ためになる話

子供のお小遣いの平均や相場。あげ方次第で子育てが変わる!

更新日:

子供のお小遣いっていくら位がいいかしら?

小学校の時皆さんはお小遣いいくら位貰っていただろう?

そしてそのお小遣いをどう使っていただろうか?

 

大人になると数万円数十万円が使えるようになるが、

小さな頃は数百円とか千円だけで生きていたのが不思議なものである笑。

 

さて今回は子供のお小遣いについてだ。

お小遣いの平均相場、そしてそのお小遣いのあげ方で子育てが大きく変わる!

 

という話をしたい。

スポンサーリンク

お小遣いって平均相場はいくらくらいなの?

お小遣いの平均相場としては以下のグラフを参考にして欲しい。

いろいろなサイトや調査などからおおよその平均値を出してみた。

小学校低学年

100円~500円

小学校高学年

500円~1000円
中学校

1000円~3000円

高校

5000円~8000円

だいたいお小遣いをあげる時期というのは小学校に入ってからが一般的なようで、

そこから低学年、高学年、中学校、高校と成長するにつれて金額も上がっていく。

(1年~3年など学年によって上がっていく事も多い。1,000円2,000円3,000円など)

NTTコムリサーチによると平成元年ほどから高校生のお小遣いだけ年々上がっているデータがある。

小学生、中学生はあまり変わらないのに対して高校生だけ圧倒的に上昇しているようだ。

 

大学になるとお小遣いは10,000円などになるようだが、お小遣いが無くなってバイトで稼ぐ子も多くなる。

ちなみに本当は学校で禁止されてても高校からバイトをして稼いでいる子も結構いるようだ。

各家庭によってやはりお小遣いの金額は違う。

当たり前だがすべての家庭が裕福ではないし、すべての家庭が貧乏なわけでもない。

 

家によってはお小遣いをあげる余裕すらなく新聞配達をしている子もいるだろう。

逆にあまりにお金持ち過ぎて好きに使っていいとカードを渡される子もいるのだとか。

 

まぁ生まれた家によって差が出てくるのは仕方がないことだがその育ちで将来が大きく変わる。

スポンサーリンク

お小遣いのあげ方で子育てが大きく変わる。どんな大人になるのか。

さてこのお小遣い。大半の人は貰って育ってきたと思うが、

お小遣いのあげ方、どのようにして渡すか、子どもがどう使うか。

これが将来に結構影響するという話をしたい。

 

逆に言えばお小遣い制度を間違えると思わぬ方向に子供は考えてしまうので注意が必要だ。

お小遣いのオススメのあげ方とオススメしないあげ方。

1ヶ月定額制★★★★★

毎月○○円。と決めて子どもに渡す方法。

1000円なら1000円で毎月楽しみなさい。と言う方法だ。

 

これはバイトでも仕事でも将来そのようにお給料をもらうし、

子どもがいかにしてそのお金で1ヶ月過ごすのか、貯金するかなど考えられる方法。

一週間定額制★★★

定額制でたまに一週間ごととかにしてお小遣いをあげている人がいる。

これだと一週間で使い切っても来週また貰えるという早いスパンになるため、

自己管理能力が乏しくなる恐れがある。

 

決まった金額なので1ヶ月制と変わらなそうだが、親が管理するのとでは違う。

必要な時に渡す方法★★★

子どもが何か買いたい時に必要なぶんだけ渡す方法。

これでもいいが、子どもがお金を大事に使う事やありがたさを覚えない可能性がある。

 

もちろん家庭の経済状況にもよるが、

欲しいものは手に入るという育ち方をしてしまうかもしれない。

親の裁量が大切になる。

報酬性★

家事を手伝ったら200円。肩もみしたら100円。

と何か手伝ったらお小遣いを与えるというもの。

一見良いと思われるが、手伝いや人のためになることに見返りを求めるようになる。

 

友達関係でも「手伝うよ。200円で。」とか嫌だろう。

仕事で見合った報酬を受け取るのはいいが、なんでも見返りを求める育て方はオススメしない。

お小遣いをあげる上でやってはいけないこと

お小遣いを子どもにあげるようになったらまず絶対やってはいけない事がある。

それは駄々こねたり前借りしようとする子どもに与えてしまうことだ。

部活の道具など絶対必要なモノならお小遣いではなく親が買ってあげれば良い。だが

 

子どもが遊びとして楽しむものは前借りもダメ。

しょうがないなぁ。今回だけだぞ?と与えるのもダメ。

 

子どもにきっちりお金を使い果たすとどうなるか。お金がないと辛い。

ということを覚えさせなければならない。

自分で管理しないとすぐ無くなってしまうことも知らなければならない。

 

前借りするのは借金をすることと同じだ。

駄々こねるのは誰かからお金を貰うことと同じだ。

親子だから甘えてしまうものかもしれないが、親はお金より経験と学ぶ場を与えてあげるべきだろう。

子供のお小遣いまとめ

お小遣いは子供も遊びたいからご褒美的なイメージがあるが、

小学校から始まるお金のお勉強である。

 

お小遣いのあげ方次第で子供はお金の使い方が全く変わってくるし、

その子供時代のお金の使い方が大人になっても影響する。

 

このお小遣いの金額で悩んでいる方は一度あげかたも考えてみてはいかがだろうか。





スポンサーリンク

-ためになる話

Copyright© , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.