ためになる話

ひな祭りとは?由来やハマグリを食べる意味など簡単に説明します。 

投稿日:

ひな祭りとはどんな事をするの?行事内容

ひな祭りという日本行事の中ではだいぶ大きなイベント事。

ただ皆なんとなくは分かっていても言葉の意味やなぜそんなことをするの?

ってところまでは分からない人が多い。

 

そこでひな祭りについて子どもでもわかるような簡単な説明をしてみたいと思う。

ひな祭りについて

ちょっと堅苦しい内容だが少しだけ耐えて欲しい笑。

 

節分がおわると立春(2月4日)ぐらいから遅くても2月後半ぐらいにかけて雛人形の飾り付けが行われる。

雛人形を飾りると、3月3日の桃の節句にちらし寿司、ハマグリのお吸い物などを食べる節句祭り。

飾り付けには桜や桃の花などが飾られたり、雛あられ、菱餅などが供えられる。

女の子の健やかな成長を願うまたは祝う行事。

 

ふむふむ・・なるほど。

 

これをすごく簡単にしてしまえばようは

お人形さん飾ってちらし寿司やらハマグリのお吸い物など美味しいもの食べて楽しいもうねー。

あなたたち(子どもたち)が健康ですくすく育っていくためのイベントよー。

って事。

 

でもここで

ママーなんでお人形飾るのー?

なんでハマグリ食べるのー?

なんで桃の節句って言うのー?

と言われたら

 

俺ならこう言う。知らん!!!と。

 

そこでもともとの由来を見ていこう。

ひな祭りのもともとの意味、由来。

ひな祭りの歴史に関しては確定してるものではなく、説がいっぱいあってわからない。

平安時代の平安貴族の子女の雅びな「遊びごと」。

ようは今で言うお金持ちのとこのお嬢さんの一般市民には理解されない遊び。

 

ちなみにひな祭りの起源としては農業祭のようなものだったようで、

季節の節目などに災難などが起きないようにという一つの行事ごとだった。

驚くべきは

 

雛人形は飾らないで川に流していたらしい。(もったいな。)

 

まぁ今の時代に川に雛人形流したら不法投棄で怒られるんだけどね。

まぁそれはさておき先程の言ったひな祭りの行事の由来や意味を一つ一つ解説していこう。

なぜ雛人形を飾る必要があるのか?その由来は身代わり人形。

なんだかちょっと怖いが、基本的には雛人形を飾る理由は『身代わり』という意味がある。

 

雛人形が子ども達の身代わりとなって、事故とか病気とかとにかく悪いことが起きないように守ってくれると言うもの。

だから身代わりとなってくれる雛人形はおめかしして綺麗に飾ってあげるのだ。

 

ありがとう雛人形。子どもたちを守ってくれて。

なんでひな祭りの日を桃の節句って言うの??

ひな祭りの3月3日は、桃の花が咲く時期であるため。

そのため桃の節句と言われる。

 

だが桃の花が咲くのは4月くらいと言われている。

じゃあなぜ3月3日に言うかというと、

ひな祭りで言う3月3日は旧暦で新暦では4月ごろになる。

 

つまり大昔のカレンダーの3月3日は現代のカレンダーでは4月頃ですよーって事。

 

桃というと

こいつをイメージしがちだが、桃の花の事を意味する。

桃の花には魔除けなどの力があると昔は言われていたのも節目に縁起物として桃を使った理由の一つに違いない。

 

※ちなみに節句ってのは季節の変わり目、ふし目を意味する。

ひな祭りではちらし寿司を食べる由来?それは食材に意味がある。

ちらし寿司を食べるのはその使う具材が理由となる。

エビは細長く「長生き」を意味する。

レンコンは穴から見える事から「見通しがきく」事を意味する。

お豆は「まめな人」というマメに働く人などを意味する。

 

ちらし寿司食べるとマメでまわりに気配りが出来たり先を見通せて長生きする人になれるよー!

って事。

ひな祭りでハマグリのお吸い物を食べるのはなぜ??

なんでハマグリを食べるんだろう??

と誰もがなるところだが、ここは簡単に説明してみる。

 

ハマグリは二枚貝でアサリなどと同じなのだが、

他の貝類と違ってもともとの対のものじゃないと絶対噛み合わないらしい。

これが男女の絆の象徴となる。

 

つまり良い男性と巡り会えますように!という縁結び的な意味が込められているんだ。

 

なんでハマグリ食べるのー?と聞かれたら

将来あなたが素敵な人と結婚できるようによー。と言ってあげて欲しい。

ひな祭りで縁起の悪い行いの本当の理由。

雛人形を2月に飾り3月3日が過ぎたらすぐに片付けないと厄災に合う。

と言われる事がある。

 

雛人形は身代わり人形なので長いこと身近に置くのは良くない。

雛人形を出しっぱなしにしておくとご縁が遠のく。

などなども言われる。

 

しかしこれ本当の理由は結構現実的なものだ笑。

 

ひな祭りが終わる頃次に訪れるのは梅雨の時期のため、

そのまま出しっぱなしにすると湿気でカビが生えたり雛人形が劣化してしまうので

そうなる前にすぐに片付けてしまいましょう。

ということみたい!!

 

でも子どもたちには

お人形さんが身代わりになってくれるんだから片付けないと病気になっちゃうんだよー。

って伝えておいてもいいかもね。

雛人形を前日慌てて準備はゼッタイダメ!一夜飾りはタブーな理由!

ついつい忘れていたなどで雛人形を前日急いで準備して飾る人がいる。

だがそれはひな祭りとしては縁起が悪くタブーと言われている。

 

いや別に前日準備したっていいじゃん!!なんでタブーなの??

となるところだが、

 

この前日に急いで雛人形を飾ることを『一夜飾り』という。

この一夜飾りは一般的にお葬式で行われるものなので縁起が悪いとされる。

 

お箸同士で食べ物を渡すのはダメ!それはお骨を渡す時にやること!と同じような話。

 

あともう一つの理由として

身代わりとなってくれる雛人形をちゃんと準備して飾ってあげずに前日バタバタして飾るのは

雛人形さんに失礼ですよ!守ってくれるのだからもっと大切にしてあげて!

ということらしい。

 

こういった風習はただの風習としてだけではなく、子どもたちへの一つの教育として

あなたを守ってくれる雛人形を大事に綺麗に飾りましょうね。

という思いやりだったりを教える場としても大切にしていきたい。

 

こうしてひな祭りの由来を調べてみると

どれも辻褄の合う由来だったり、子どもたちへの思いやりや教育的な部分が含まれている。

 

本当の由来が梅雨前で湿気でカビてしまうだとしても心を豊かにさせるためにお人形を大切にしましょうと伝えるのも

ひな祭りの大切な部分ではないだろうか?





スポンサーリンク

-ためになる話

Copyright© , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.