合ってよ!』

って男がいたらどうだろう?

 

そうだ。そうに違いない。

絶対付き合わん。

 

話しを聞く事も大事だが、自分はこんな人だよ?ってアピールすることもあれば

自慢話などをすることだってあるだろう。

自分をその女の子に知ってもらおうと必死になるはずだ。

 

その女の子と付き合いたい!可愛いからって付き合えるわけじゃない。

その女の子と付き合いたいと思ってその女の子も付き合いたいと思うから付き合えるわけだ。

 

面接だって何も変わらない。

 

会社が欲しいと思ったから入れるだけで自分が入りたいアピールだけしたってしょうがない。

好きな子の事を必死に知ろうとする。

好きな子の好みを知ろうとする。

好きな子に楽しんでもらう。

 

自分が好きな子(企業)に好意があることを伝えて、相手に好きになってもらおうとする。

 

この姿勢があるかないかは雲泥の差がでる。

 

服屋で働きたいって憧れて面接したとして自分を売れない人が

自分が作ってるわけでもない服を売ることなんて出来ないからね。

 

面接官が学生に求めるものその④!第一印象という超必殺技!

第一印象。

これってあなどらないほうが良い。

第一印象はマジで半端じゃなく大事。

 

面接って話を直接聞くことにある?

履歴書に書いてある事をもう一度話してもらうため?

御社に魅力を感じ…ごにょごにょ。

 

違う。

 

会うためだ。会ってみたいからだ。

 

この人どんな人なんだろう?話してみ無いとわからない。ってよく言うが、

これは雰囲気や笑顔や仕草や喋り方などすべてを総合的に見ている。

 

決して言っている言葉だけを真実に聞いているわけではない。

 

またまた恋愛の話にしよう。

SNSで写真だけ知ってる女の子。とても可愛い。

さて。実際に会ってみたいよね?会いたいよね???なんで???

 

SNSのプロフィールだけじゃわからない何かを知りたいからでしょ?

どんな喋り方するのか。どんな笑顔なのか。スタイルとか。仕草とか。直接触れたいとか。

 

会わないとわからない何かを知りたいのだ。

 

もし面接までこぎつけたのなら、就活では第一印象はバチバチに良くしたほうが良い。

これは間違いなく言える。

清潔感を大事にして、良い印象を与えられるようにしたほうが良い。

 

絶対的に間違いない。

 

さらに面接官の本音を言おう。

会社に入って欲しいというのは利益だけではない。

共に会社を盛り上げる仲間が欲しいとも言える。

 

人間なのだから。

 

だから仲間になりたいと思えるような人物になったら…

友だちになりたいなぁって思わせるような人として面接に行く。

 

この考え方あながち間違っていない。

 

学生の就活の面接での面接官からの本音!まとめ

面接4

あまりに上から目線のような意見に見えて不快に思うかもしれないが、

自分の意見というより様々な面接官の意見をまとめているため決して自己満足的な話ではない。

 

そこはご了承頂きたい。

 

どうだろうか?自分が面接官側になってみると結構わかることも多いのではないだろうか?

面接とか会社とか言うと堅苦しいイメージになってしまうが、

あくまで会話は人対人だ。

 

恋愛と同じように人に対してどう接するか?どう知り、どう知ってもらうか?

ちょっとでもこれが就活に活かせるといいなと思う。





スポンサーリンク

-おもしろ記事

Copyright© , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.