芸人

みやぞんの天才脳がガチで凄すぎる。番組の検証で才能が明らかに! 

投稿日:

好き嫌いが賛否両論の芸人『みやぞん』

今回はみやぞんの類まれなる才能について話していこうと思う。

 

世の中よく言う才能という言葉はいまいちピンと来ない人も

あーこういう人を天才っていうんだろうなぁと理解してもらえることだろう。

みやぞんという芸人が普通じゃないことがわかった。脳が人と違う。

みやぞんという芸人。

ANZEN漫才のメンバーの一人だ。

 

世界の果てまでイッテQ!などで活躍したことで世間の目に触れることになったのだが、

最初ただのキャラクターとか馬鹿系とかお笑い芸人としてのポジション確保かな?

なんて思っていた。

 

馬鹿だとか障害者とかキャラクター作りとか言われていて、

芸人もなんか生き残るために色々大変なんだろうなと感じていた。

 

だがどうやらみやぞんはちょっと普通の芸人とは違う。

いやそもそも人としてちょっと良い意味で違いすぎる事がわかったのだ。

みやぞんのプロフィール等

みやぞんという芸人の高校野球からボクシングに至るポテンシャル。

みやぞんのプロフィールはこちら

ちなみにこれはどうしてもいいたいが、本名が

宮園大耕(みやぞの だいこう)

すげぇかっこいい。

みやぞんはガチの天才脳。医者も太鼓判を押すものすごい才能。

6月27日に放送された「林先生の今でしょ講座 3時間スペシャル」での出来事。

みやぞんの脳を調べてみるという検証コーナーでものすごい事がわかった。

みやぞんの脳は常人離れした構造をしていたのだ。

 

ちょっと何かこの人やべぇんじゃねぇか?

 

なんて思っていたがまじでやばい才能を秘めているようだ。

それについて一つ一つ見ていこう。

みやぞんの天才脳1『空間認知能力』がエグい。

 

空間認知能力とはその名の通り空間を正確に捉える能力だ。

 

ゴルフなどで狙った場所にボールを飛ばしたり、野球などのバッターもそれ。

的確にモノの位置を把握出来る力。

 

みやぞんはその空間認知能力をつかさどる脳の部位が一般的な同世代の2倍あった。

倍て・・・

 

みやぞんが運動神経が良い理由の一つであり、的確に何かを避けたり体の反応が早いのも空間認知能力が高いからとも言える。

みやぞんの天才脳2『反射神経』がトップアスリートレベル。

前頭葉の一部が凄く発達していて、これもまた男性の2倍ほどある。

 

さっきから二倍ってやばすぎるだろ。

 

この反射速度の速さはウサイン・ボルトと同じレベルくらいあるらしい。

いやボルトて・・・・

 

何かを瞬間的に捉えて身体に反応させる力が相当高いので、キックボクシングとかでも相当強いパンチやキックが打てていた理由とも言える。

みやぞんが本気でスポーツをなにか一つやればプロになっていただろう。

 

脳の先生は野生レベルとも言っていた。

みやぞんの天才脳3『相対音感』が高すぎて聞いたメロディーを再現出来る。

みやぞんはギターやピアノを引けるのだが、特に音楽に詳しいわけではない。

「なんとなくです。このあたりの音かなーって感じで弾けちゃうんです。」

と言って本当に同じようなメロディをひいてしまう。

 

耳コピではないので全く同じように弾いているわけではなく同じように弾ける。

これこそ絶対音感とかよりずっと天才肌って感じがする。

ちなみにテレビで「絶対音感ですか?」と言われたみやぞんはこう応えた。

「世の中に絶対は無いと思いますぅ!!!」

いやアホか!馬鹿と天才は紙一重っていうけど紙一重で馬鹿なのか!!

スポンサーリンク

みやぞんの天才脳と言われるエピソード。

ここからみやぞんの凄すぎるエピソードを御覧ください。

みやぞんのパンチ力は268(一般男性平均150)

みやぞんはキックボクシングをやっていたのでパンチフォームが綺麗とか打ち方を知っているとはいえ、

それでも268は凄い。

見た目からしてそこまで格闘技やってましたというほどムキムキでもないのに、そのへんのムキムキな人よりパワーがある。

 

それも反射能力が高いことで脳から筋肉への伝達、そして筋肉を動かすスピードがはやいため

マックスの力を人より出しやすいところが理由なのではないだろうか。

野球で投球速度130km超えでしかも4番バッター。

実際スカウトが色んなところからあったほど凄い選手だったようだ。

プロ野球からみると130キロなんて遅いかもしれないが130キロ投げるってむちゃくちゃ凄い。

 

だがスカウトは全部断ったという。

おそらくみやぞんの事だからそこまで野球を真剣にやるつもりなかったのだろう。

それで4番で130キロ超えるんだから半端じゃない。

みやぞんの相対音感の凄さ。実は全部独学。

みやぞんは楽譜などがよめない。教科書通りの事が全くできない。

ただ耳だけでこのあたりをこのように弾けばこういう音が出るというのを全て把握している。

だから聞いた音を表現することに長けている。

 

これを天才と言わずに何という!!!!

 

本当に半端じゃない才能である。

最後の天才でも無いと思うけどすごい話。みやぞんはフライパンを脇で曲げられる。

パワー自慢のみやぞんはフライパンを脇に挟んで曲げることが出来る。

・・・・・・

 

多分天才脳とまるで関係ない話だけどフライパンを脇で曲げるのは凄い。

 

みやぞんの天才脳まとめ。

あえて言わなかった事があるのだが、

みやぞんは犬の背丈?四足の状態の背中の高さを一発で当てることが出来る。

空間認知能力が高いからこそ出来る技だと思うがあえていいたい。

 

なぜその能力犬の背丈に使った。

もっとあっただろ。

 

やっぱ馬鹿と天才は紙一重だ。

 

みやぞんという芸人の高校野球からボクシングに至るポテンシャル。





スポンサーリンク

-芸人

Copyright© , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.