ためになる記事

部屋のほとんどの臭いを根こそぎ取るオゾン発生器!マジで凄いです。

はいどうもこんばんは!ケンです!今日は消臭脱臭について。

ケン
僕は部屋でカップラーメン食べてそのままにしたせいで服が全部ラーメン臭いみたいなことになって窓全開で換気とかあります。

すぐ片付けろよって話ですよね…

 

あなたは部屋とかリビングとか家の脱臭とかどうしてます?

ファ◯リーズですか?それとも換気ですか?空気清浄機ですか?

 

僕は全部やりました笑。おそらくあなたも…。

 

ただそれでも臭いが全く消えないと悩んだ事はないでしょうか?

こびりついた臭い、布に染み込んだ。壁紙に染み込んだみたいなものってすぐに消えたりしません。

 

ただ今回話す内容のオゾン発生器。

こういったものです。

 

僕は知らなかったんですが、使ってみると

今まで使ってた消臭剤とか空気清浄機って一体何だったんだ?

って思うほどとんでもないレベルです。

 

結構安いものから本格的な業者用までありますが、オゾン発生器って本当に根こそぎ部屋の臭いを排除できるので、

 

空気清浄機のフィルター交換や維持費から解放されます。

家の臭いすべてにおいて悩まなくなります。

臭いを隠すのではなく臭い物質を根本的に消し去ります。

ホテルや旅館の消臭、ハウスクリーニングの鉄板方法です。

消臭のコスパは最高レベルです。

安全に使用すれば化学物質や有害物質は一切残りません。

 

このあたり気になる方は続きを御覧ください。

僕がダスキンにハウスクリーニングを頼んだ時に知ったオゾン発生器。

『とにかく何でもいいから部屋を完全に消臭してくれ!』

 

家の中のすべての壁と床と天井を拭き掃除する。

服はすべて洗ってクローゼットに入れ直す。

ラグは買い直して臭いのは捨てる。

家具やテレビなども細かく全部拭く。

小物についた臭いも全部拭き取る。

空気清浄機を設置してさらに壁に換気扇を取り付ける。

これらを実践しても部屋の匂いが消えなかったので、ダスキンの定期交換に来たダスキンさんに直接話を聞いてもらって

数日後にダスキンの消臭クリーニングが始まりました。

 

ダスキンさんは部屋をキョロキョロして臭気チェッカー?ニオイのもとなどを色々調べた後、

ダスキンさんは説明をはじめました。

 

結構色んな所に臭いがついてますし、長年のこびりつきなどあるのでオゾン脱臭ってのをします。

オゾンで部屋中の臭いを根こそぎ消臭します。

 

臭いがついているソファや壁や服あらゆるものについてる臭いを分解しますので家具はそのままで。

 

ただオゾン発生器を使ってる間は危険ですのでしばらく1時間ほど外に出ていただきます。

 

確かにある程度の時間部屋に入らないように言われてたけどオゾンって危険なの?…

と不安なままオゾン脱臭が始まったわけですが…

 

「いやダスキンさんも外に出るんかーーーい!!!!!」

 

なんかオゾン発生器の使用中は人に良くないようで無人状態で行うようです。

オゾンを外に出さないために部屋の窓や扉は完全に締め切った状態で行われました。

で約30分後。

 

するとなんと言うことでしょう。劇的ビフォー○フターみたいな言い方でしたけど結構本当に冗談抜きで

 

部屋が本当に何の臭いもしなくなってました。

若干生臭い?雨の後の匂いみたいな。これがオゾンの匂いのようです。

オゾンの匂いは実際1日もしないうちに消えます。

 

猫のトイレとか無臭になります。

 

それでその後僕はオゾン発生器が気になって気になってダスキンさんが帰った後にオゾン発生機について調べたわけです。

オゾン発生機の仕組み。家の臭いを根こそぎ分解してすべて消し去る理由。

オゾン発生器について調べたらなんで臭いが根こそぎ消えるかはわかったので、

僕なりに簡単な説明をします。

オゾン発生器で完全脱臭。

酸素原子が2個ついたものが酸素でO2ですよね。これは皆さん知ってると思います。

そしてその酸素原子が3個ついたもの。これがオゾンO3になります。

 

このオゾンが臭いの雑菌や物質にくっついて、Oが分解!残りのO2が酸素として残り

残ったものは酸素だけなので安全にニオイ物質だけ分解できるという仕組みですね。

 

オゾン発生器ではこのO3(オゾン)を作り出すわけです。

 

じゃあこのオゾンは何でニオイ物質にくっついて分解するかというと、オゾンの分子は安定していません。

オゾンで部屋の匂いを完全に消す仕組み

そのためイラストのように3つめの酸素の原子が離れたがりなのです。すぐに離れようとします。

そしてこの3つ目の酸素の原子であるOがにおい物質にくっつくとどうなるか

 

この状態が「酸化」というわけです。

 

菌として臭いを放つ事がありません。有機物はこうして臭いを消し去ります。

オゾンはこの酸化力というのが超強力で脱臭、殺菌効果が半端じゃないわけです。

 

現に僕の部屋は消臭スプレーだろうが掃除だろうが何をしても消臭されなかったのに

ものの30分ほどで完全に無臭になっていましたからね。

オゾン発生機の危険性についても調べました。

そんな素晴らしいオゾン発生機ですが、ダスキンさんとの話でも言ったように無人状態で使用する。

つまり危険性もそれなりにあるため、オゾン発生器もしっかり使い方を知らなければなりません。

 

上のツイートのように家電製品として電気屋にそのへんに売ってないのは扱いを間違えては危険だからです。

 

あ、うちもオゾン発生器ほしいなぁって思ってるならぜひコチラも確認しておいて下さい。

 

使い方さえわかればとても安全に消臭スプレーより無害に部屋を無臭にできます。

 

では危険性について話すと、オゾンは普段僕らも空気中にあって吸ってるわけなんですけどね。

それは別に変わらないので気にする所じゃありません。

 

問題は濃度です。

 

これはオゾン濃度によって人に与える影響を表にしたもの。

出典:「オゾン処理調査報告書」日本水道協会

 

僕らが普段吸ってるオゾン濃度というのはだいたい0.005ppmです。

 

しかし表を見ればわかるように、ある濃度を超えるとオゾンは人間にすら害を及ぼすわけです。

もちろん一般向けのメーカーが出しているオゾン発生器は

室内環境基準(平均 0.05 ppm/最高 0.1 ppm )

これを厳守しなければならないので危険!って基準があるのでそれほど危ないわけではないですけどね。

 

でも喉や目に痛みが出たり咳が出たりは嫌ですから安全に使いたいものです。

 

間違ってもダスキンさんが使うような業務用の取り扱いが危険なオゾン発生器は買わないで下さいね。

って言っても数十万円とか100万円レベルなので買うことも無いと思いますが。

 

オゾン発生器を部屋で安全につかうには。

オゾンは不安定なのでしばらく放置すると窓などを開ければ勝手に酸素に戻るので、

使用後に換気したり使用後一時間とか部屋に入らなければ安全に使うことが出来ます。

 

このオゾンの特性を利用して、家庭用オゾン発生器は

  • タイマー式で自動で止まる。
  • 5分稼働して5分停止を繰り返す機能。
  • 微量の身体に害が出ないオゾンを出し続けるもの。

など様々なものがあります。

 

安全にオゾン発生器を使うには

会社など出かける前にオゾン発生器のタイマーを付けておく。

帰ってきた頃にはオゾンは消えて部屋も脱臭されている。

 

超微量のオゾンが発生する有人で使えるオゾン発生器を使う。

常に消臭効果があるが威力は弱く若干オゾン臭がする。

2階の部屋にオゾンを使っている間は一階にいる。

タイマーが切れてしばらくすれば2階に上がれる。

 

オゾン脱臭後は残っているのは酸素だけなのでペットも赤ちゃんも全然安全に部屋に入れますからね。

安全に使うと消臭成分をばらまいてる消臭剤よりずっと良いですよ。

部屋のほとんどの臭いを根こそぎ取るオゾン発生器まとめ。

今回はオゾン発生器のオススメはこれ!ってよりオゾン発生器すげーが伝えたかったので特に商品紹介があるわけではないです。

でもオゾン発生器ってちょっといいかもって思ってもらえたら幸いです。

 

あ、ちなみに僕が使ってるオゾン発生器はオースリークリア2 ってやつなんですが、

オゾン水ってものが作れてうがいで口臭などをなくしたり洗顔で美肌なんかの効果もあるようなのでそれにしました。

車内の消臭とか延長コード持っていって日曜日とか消臭すると新品の時みたいに臭い消えます。

 

部屋の消臭でもトイレでも何ならタバコ臭とかめちゃくちゃ嘘みたいに消えるのであなたも一度使ってみてはどうでしょうか。

結構マジでおすすめですから。

どれ買えばいっか不安な人には僕が調べてく中で買おうか悩んだものをリスト化してみたいと思うのでチェックしてみて下さいね。




スポンサーリンク



-ためになる記事

Copyright© boukenログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.