ためになる話

歯磨き粉で黄ばみが悪化?!強い研磨剤入りは危ない理由。 

投稿日:

歯を白くしたい。

歯磨き粉を使って黄色くなってしまった歯を綺麗にしょう。

そんな歯を白くしたい思いで研磨剤入りの歯磨き粉を選んで買う人が多くいます。

 

しかしその研磨剤入りってだけで歯磨き粉を選ぶのは非常に危ないという話をしたいと思います。

研磨剤入り歯磨き粉の罠。本当にそれでいいのか。

よく研磨剤入りの歯磨き粉で表面の着色をゴシゴシ取ろうなんて人がいます。

たしかにエナメル質の表面にある着色汚れは取れるでしょう。

 

ただ次にコーヒーやカレーなど黄ばみの原因ともなるものを口に入れた時、着色の吸着力はさらに上がることになります。

 

言い方を変えましょう

 

強い研磨剤入りの歯磨き粉を使うことで余計に歯が黄色くなる可能性があるという話です。

 

しかし市販の歯磨き粉の殆どは絶対と言っていいほど研磨剤が入っているんですよ。

歯磨き粉にはだいたい研磨剤が入っている。

研磨剤って何かわかりますよね?

磨くのに使ったりボコボコのものを滑らかにしたり掃除に使うものです。

 

歯磨き粉の研磨の場合

『汚れ掃除+滑らか』

でしょうかね。

 

歯についた歯垢の凸凹をなめらかにして、歯の表面の黄ばみ落とし。

つまり汚れ掃除と言ったところでしょうか。

これがほとんどの歯磨き粉に研磨剤が入っている理由です。

 

歯磨き粉は正確には研磨剤ではなく「清掃剤」と成分表記されている事がおおいですが、

これらが歯の黄ばみを効率よく落としてくれているわけです。

研磨剤の成分種類

  • 水酸化アルミニウム
  • リン酸水素カルシウム
  • 炭酸カルシウム
  • 無水ケイ酸
  • 重質炭酸カルシウム
  • リン酸水素ナトリウムなど

これらの成分が歯を研磨してザラザラを取る効果があると言われています。

え?じゃあ歯磨き粉の研磨剤が入っているのは良い事じゃないの?

ここまで聞くと思うでしょう。

「じゃあ研磨剤っていいじゃん!歯石がとれて歯が綺麗になるんでしょ?」

 

はいその通り。

研磨剤が入ってる事自体はそこまで悪くはありません!!!

あくまで強い研磨は危ないですという話です!!

 

ではその明確な理由をお話していきましょう。

強い研磨は危ない!ホワイトニング歯磨き粉は控えたい理由とは。

突然ですがちょっとだけペンキの話をさせてください。

 

ペンキというのは塗る前に一回脱脂(油を取る)をしてから研磨をします。

なぜ研磨をするのか。

 

それはペンキの吸着力を上げて剥がれにくいようにするからです。

 

細かい傷の中にペンキの粒子が入っていってしっかり固着します。

ツルツルのガラスにペンキを塗るのと木に塗る違いだと思うとわかりやすいですかね?

ガラスはツルツルなのでペンキがペリペリ剥がれますが、木はそんな事はありません。

 

それくらい吸着力が変わります。

強い研磨剤入りが危ない理由1。歯は黄ばみやすくなる。

さて、ここまで言えばわかると思います。

 

歯は研磨されるほどより黄ばみが増すわけです。

 

コーヒー、カレー、色の強いジュース、醤油、ソース。色々ありますが、

これらが歯の表面について黄色くなっているからといって研磨をすればいい話ではないです。

 

研磨をしたところで表面上のものが削れてより黄色くなりやすい下地が出来ただけ。

それをまた研磨してもまた下地が作られるだけ。その繰り返しです。

強い研磨剤入りが危ない理由2。歯の病気になる可能性。

繰り返し歯の研磨をすることで何が起きるのか。

 

それは知覚過敏や歯周病などのリスクです。

 

また、虫歯菌が歯の内部に入りやすくなったり良い事はハッキリ言って何もありません。

皮膚でイメージするとよりわかりやすいでしょう。

 

垢すりでまず皮膚表面の古い角質や汚れをゴシゴシ落とすとしましょう。

素晴らしく垢がたくさん取れると思います。

おおーーー!!じゃあ毎日垢すりしたら肌はもっと綺麗になるじゃん!!!

 

はたしてそうでしょうか?皆さんおわかりですよね?

 

肌はボロボロになって擦り傷のようになりどんどん荒れていくでしょう。

強い研磨剤入りが危ない理由3。歯ブラシだけで研磨されている。

研磨ってのは簡単に言うと摩擦によって削れるということです。

だから研磨剤というのは削れやすいものってだけで何かと何かが擦り合わさればそれは研磨です。

 

つまりゴシゴシと歯を磨いている状態でも十分研磨していると言っても過言ではないんですね。

 

メガネはメガネクリーナーで拭け。ティッシュで拭くとレンズが傷つく。

なんて聞いたことないでしょうか?それと一緒で歯もこすった時点で研磨は始まっているわけです。

私達が削っているのはエナメル質という部分で、ここは唾液などで再生していくので軽い研磨ならすぐ戻ります。

 

しかし強い研磨剤+歯ブラシのゴシゴシ+より白くしようという意志

 

この3つが合わさることで猛烈な研磨力を発揮します。

黄ばみを取りたいという気持ちわからなくもないですが、ハッキリ言って歯にとっては超危険行為です。

 

もはや黄ばみ異常に歯がスーパーボロボロになっていくでしょう。

スポンサーリンク

歯の黄ばみはそうそう簡単に取れるものではない。

歯の黄ばみは表面のものから深くまで染み込んだものまであり、削ったからと言ってそうそう簡単に落ちるものではありません。

 

だからこそみんな頑張って

ホワイトニングだ!研磨だ!歯磨き粉をふんだんにつかえ!もっとゴシゴシしろ!!

と過剰にやりすぎてしまうような気がします。

 

しかしそれでも歯の黄ばみはそう簡単に落ちません。

というかそんな簡単に白くなるなら世の中みんな歯は真っ白ですよ。

そしてそんなゴリゴリ削れるなら歯はもう無くなってます。

 

というかそれなら芸能人が馬鹿みたいにホワイトニングって歯医者に行きません。

ゴシゴシで白い綺麗な歯が手に入るのにわざわざ数万円、数十万円払って白い歯にしません。

 

それくらい歯の黄ばみは落としにくいのです。

歯の黄ばみよりまずは歯を優しく磨く意識。

最初の方に研磨剤はほとんどの歯磨き粉に入っていると言いましたが、

研磨剤が入っていない歯磨き粉もあります。

 

誰のためか?それは知覚過敏の人向けです。

それくらい歯は繊細なわけです。

 

だから歯磨き粉を使って強くゴシゴシしなくても研磨成分が綺麗にしてくれるので優しく磨くだけで十分なんですよ。

歯磨き粉なしで磨くのも全然ありです。

 

白くツルツルにしたいからと言ってゴシゴシしたら見た目はツルツルでも細かい傷が出来るのなら、

優しく最低限の研磨で抑える事がエナメル質を守る方法とも言えるでしょう。

歯の黄ばみをダメージなく落とすならホワイトニングLED

歯は磨いているのに黄ばみが全然取れない。

かと言って歯科医院に行くのも面倒くさいし費用がかかる。

そんな人達のためのLEDホワイトニングです。

 

専用ジェルをつけてLEDの光を口の中にぶちこむだけ!

おっと失礼。

 

専用のジェルとLEDを10分ほど咥えるだけで簡単ホワイトニングが可能です。

 

歯の黄ばみにLEDライト?!?!

なんて思う人もいるかもしれませんが、実際歯科医院でもLEDによるホワイトニングは有名です。

 

詳しくはこちらの記事で書いているのでチェックしてみてください。

歯が黄色い人が白くするためのホワイトニングLEDで簡単自宅ケア!

研磨剤の強い歯磨き粉は危ないまとめ。

いかがでしたか。

研磨剤の強い歯磨き粉だけが悪いというわけではなく、研磨剤があるから綺麗にしようとゴシゴシすることが危険ということがわかったでしょうか。

これをきっかけに歯磨きの仕方やホワイトニング対策を考えてみてはどうでしょうか。





スポンサーリンク

-ためになる話

Copyright© , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.