おもしろ記事

ファブリーズやリセッシュの危険性や毒性。体調不良についてをわかりやすく!

投稿日:


ファブリーズやリセッシュに助けられてきたけど実はすごく危険性が高い?

我々の味方ファブリーズ。

タバコの匂い、油の匂い、汗の匂い、花粉やカビにも!

どれだけの人が部屋の匂いをファブリーズで解決して来たことだろうか。

 

最近では車用、置型用、詰め替え用、ペット用などなど用途に合わせたものが出ている。

俺の部活時代、一体どれほどこの足の臭さを消してくれていたのだろうか。

 

デートの時に女子が香水をつける中、身体にファブリーズをふりかけた事がある奴もいるはずだ。

 

そんなファブリーズにある噂がある。

それは

 

ファブリーズが実は人体にすごく危険なもの!毒性がある!

 

という話だ。

いやいやだったら俺はとっくにファブリーズ毒に侵されている。

とっくに俺はファブリーズで体調不良を起こしているぜ?

 

となるのだが。

 

ちなみにファブリーズは

プロクター・アンド・ギャンブル (P&G) が世界各国で発売している消臭剤のブランド名。

なのだが、

 

P&Gがプロクター・アンド・ギャンブルって名前なのを初めて知った。

ファブリーズに問わず殺菌成分は人体にも毒性があるのは間違いないのだが

殺菌ということは少なからず菌にとっては毒性の高いものと言うことになる。

消臭でもそうだし、殺虫スプレーなども同じ。

 

虫や菌が近づかない。匂いが消えるというのは生物にとって有害。

しかし人間には微量な毒なため特に異常がないので問題ない。

 

という本当に絶妙なバランスで使用される。

子どもの手の届かないところに置く、目に入った場合洗う。

など表記されている事が多いのはそういう理由だ。

 

当たり前だがファブリーズやリセッシュなど全くの無害ではないし毒性はある。

ごくごくファブリーズ飲んだら体調不良を起こす決まっている。

 

問題は普通にカーテンに吹き付けたり洋服に使用しても危険性が高いかどうなのか?

 

という所なのだ。

 

ファブリーズは除菌成分は

特定の殺菌成分の総称としてQuat(クウォット)となっている。

化粧品や薬用石鹸などに使用されているため安全性が高いとされているが、

具体的成分は分からない。

 

というか企業秘密らしい。(まぁそりゃそうか。)

 

ファブリーズ自体は赤ちゃんの衣類に使っても問題ない。

妊婦の使用も安全性上問題ない。

 

とされているが果たしてどうなのだろう。

スポンサーリンク

ファブリーズやリセッシュなどの消臭剤のマウス実験

Quatは4級アンモニウム化合物と言われている。

このQuatは安全性が高いとかずっと言われていたにも関わらず、

現在では除菌成分「Quat」の安全性は専門機関で疑問視されているらしい。

 

いや今更疑問視かよ。安全って言ったあとのやっぱ危険かも?みたいな流れやめろよ。

 

そこで東京都健康安全研究センターでマウスによる実験が行われたのだ。

 

そもそもなんでこんな危険性がどうのこうの、毒性がどうの。

なんて話になったのは

厚生労働省は毒物や劇物の使用基準の規制をしている。

ファブリーズも規制対象だし、殺虫剤だって洗剤だって規制対象だ。

まぁようは用法用量を守って正しくお使い下さい。って事。

 

でも一般の使用者が果たしてちゃんと皆正しく使っているのか?

使用方法を間違えたらどんな害があるのか?

という所を明確にしようという事らしい。

 

まぁようは

消臭じゃぁ!!って部屋中にファブリーズガンガン吹き過ぎても大丈夫なの?

って話である。

 

4級アンモニウム化合物のマウス実験結果

 

ファブリーズでも使われているであろう、4級アンモニウム化合物のマウス実験

詳しい内容は下記を。

東京都健康安全研究センターでの論文

 

すごく難しいので簡潔に話すと、

実験したのは赤ちゃんマウスと大人マウス。

それぞれ体重に合わせて4級アンモニウム化合物を飲ませる。

 

すると赤ちゃんマウスは死亡率があがった。

生き残った赤ちゃんマウスは肝臓重量の低下、乳酸量の低下、血糖上昇、肝機能障害が見られた。

大人マウスは尿酸値の低下、血糖値の上昇が見られた。

ふむなるほど。

 

そして結論としては有害である。というか健康被害が起きる可能性がある。

という話なのだが・・・・

 

その体調不良やアレルギー反応は実際のところファブリーズに限った話ではない。

実験結果を見て納得いかない点が2つある。

1.直接飲ませているという点

2.そもそもマウスだという点

これらが問題である。

 

最初のほうに言ったが、消臭剤だろうが石鹸でも洗剤でも言える。

飲ますなよ。飲んだらそりゃ体調不良になるでしょうが。

せめてミストにして吹きかけろよ。

っていう話。

 

そしてあくまで実験結果はマウスだという点。

上文でも言ったように、除菌殺菌などは虫や菌には効果があるが人間にはそれほど影響はない。

という毒性のものを使用する。

 

だから赤ちゃんより小さいマウスにはそりゃ影響力はあるだろう!

って話なのだ。

 

ましてや飲むわけでもないし、経口摂取する可能性があってもミストであり極めて少量。

ちょっとファブリーズやらリセッシュは危険だと過敏になりすぎでは?とも思う。

 

ただまぁ俺なりの結論としてはやはりマウスで体調不良が起きたのは事実。

ファブリーズの使用方法として

  • ペットなどがいる時に直接吹き付けない。
  • 赤ちゃんや妊婦にも直接吹き付けない。
  • カーテンやラグなど吹き付ける際は換気をする。
  • ミストの空気をできるだけ吸わない。

など気をつければとりあえず大丈夫なのではないだろうか?

 

ファブリーズの代わりになるもの。危険性も毒性も極めて少ないもの。

それでもファブリーズの危険性を感じる人。体調不良を心配する人。

そんな人は単純にファブリーズもリセッシュも使わなければいいって話になる笑。

 

ファブリーズで消臭したいけどリスクあるなぁ・・・

なんて毒性と危険性を考えながらスプレー吹いてるほうがよっぽど身体に悪い。

 

ちなみにうちでは臭いのもととなる湿度やら消臭効果のある備長炭のシートを使っている。

だって・・・・

備長炭以上の無香料無いんだもの・・・

スポンサーリンク

-おもしろ記事

Copyright© おもしろ冒険家 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.