おもしろ記事

LINEで嫌われた?!実は間違ってるマナーと特徴5選!

更新日:

LINE交換までは仲良かったのにやりとりしてたら嫌われた?!

スマートフォンでLINEをしてたら嫌われる? 

LINEは今となってはスマホユーザーにとってシェアナンバーワンのメッセージアプリだ。

だからこそ友達、恋人、大好きなあの子とのやりとりもLINEを使うことが多いだろう。

チャットに近くレスポンスも早いため従来のメールより非常に使いやすい。

 

しかし今回の話はLINEは便利だよね?って話ではない。

 

LINEでのやり取りをしてたら返信が帰ってこなくなった。嫌われてしまった!!

という人が実は世の中に結構多いという話である。

 

LINEを交換してやり取りをする事に至ってる時点で最初は嫌われてなかったはず。

なのにLINEをするほどにだんだん嫌われていく。

きっとなにかLINEのやり取りに原因があるのだろう!

 

そこで今回はLINEで嫌われる行動やマナーなどの特徴を語っていこうと思う。

 

LINEは目に見えない相手だからこその世界観やマナーがある。

LINEマナー

文字、スタンプ、通話などによって相手とコミュニケーションをとるのがLINEだが、

基本的には相手は目の前にいないし表情も見えない。

 

「笑」と文字があっても苦笑いなのか本当に笑っているかもわからないし、

「イラッ!」という文字が怒ってるのか冗談なのかも文字だけではわからない。

これらを理解するためには文脈や相手の気持を考える必要がある。

 

だからこそ会って話す時とは違ったマナーや世界観が存在するのだ。

これらを踏まえた上でLINEで嫌われてしまった行動やマナー違反の特徴を知ってみよう。

LINEで実は間違ってるマナーと特徴5選!

嫌われた事に気づいてない人はこの間違いをおかしている可能性が高い。

誰でも知っている事から実はこれってマナー的にダメなの?!と思うところまで詳しく見ていこう。

LINEで嫌われる連続コメント!

よくあるのがLINEで相手の返信がなくても連続でコメントしてしまうパターンである。

メッセージアプリの本質はいつでも見れることであり、早いレスポンスは求めるものじゃない。

ゆっくり連絡をとれるからこそのLINEだ。

 

早く返事をせかすLINEは嫌われやすい。

勘違い男や勘違い女と言われる人はこの連続コメントをしやすい。

LINEですべてを短文で簡潔に伝えるのは時に冷酷。

簡潔にLINEで伝えるというのは別に悪いことではない。

だが感情も顔も見えないメッセージアプリを使っている場合ある程度感情表現は必要になる。

だからこうした短文で句読点だけだとコミュニケーションが成り立たない事があるのだ。

 

仕事などでしっかりしたメールならいいが、

LINEのラフなコミュニケーションで感情が見えない短文は間違った方法だろう。

 

嫌われたというより相手が嫌われてるんじゃないかと勘違いして距離を取り出す。

スポンサーリンク

LINEの名前が本名じゃない?!奇抜すぎて嫌われた。

LINEでのマナーとして意外としてしまうのは本名じゃない名前で登録してしまう事だ。

これは相手にとって誰かもわからないし、

さらに目上の人とのやり取りの時ふざけた名前では非常に印象が悪い。

 

メッセージアプリとしてラフなLINEだが、何でもかんでもラフにというのは要注意だ。

最低限のモラルなどは持っておかないとダメな時もある。

そして何より奇抜で本名じゃない名前つかうとこいつヤバいやつと思われて嫌われる。

長文すぎるLINEは嫌われる可能性がある。読み手の気持ちも考えよう

友達とのコミュニケーションとしてのLINEで別にマナーを徹底する必要はない。

だが相手のことを考えるというマナーは大切だ。

 

そうなると自分の言いたいことだけをズラーッと並べるだけでは相手を嫌な気持ちにさせる可能性がある。

連続コメントと同じように一方的に自分の事をいうのは会話でも好まれないが、

LINEでも嫌われる特徴と言っていいだろう。

 

と言うか本当に面倒くさい人間だと思われる。

メールだったりLINEだけキャラ違う?!やりすぎは嫌われるぞ。

まあ流石にここまで酷いって人はそうそう居ないと思うが、

たまにLINEでだけなんかキャラクターが違う人がいる。

 

コミュニケーションが苦手だったりLINEなどでは自分が出せるという人もいるのでしょうがない。

 

だがあまりに過剰なキャラ作りをすると普通に人にひかれる。

え?この人本当はこんな人なの?と思われたりする。

マナーではないが基本的に現実とあまりギャップは持たせないほうが得策だ。

LINEで嫌われるマナーまとめ。

LINEとは本来楽しいものであり、会えない人と気軽に取れるコミュニケーションツールだ。

より人と人を繋いだり親密にするツールでもある。

だが逆に言えばたった一言で傷つけたり相手に嫌われてしまうような事もある。

 

普通の会話でのマナーは人対人だからあるように、LINEの中でもあくまで人対人なのは変わらないのだ。

 

絶対挨拶をしなければいけないとか、絶対敬語じゃないといけないという堅苦しいものはない。

だが相手を不快にさせたり面倒くさく思わせるような行動は避けたほうが良い。

これが人と人をつなぐ最低限のマナーと言えるかもしれない。





スポンサーリンク

-おもしろ記事

Copyright© , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.