マニフレックス

【解決】マニフレックスでシングルかセミダブルで迷ってるあなたへ!メリット徹底比較。

マニフレックスでマットレスを買おう!なんて思ってパッとサイトを見たり、いざ買おうとした時

男性A
あれ?俺はシングルとセミダブルどっちがいいんだ?

と立ち止まった事は無いですか?

 

金額面、部屋の広さ、今後シングルで良いのか。どうせ買うなら大きいのを買ったほうが良いの?

 

こうした悩みが頭の中に出てきたりするものです。

 

(おいこの話マニフレックスじゃなくても良いだろ。)

 

って話なんですが、どうせ高級マットレスを買うならサイズ感はしっかり納得した上で買いましょう!!!

 

ということでマニフレックスのマットレス買うならシングルとセミダブルどっちにしとく?

 

という部分をしっかり話していきましょう!!

 

マニフレックスマットレスのシングルとセミダブルの価格比較

シングルサイズ 100cm 長さ195cm

シングルサイズ【三つ折りマットレス】幅97cm 長さ198cm

セミダブルサイズ 120cm 長さ195cm

セミダブルサイズ【三つ折りマットレス】幅117cm 長さ198cm

マットレスシングル価格セミダブル価格
メッシュ・ウィング【三つ折り】31,350円(税抜)42,900円(税抜)
DDウィング【三つ折り】55,000円(税抜)66,000円(税抜)
レオナルド【三つ折り】46,250円(税抜)55,500円(税抜)
モデル24636,300円(税抜)48,400円(税抜)
エアメッシュ38,500円(税抜)50,600円(税抜)
フラッグFX88,000円(税抜)104,762円(税抜)
T-75143,000円(税抜)170,500円(税抜)
万平200,000円(税抜)250,000円(税抜)

 

比較表を見てみるとだいたいシングルとセミダブルで

安いランクだと1万円ほどの差

ミドルランクで2万円ほどの差

高級ランクで4万円ほどの差

という感じです。

 

そしてシングルとセミダブルの場合ベッドフレームも影響します。

シングル48,500円

セミダブル60,000円

 

お手持ちのベッドフレームがシングルだった場合、

マットレス、ベッドフレーム、掛け布団なども変える事があるので、シングルから変える場合は一式入れ替えという難易度がありますね。

 

マットレス難民だった僕が思うシングルとセミダブルのメリット・デメリット。

まー今回マニフレックスを主体としたテーマにしましたが、

先に話しておくと

 

『僕はシングルからセミダブルにサイズチェンジした人間です。』

 

それが正解というわけではなく、なぜサイズチェンジしたのかという部分も含めて参考にしてもらえばと思います。

 

シングルのメリット

コストパフォーマンスの良さ。

片付けやすさ。

干しやすさ。

部屋を広く取れる。

恋人と密着できる。

既存のもので全て代用できる。

 

恋人と密着できるという冗談はさておき、シングルベッドの良さは誰がなんと言おうと

 

コストパフォーマンスの良さです。

 

何をするにも寝る時の広さを犠牲にしたらそれ以外は全てシングルに軍配が上がります。

シーツも掛け布団も全てシングルなので全部が安く手に入れられます。

 

干すにも片付けるにも掃除にも、そして掛け布団やベッドフレームなどをそのまま使えるという部分が大きい。

マットレスだけ買い換えれば良いですからね。

 

シングルのデメリット

ベッドが狭い。

人によっては眠りが浅くなる。

寝返りをうてないときがある。

眠りが浅くなる人もいる。

睡眠の質に影響する。

 

恋人と密着できるというのは逆に言えばくっついてないとねれないほど二人で寝ると地獄のように狭いです。

寝返りなんてうてると思わないでください。

 

そういう意味でシングルマットレスのデメリットとは睡眠の質に影響します。

 

狭いベッドのほうが良いという人もいるとは思いますが、広いほうが身体にとってはありがたいわけですね。

生活的な機能面ではコンパクトが良いですが、睡眠という質の問題ではシングルはやはり低くなりがちなのです。

 

セミダブルのメリット

ベッドが広くなる。

開放感が出る。

リラックス効果が上がる。

無理な姿勢にならない。

睡眠の質に影響する。

 

まぁほぼシングルマットレスのデメリットを全て克服した状態ですね。

 

ベッドが20cm広くなるだけで本当にこんなに広いのかと思うほど開放的になります。

 

ベッドは壁際に置くと人は心理的に窮屈に感じて眠りが浅くなると言われてますが、

そのたかだか20cmがその窮屈をなくしてリラックス効果を高めてくれるわけですね。

 

セミダブルのデメリット

マットレスの値段が高くなる。

シーツなど全部の価格があがる。

部屋の場所を取る。

掃除、片付け、干すとき大変になる。

マットレス以外も買い換えないといけない。

 

ある話をさせてください。

 

友人の女性がダイエットで胸が小さくなるのが嫌だというので、

胸だけが女性の魅力じゃないでしょ?と僕が言うと、

 

だってブラジャー全部買い直さないといけないじゃん!!!

 

と言われて「なるほど!確かに!」って思ったのを思い出しました。

ブラジャーだけの色を変えるのは嫌ということで、上下セットの下着にしないといけなくなると…

しかも全部!!!!

 

一つ変わってしまうと全部変えないといけない。

これはマットレスのサイズチェンジでも同じことです。

 

最悪掛け布団や毛布は良しとしましょう。

しかしシーツやベッドフレームなどは全部変えないといけません。

 

マットレスだけ変えればとりあえずオッケー!ってならないところが最大のデメリットとも言えるわけです。

 

マニフレックスのシングルとセミダブルどっちが良いのかもっと具体的に!ダブルも添えて!!

まずあえてダブルから比較してみましょうか。

 

こんな風に考えた事は無いかもしれませんが、結構いざ考えてみると考えものです。

シングルの横幅は基本的な規格として100cmなわけです。

 

そして大人の肩幅の平均値はだいたい

肩幅平均値 男性46cm 女性41cm

となるわけです。

 

そうなると女性でもシングルでは30cmしか実は手を広げられません。

 

その点でいうとダブルは50cmなのでかなり広々とのんびり出来ますね。

そして好きなあの人と一緒に寝るのも…なんて事もダブルサイズなら全然余裕です!!

 

でも逆にシングルとダブルでは40cm×195cmもの差が出ます。

イメージで言うとアイロン台2台分くらいのスペースを取るのでかなり違うんですよね。

今の寝具がシングルなら試しにメジャーで図ったりアイロン台ふたつあると想像してみるといいでしょう。

 

はっきり言って結構でかい・・・

 

ただベッドの広さは抜群に広くなるのは間違いないでしょう。

同棲や二人で寝る事を視野に入れてるならダブル以上がオススメです!!

 

となると、シングルから広くしたい!一人で寝るけどね!!

というならセミダブルくらいが丁度いいでしょう。

 

シングルからセミダブルに変えるだけでも一人で寝るなら天と地くらい広さの実感が変わります。

寝ようと思えば二人でも寝れますし。

 

二人でシングルで寝て起きたらベッドから落とされてたなんてことは起きません。

マニフレックスでマットレス買おうかなーなんて思ってて、サイズに迷ってるならぜひ参考にしてみてくださいね。

 

僕がマニフレックスのマットレスを買う時シングルではなくセミダブルにした理由。

まずそもそも僕がマニフレックスという高級マットレスにした理由…

『それは睡眠の質を上げるためです。』

肩こりはひどかったし首コリも、仕事上PCを使うのでもう本当に体中ガタガタだったわけですから。

 

となると正直安さとか部屋を狭くしてしまうという理由は割とどうでもいいレベルで、

金額を気にするならマニフレックスじゃなくても良いわけです。

 

だから睡眠の質を上げるために広々と使えて狭さや窮屈さを感じないセミダブルにアップさせたのです。

 

よりベッドの質を上げたいのであればサイズアップはかなりいいと思いますよ。

 

マニフレックスでシングルかセミダブルで迷ってるあなたへ!まとめ。

さてあなたはどうでした?

あシングルだ!あ自分はセミダブルだ!となんとなく想像は出来たでしょうか?

 

金額を気にしていた人は

『あ!そうだマットレスだけじゃないほかもセミダブルにしないと駄目なんだ!ちょっと予算厳しいかも』

と思うかもしれません。

 

体調改善や睡眠改善しようとしていた人は

『一日の3分の1近くを睡眠に使うんだからベッドは大きくして身体を大事にしなきゃ』

と思ったかもしれません。

 

マニフレックスで買うならぜひ公式通販より自分の欲しいマットレスのサイズがあるかチェックしてみましょう。

【マニフレックスの正規通販】で見てみる。

 

あ!ちなみに自分の欲しいマットレスがわからない場合は

マニフレックスのおすすめマットレスの選び方【体重別】【体調別】

こちらを参考にしてみてくださいね。




スポンサーリンク



-マニフレックス
-

Copyright© boukenログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.