YouTube

フィッシャーズのシルクがうざい!嫌い!言われる理由を分析。

フィッシャーズという人気ユーチューバーのシルクロードがうざい?

フィッシャーズ シルクロード 嫌い

前回たまたまちょっと人を笑わせる魅力的な人になるという話でツッコミに関して書いたのだが、

それに近い話をしたいと思う。その話題の中心はフィッシャーズのシルクロードについて。

 

シルクロードは人気YouTuberフィッシャーズのリーダーでもあり、人気者だ。

しかしその影ではきらい!うざい!というようなマイナスイメージの評価が多くでているのである。

 

【フィッシャーズ】

今ユーチューバーのなかではトップレベルの人気を誇るフィッシャーズというグループが居る。

シルクロード、ンダホ、マサイ、ペケたん、ダーマ、ザカオ、もときの7人組で、メンバーは全て同じ中学校の同級生。

 

アスレチックなど運動系を中心としたユーチューバーだ。

ユーチューバーランキングではトップ5には必ず入っていて収益もトップレベルである。

動画再生回数は30億回を超える。

 

これだけ有名で人気があるのでそれなりひアンチという否定派も出てくる。

好きなファンが何百万人いても同じようにきらい!うざいと思う人も何万人も出てくるだろう。

しかしその批判の数がちょっとあまりにも多すぎるのだ。

 

フィッシャーズ(Fischer's)

日本の7人組YouTuber

UUUM株式会社所属

リーダー シルクロード(通称:シルク)

1994年8月19日生まれ

身長163センチ

体重55キロ

特技 アスレチック、バスケ、格闘技などなど運動全般

もともとはシルクの部屋という名前だったらしいが、途中からフィッシャーズとして動画を投稿している。

フィッシャーズのシルクがうざい。嫌いという話が何故か多い。

フィッシャーズ シルク うざい 嫌い

大人気にもなるともちろんアンチと言われる否定派だったり悪口を言い出す人間が必ず生まれる。

その分崇拝するレベルで好きな人も現れる。

 

フィッシャーズのシルクロードという人物に関しても同じように崇拝する人もいるのだが、

うざいだの嫌いという話が他の人より多く出回っている。

 

だが俺もフィッシャーズのアスレチック動画などを見て面白いと思っているのだが、

とくにシルクロードが嫌とかうざいみたいなところは見当たらない。

ちなみに俺はそのフィッシャーズのファンと言われる『ウオタミ』という部類ではない。

 

そこで前回のツッコミを覚えて面白さがあり、そして魅力的な人になる10の方法。の続編的に話そうと思う。

なぜ嫌いとかうざいと思われてしまうのだろうか?

フィッシャーズのシルクの地獄のミサワ感がうざいと言われる理由っぽい。

いろいろな記事や掲示板をまとめると

フィッシャーズのシルクロードは自分は特別であるという感じを出しすぎらしい。

いやまぁ俺からすると

ユーチューバーとしてここまで有名なら十分特別でしょって感じなんだけど・・・

ただ一般視聴者はそうはいかない。

 

【シルクロードの言動】

  • 俺あんまり寝ないんだよねぇ。
  • 俺風呂で飯食うんだよねぇ。時間無駄にしたくないから。
  • 上から目線の感じ。
  • ヤンキーっぽい感じ。
  • 自慢話が多い。などなど

これらの言動などは崇拝していたり尊敬している人には素敵ー!!となるかもしれない。

だがいち視聴者なら引いてしまう事も出てくる。

 

このなんとも言えない特別アピール。

これは中二病の部類なのだろうか。

 

嫌いじゃないけど好きになれない。好感度の低い人はこんな人

人は基本的に

  • 自慢話をされると、嫌味に感じたり嫌悪感を抱く。
  • 特別感を出されても中二病みたいに感じたり嫌な気分になる。
  • 上から目線で話されると反発したり劣等感を抱く。

という感じになる。つまりまぁ性格が悪いとか言うことでもないのだが、ファンでない限り受け入れ難い性格なのかもしれない。

こうした別に嫌いとかじゃないんだけど何か引っかかる

とシルクロードに対して感じる人は多い。

 

それがただの視聴者ではなく『アンチフィッシャーズ』みたいな人たちは過剰なまでに

嫌いとかうざいというのだろう。

悪化しているとフィッシャーズファンのウオタミVSアンチの凄いコメント欄になったりする。

 

といってもまだ1994年8月19日生まれの23歳である。

そりゃ若いんだからイキってみたい時もあればまだまだ子どもな部分は多いのは当たり前。

可愛いじゃないか!!

 

でも問題はこうした話だけでは終わることは無かった。

流石にそれは言っちゃダメでしょ!というよな内容をシルクロードが話したためである。

 

次ページ『よりひと』が語ったシルクロードそれはさすがに引くわ!と思わせた問題の内容ヘ

スポンサーリンク

それでもなお最初に炎上?性格的な所が騒がれたのは『よりひと』というユーチューバーによるものだった。

このよりひとというユーチューバーが語りだした事が引き金になっている話もある。

下の動画が問題があったと言われるものらしい。

この動画は過去にメンバーがみんないじめられていて苦しかった。

でもなんとか友達同士支え合って今こうしてユーチューバーとして成功している。

あのころ俺たちをいじめたやつらざまーみろ!!!

 

という感じのちょっと良い青春のような話だ。

見る限りシルクロードはメンバー思いの良い人って感じだ。

 

ただ全体的に見ないでよく見ると

メンバーはいじめられてたけど俺だけは違った感

馬鹿にするシーン

俺は学校内で第三勢力

といった言葉が出ている。

 

その言動が

ファンだけど流石にシルクちょっと無いわぁ。

と言うような流れになっていた。

 

そこに皆が言いたいことを『よりひと』というユーチューバーが語る事になったようだ。

 

よりひとというユーチューバーはおそらくこうした『他人の愚痴』みたいなネタで視聴者を稼いでいるため、

あくまでネタなのだろう。

おそらく本人はそれほど気にしてない内容でも大げさに話したりする。

 

だがそのシルクロードのネタに関しては賛同する人があまりに多かったのだ。

 

よりひとのコメント欄は

 

うおたみのよりひと最低!嫌い!というコメントと

よりひとよく言った!その通り!というコメントで溢れかえった。

 

ただ流石にあまりに反響がありすぎたせいかよりひとは

『僕のコメント欄で何言ってもかまいませんが、フィッシャーズさんの動画の方にまで話を持ち込むのはやめてあげて下さい』

という事態をおさめようとする動きもあった。

 

もう一度言おう。

それほど皆が心の中でシルクロードに対して思っていた話ということである。

よりひともびっくりしただろうな。

シルクロードはあえてそのナルシストなキャラクターをつくっている?

シルクロード ナルシスト

ユーチューバーならコメントもチェックしているだろうし、よりひとの存在も絶対知っているはず。

だからシルクロード本人が周りからどういう評価を受けているかも知っているだろう。

 

もしかしたら俺中二病的な感じのキャラにしたら面白くね?

こういうことしたら皆どう思うのかな?

運動神経抜群キャラとしてちょっと練習しておこうかな。

 

など楽しんでいたり工夫していても不思議ではない。

芸能人ではないがメディアに顔を出すには何かしらキャラクター性が必要なこともあるので十分有り得る話だ。

 

逆に仕事としてお金をもらっているのだから、視聴率が下がるような状態を野放しにするとも思えない。

あえてそういうちょっとナルシストな感じを演じていても不思議じゃないのだ。

 

もしかしたら動画の外側でもはもすごく腰が低くてずっと敬語で優しい好青年かもしれないからね。

これだけ動画を投稿してスポーツも出来て見えない所で凄く忙しくしてるんだろう。

 

シルクロードくんはすごい子だよほんと。

まだトゲがある若者かもしれないけどまっすぐな子だよ。

シルクロードは動画とそれ以外ではやはり態度が違う?

フィッシャーズの動画に愚痴を言いながらものを破壊する動画が出てきた。

シルクロードの愚痴は

『シルクが独裁政権みたいになってて皆遠慮して何も言えないんだよ。』

という視聴者の意見に対して

『俺はそんな怖いやつじゃない』

という愚痴だ。(愚痴っていうか主張?)

 

これを見た時やはりシルクはコメント欄で自分がどう思われてどう言われているか知っている事になる。

人にどう思われてどう悪口を言われているかもしっている。

 

それでもいわゆるアンチというものの意見にあわせないのは自分が間違ってないと思っているだろうし、

何よりメンバーもシルクは皆が思ってる様なやつではなくいいヤツだと主張していた。

ちゃんと努力して頑張って芯を持って取り組んでいる男の子なんだろうと再確認させられる。

 

動画の中ではフィッシャーズのリーダーとして主張が強くなりがちにうつってしまうかもしれないが、

動画の外ではフィッシャーズはただの同級生の友達の集まりだからきっとすごく優しくていい子なんだろうね。

 

同じくフィッシャーズのメンバーでありサブリーダーであるマサイはどうだろう。

動画のコメントには必ずと言っていいほど「マサイイケメン」と書かれるくらいの存在。

 

フィッシャーズのマサイがイケメンすぎて・・・はコチラ




スポンサーリンク



-YouTube

Copyright© boukenログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.