スポーツ ためになる話

ウォーキングによる脚やせ効果が出る期間は1日で実感できる。

投稿日:


ウォーキングで足痩せをしてみないかい?

ダイエットの大様と言ってもいいだろう。ウォーキング

ウォーキングはダイエットにかかわらず健康面や冷え性改善、美肌効果、安眠効果などなど様々な効果をもたらす。

歩くことで若返ることだってあるし、理想的なスタイルになることだって出来る。

そしてそれは健康面だけでなく、精神面すら明るく前向きにさせてくれる。

近年ではフィットネスとしてだけではなくうつ病改善や歩行禅などのストレス対策としてもお勧めされている。

さぁウォーキングをしよう。

ウォーキングって言ってもただ歩くだけじゃ足痩せはしない。

ただ普通に歩いてるだけじゃ足痩せなんてしない。

そもそも人の足は歩くためにあるのであって、歩いただけで痩せられるのなら太ってる人は膝を壊したりしない。

だからちゃんとした歩き方でなければ意味がない。

 

みんな当たり前にやっているが歩くことは実はめちゃくちゃ難しいということを知ってほしい。

歩く、走るというのは人間の最高レベルの技術なのだ。

野球の投球フォーム。サッカーのシュートフォーム。スケートの滑り方。

全部間違えれば肘や膝を痛めてしまったりするように正しい方法があることを知ってほしい。

スポンサーリンク

足痩せ効果は正しいウォーキングなら一日で実感!

バレエやボールルーム(社交ダンス)などは正しい姿勢でいるだけで汗ダクダクで身体が支えられない。

正しく歩こうとするのも同じ。これほど効果的な全身運動はない。

おそらく10分もしないうちにどっと疲れてしまうだろう。

 

足が筋肉痛になったり、腰がつりそうになったり、胸や背中がダルくなったり。

今までなんとなく足を前に出して歩いていたウォーキングから、一歩一歩踏みしめて蹴って歩くのだ。

 

効果が出ると言っても途端に細くなるとかではないが、

これは絶対痩せるに違いない・・・

という確信は一日で持つことが出来るだろう。

正しいウォーキング方法に近づくためのコツ5つ。

正しいウォーキングを完璧にするには姿勢やバランスや手の出し方などなど凄く細かい事になってしまう。

正直そんな事は出来ない。

モデルがウォーキング指導をプロに受けているのに等しいことをしなければならないからだ。

だから正しいウォーキングにできるだけ近づけるためのコツをいくつか紹介しようと思う。

①正しいウォーキングは足の指を使え。

太っている人や足が太い人は足の指が地面にくっついてない人が多い。

歩く時かかとだけで歩いてしまっている。もしくはつま先を使っていない。

という状態だったりする。

歩く時に足の指を使って踏みしめる事。蹴ること。これは絶対条件である。

②正しいウォーキング。姿勢の補正。

前傾姿勢。猫背。反り返った姿勢。などで歩いても骨やおかしなところに負担がかかるだけでなく、運動効率もかなり落ちる。

正しい姿勢で歩くことが必要だ。

と言っても正しい姿勢ってどういう状態?って分からないと思うので簡単な補正。

  1. このようにおへその上下10センチくらいに手を置く。
  2. 左手が上、右手が下みたいな感じで。
  3. この時下の手が見えてはダメ。下の手と上の手がちょうど被ってる状態がまっすぐな状態。

その状態をつくってから歩いてみよう。

③オシャレスニーカーやヒールはNG。ランニングシューズを履くこと。

かかとから踏み込んでつま先で蹴る。

ランニングシューズはこの動きをスムーズに適切に行うために作られている。

ウォーキングの時それっぽい靴や、ソールがベタ足のスニーカー、ましてやヒールなどで歩いた所でいい結果はでない。

簡単にいえばちゃんと運動靴を履くこと。

運動靴だと効果的というより、運動靴じゃないと効果が激減する。

④一本の線の上を歩くように歩け。

これはよく言われているが、理由まで知っている人はいるだろうか?

一本の線の上を歩くというのは、平均台を歩いているということに等しい。

そして平均台を歩くということは左右のバランスが良いということ。

フラフラ歩かずまっすぐ歩くことを心がけよう。

⑤歩幅を意識。小股でちょこちょこはダメ!

小股でちょこちょこ歩くだけではしっかり足の筋肉を使えない。

かと言ってめっちゃ大股で歩くと負担も大きい。

いつもよりちょっとだけ大股で歩くスピードがちょっと早いなあ。位を意識してやってみよう。

 

歩幅が狭いと姿勢というのはどんどん悪くなり、歩幅が広いといい姿勢になる。

ただ二度言うが大股すぎるのは足にも負担がかかるし変な姿勢になるのであくまでちょっと大股。

ウォーキングの効果が出るまでの期間。

正直ただウォーキングするだけでは痩せるのははるか先の話になるだろう。

わかりやすい計算をする。

体重50kgとして30分歩くと約100kcal程度の消費。

100kcal消費で落ちる脂肪はだいたい15g

つまりウォーキングだけで1kg痩せるために約2ヶ月

ウォーキングしているだけでは1kg痩せるための効果を実感できるのは2ヶ月となる。

や・・・やばい・・・時間かかりすぎる・・・

だから効果的に効率よく正しいウォーキングをする必要があるのだ。

正しいウォーキングにすることで効果期間を大幅に短く出来る。

  • 大股で歩くことで消費カロリーアップ。
  • 大股で歩く事で筋肉量が増えて燃焼効果アップ。
  • 姿勢を良くすることで代謝アップ。
  • 姿勢を良くすることで整腸効果。
  • 足の指を使うと冷え性やむくみ改善。
  • 足の指を使うと自律神経が整う。
  • 普段使わない筋肉を使うことでバランスが整う。

これらの効果によってウォーキングで1kg減らすのに2ヶ月かかっていた所を、一ヶ月で3kgとか5kg減らせる可能性がある。

ここは努力次第だったり歩く時間やその人の運動量によるが、間違いなく数倍効果が変わるだろう。

 

【関連記事】

内ももというのは生活の中では普段絶対使わない筋肉を使っているためたるんでしまう。

内ももを意識して使うことで美しい内ももをつくってみよう。

>>内もも痩せが出来ない理由はコレだった!!!<<

内ももが痩せないって?当然だ!内側のダイエットトレーニング! 

スポンサーリンク

-スポーツ, ためになる話

Copyright© おもしろ冒険家 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.