ダイエット

内ももが痩せないって?当然だ!内側のダイエットトレーニング! 

更新日:

内もも痩せが出来ない理由はコレだった!!!

内もも ダイエット

内ももという足痩せダイエットの中ではかなり強敵な部分。

女性はこの内ももダイエットについてかなりもがき苦しんでいる事でしょう。

ダイエットって長く続かないし。

いやそもそも運動あまり出来ないし。

食事制限とかお米食べるなとか絶対無理!

エステもサプリも楽した結果変わらないっていうね…

運動しても全然効果が出ない!

 

ちょっとまって一体どれだけ頑張れば成果が出るわけ?私の内ももどうなってんの?

 

とさじを投げたことも何度もあるでしょう。

 

でも今回はその中でも

内ももとか頑張っても脂肪が落ちて細くなる気が全くしない人への必殺技の運動理論!

みたいなものを教えたいと思います。

 

安心して下さい!!!!

 

自分はジムトレーナーをしていた経験と知識があるので、ここでは世の中では語られない内もも痩せダイエットを違う視点から話していきます!

これを飲めば痩せるとかいうわけわからん話はするつもりは一切ありません!!!

 

ではまぁそういう事で

先に答えをザクッと言ってしまうんですけどね。

『内ももが痩せない理由は内ももだから』

という部分から始めさせてください。

 

は????????(こいつマジかよ)

 

って思わないで聞いて下さい!!!

この先の理由をシッカリ話していきますから!

 

この『内ももだから』という理由が理解できればちゃんと痩せる方法がわかります!

ピチピチのデニムはスリムなものに変わるはずです!

新しいデニムを買う準備をしなければなりません!

脚の内側の筋肉はタルむし脂肪がつきやすい!!

内もも痩せ

あなたの脚をよーくチェックして下さい。

え?太いですって?いやそういう事じゃありません。

 

外側より内ももとか二の腕の付け根のほうがプニプニと脂肪がつきやすい状態ではないですか?

 

これってどういうことかというと、

 

単純な話としては

内ももは体の中心に最も近いから。

これが第一の理由です。

 

汚い話とかでもなく、男性の股間は冷やすため!女性の股間は温めるため。

内側と外側についているわけです。

だから内ももって女性の大切な部分を守るために脂肪が付きやすいというのもあるわけです。

 

中心に近いほど一番脂肪がつきやすく末端にいくにつれて脂肪はつきにくくなっていくわけですから

「最近太ってきたー!!指先!!」

なんて人はまずいないでしょ?

 

だから腕や足で一番太る所ってどこ?

ってなった時に当たり前のように身体の付け根に一番脂肪がつくってわけです。

 

でもまぁこれは人間の本能的な部分なので内ももの脂肪を全体に付ける方法みたいなものはありません。

体の中心から太っていくのを阻止する方法はないんです!人間ですから笑

 

重要なのはこれから!!

内ももがなぜ太るのかの2つ目の理由をまずは理解していきましょう!

内ももが痩せないのは生活の中でほぼ動かさない。筋肉の衰え。

そしてもう一つの理由として

足を内側に動かすという動きを普段の生活でまずしない。

ということです。

 

簡単に言えば筋肉の衰えです。

 

でもこの動かさないという理由が内ももにおいてはとんでもなく大切です。

 

歩いて足を前にだしたり、足は外側に動くことは多くても内側に動くことは少ないですよね?

わかりますか?

 

脚を閉じる時によっこいしょ!!って思ったことないですよね?内側に太ももを動かす事って実はそんなないのです。

だから内ももの筋力というのはアスリートや運動習慣がある人、または意識しない限り非常に弱くなります。

 

逆に言うと

内ももが弱い人ほど力は外へ外へと逃げていくので足の外側に力がかかる。

 

女性で運動を特にしているわけではないのに太ももが外側にボコッとデカく発達している人がいるが、

足の筋肉のバランスが悪く優先的に外側の筋肉を使っている可能性が高い。

 

足が開いてしまう人なども内ももの閉じる力が弱い人の特徴ですね。

あと骨盤が開いたり歪んだりしています。

 

試しに脚をそろえて真っすぐ立ってお尻を閉めるようにぎゅーっと脚を閉じる力を入れてみて下さい。

 

あぁぁあああ!!ひぃい!!!

と力が入れにくくてビックリするはず!

 

何ならこれがすごい良いトレーニングでもあるほどに。

スポンサーリンク

足自体が痩せない理由は筋肉だけじゃない!現代の不健康な生活。

足 痩せない 筋肉

下半身太りはなぜ起こるのか!子どもでもわかるように解説します。

詳しくはこちらで説明してますが、

 

現代社会において車だったりデスクワークだったりとスポーツ以外では

 

足の筋力の重要性はかなり失われました。

 

そしてヒールという特殊な形をした靴や、裸足の生活は減り、

 

正しい足の動きも失われました。

 

これは非常に問題という事がわかりますか?

 

筋肉をあまり使わなくなってしまったとか、動きが悪いとかだけの話ではありません。

筋肉を使わなくなった事で血流が悪くなる。

リンパの流れも悪くなるので老廃物が溜まりやすくなる。

柔軟性を失って足は固くなり、よけいに太りやすくなる。

代謝悪い、筋肉無い、筋肉固い、リンパ悪い、血流悪い。

 

最悪の状態ですよ笑(笑えないか。)

あなたの内もも冷えてませんか?痩せない冷えた脂肪

僕の彼女はよく足が痩せない痩せないとボヤいてて、ふと彼女の家へ遊びに行った時

パンツいっちょで歩き回ってるのを見て驚愕したことがあります。

内ももだって同じく冷えていると脂肪は固まってしまいます。

 

基本的には冷えによって血流が悪くなるとかいいますが、実際は血流不足によって冷えが起きます!

しかし!!!

 

当たり前ですが足を外気にさらして冷やし続けたら皮下脂肪は冷えるに決まってます。

 

炎症は冷やさないと駄目ですが、基本的には疲れた足は温めてケアしないといけません!

 

いい例が

『目がつかれた時ホットアイマスク』

これです。

 

疲れた所はいたわって温めてあげる。風呂もいいですね!でもその基礎中の基礎である温めるという行為を怠っている人も多いんですよね。

あなたは立ちっぱなしでむくみや老廃物が脚に溜まってませんか?原因は筋肉。

僕はこの前ですね。GU行ってきたんですよ。あの安すぎる服でおなじみのGU。

スタッフの女性たちは本当にすごいですね!常に立ちっぱなしでニコニコしてます。

でもですね!素晴らしいんですが

 

立ちっぱなしでちょこちょこ歩くだけってのは本当に足がむくみます。

スクワットなどをしているわけではないので肩こりのような状態が足でも起きてるのです。

 

本来重力によって血液は下にいきやすいですが、足の筋肉のポンプによってまた帰ってきます。

しかしあまり使わないとそのポンプの役目は弱くて足に水やら溜まりやすいんですよ。

 

お仕事が一生懸命ってのは素晴らしんですがきっちりやはりトレーニングとマッサージなどのケアをするべきです。

 

どうでしたか?

思い当たるふしはあったのではないでしょうか?

 

でも先程も言ったようにその中でも内ももは極めて使う事が少ない場所なのです。

 

これだけ足を使わない現代社会の環境でさらに使わなくなった内もも。それを

内ももが全然痩せない!

なんで内ももってたるんでるの?

 

そんな事を言われてもそんなのは当たり前なのですよ!!(ビシィ)

機能を失った内ももが勝手に痩せて細くなるなんてことは無いわけです!

 

今のままでは内ももは中々引き締まる事はありません。

このままでは一生その使わない内ももと付き合わないといけません。

 

だからこそ内ももがシェイプアップするためのトレーニングが必要となるわけですね!

 

次のページで具体的な内ももを効率的に痩せさせる方法へ

次のページへ >





スポンサーリンク

-ダイエット

Copyright© , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.