ためになる話

足の爪が猛烈に臭い原因は溜まった垢のせい!すぐ出来る改善策2つ。

投稿日:

爪を切ったら手が猛烈に臭くなった話

これはある日の風呂上がりの話だ。

いつもどおり風呂上がりに爪を切ってふと何となく手の臭いを嗅いだ時、素直に思った事である。

「くせぇ!!!」

 

何だこの発酵したような臭いは!

1ヶ月放置した豆みたいな臭いがする。(豆放置したこと無いけど。)

 

自分の足が臭いと思ってなかったし、人からも言われたことが無かった。

だが圧倒的に爪を切った手が臭い。

 

そこで今回は足の爪の臭いを根本的になくす方法について話そうと思う。

足の爪に溜まった垢のカスがものすごい異臭を放つ。

最初はただ普通に足が臭いのかもしれないと自分で足の臭いを嗅いでみたのだが、何も特に臭わない。

もともと足は臭いタイプではないし、何より風呂上がりだったのでほぼ無臭だった。

だが爪を切った手が猛烈に臭かったので足の爪のところを嗅いでみたのだが…

 

え・・別に臭わない・・・なんでだ???試しに足の爪と指の隙間をほじってみる。

 

…くせぇえ!!!!

すんげぇくせぇ!!

 

なんかちょっとポロポロっとゴミみたいなの取れるしそいつがむっちゃクチャ臭い。

チーズ?とりあえず発酵系の臭い。これはやはりなんとかせねばならない。

なぜ爪の間の垢がものすごい臭いのか。なぜ垢がたまるのか。

 

なぜ足の爪の間に垢がたまりやすいか。それは

爪の間を普段洗わない。

靴下や靴の環境が悪い。

の2つである。

 

身体を洗うとか顔を洗うというのは皆普通に風呂でやっているとは思うが、足の爪の間まで念入りにしっかり洗ってるという人は意外と少なかったりする。

もちろん放っておけば皮脂がたまったりホコリ等のゴミが爪の中に入る。

 

また、靴下や靴の中のチリや細かいカスが爪の間にどんどん入っていく。

汗をかいた足は爪の間にも汗はもちろんあり、カスはそこに溜まって汗とともに固まる。

こうして皮脂とゴミがたくさん詰まった足の爪の垢カスが完成する。

 

へそのゴマみたいなもので、爪の間でゆっくり垢は熟成される。

(熟成って・・・)

なぜ爪の垢(カス)は発酵したように臭くなるのか。

身体の中でも足はかなり汗をかく所だ。

靴を履いて歩きまわったりすることで足だけサウナ状態だったりする。

そんないかにも菌に繁殖して下さい。という状況のなかで足の爪の垢は常在細菌の分解によって異臭を放ちだす。

 

本来この常在細菌は皮脂を餌に汗なども分解してくれるとても優秀な存在なのだが、

汚れが蓄積され過ぎると過剰に細菌も増えてしまって臭くなる。

この状態が続くとどうなるのか。

 

爪に垢が溜まる。

靴にニオイのもとである雑菌が湧く。

爪の垢の菌も増える。

その足で靴を履いてまた靴を臭くする。

この超がつくほどの悪循環が起きるというわけだ。

スポンサーリンク

足の爪が臭いと起きる悪影響。

爪の垢にばい菌が入り込むと爪が膿む事がある。

単純に足が臭くて嫌がられる。

自分の足が臭くてナーバスになる。

靴自体が臭くなって履けば臭い足になる。

爪の垢を必死に取ろうとしすぎて血が出る。

爪の間が臭い事を何度も確信したくなって足をこねて臭いを嗅ぐ癖がついて彼女に見られてちょっと引かれる。

 

特に最後は自分が経験したことだが、分かる人にはわかる。

自分の臭いところの臭いってなぜか嗅ぎたくなってしまうということを。

 

さてじゃあ具体的な改善策についてみてみよう。

爪の臭い改善。カスの取り方や垢が溜まりにくい方法

ここで根本的な改善策を話していこうと思う。

簡単に言えばふたつ。

爪に垢を溜めないように洗う事。

爪に垢が溜まりにくい状態にする事。

この2つを徹底すれば爪の垢は改善されて臭いは消える。

 

実際俺はこれで足の臭いは本当にクリア!すっきりとなっている。

爪垢を爪ブラシでしっかり取り除こう。

まず大前提として、足の爪をしっかり洗ってなかったということであれば、洗って欲しい。

お風呂に入った時意識して爪の間の垢のカスを取り除いてほしいのだ。

しかし爪楊枝でこじ開けたり無理やり取ろうとすると俺のように怪我したり炎症を起こすのでやめて欲しい。

 

そこで一つだけ!一つだけ用意して欲しいというか買って欲しいものがある。

それがこれだ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

爪ブラシ
価格:108円(税込、送料別) (2018/5/20時点)

爪ブラシだ。108円てやっすい!!!

爪ブラシなんてものあったの?と思うだろう。実際自分も知らなかった。

この爪ブラシをお風呂に一つ置いておき、ブラシで爪の間をシャカシャカ歯磨きのように垢取りをして欲しい。

 

じゃあこれ歯ブラシでも良いんじゃないの?

となりそうだが、やってるうちに気づく。

一本一本の指を掃除しなければいけない。毛が柔らかすぎ。というイライラに。

 

爪ブラシなら5本一気に洗えるし洗ってる時ストレスも感じない。

だから爪ブラシをオススメしたい。

100均で探しても無かったが、お近くの所に無いならこうした安いので十分だろう。

爪切りの仕方一つで爪垢の臭いは改善される。

具体的な改善策2は爪の切り方についてだ。

 

爪の垢が溜まりやすい足の爪の形の人は

深爪気味に切ってしまう。

丸く切ってしまう。

巻き爪の部分をこじ開けて切ろうとする。

こんな感じの人が多い。

じゃあどうやって爪を切ればいいのか。となると具体的な方法はこうだ。

爪を四角くなるようにカットすることが好ましく、丸く切ろうとしてはいけない。

この丸みが後に余計に巻爪を進行させたりする。

 

巻爪のくぼみには沢山の隙間が出来るので、ここに垢やゴミはたくさん溜まるシステムが完成する。

爪をまずは平行に切ることを意識して、ゴミがたまらない健全な爪を手に入れる必要があるのだ。

足の爪が臭い!まとめ

単純に足が臭いと言う人に対しては…そんなのは知らん!違う記事でまた書く!!

となってしまうが、足が臭くないのに爪の間だけ妙に臭うという人はやってみてほしい。

 

特別な石鹸や薬用のものを使うわけでもなく、必要なのは100円の爪ブラシ程度。

あとは家にある普通の石鹸などでいつもどおり足を洗えばいいだけである。

是非一度お試しあれ。





スポンサーリンク

-ためになる話

Copyright© , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.