TV スポーツ

福田朋夏が情熱大陸登場!フリーダイビングの人魚のトレーニング!

投稿日:

スポンサーリンク

情熱大陸が美人フリーダイバー福田朋夏を追う!!フリーダイビングとは?!

フリーダイビング

「コンスタント・ウエイト・ウイズ・フィン」

という言葉を聞いたことがあるだろうか?

ダイビングをあまり知らない人は聞いたことが無いかもしれないがどんな競技かを聞けば知っている人も多いかもしれない。

フィンという足ひれをつけて酸素ボンベもつけずにただ肺にためた空気だけでひたすらどれだけ潜れるかを競う競技だ。

もう誰が聞いても明らかだが、かなり危ない競技である。

 

息の限界、酸素の限界、肺の限界。ダイバーの戦いの場所は水の中だ。ミスしたら簡単に命を持っていかれる。

そして決して肉体や肺などの内蔵だけではなく圧倒的な精神力がいる。

 

皆さんはちょっと頭で何かを考えただけでも酸素を身体が使うことを知っているだろうか?

つまり焦ったり不安になったり、急いだりチョットでも気持ちが荒ぶればたちまち酸素量は足りなくなって溺れてしまう。

だが潜水は単純な話潜った分だけ地上まで戻ってこないといけないため、潜れば潜るほど不安は当たり前に増幅してくる

そんな極限状態でも安定した精神力が必要になるのだ。

 

もうはっきりいって命を削るような競技である。

 

とても誰もがやれる競技ではない。

フリーダイビングという極限の競技の世界で戦い続ける一人の天才ダイバー福田朋夏!!

福田

何が天才ダイバーかって、その極限のフリーダイビングの世界で、始めてわずか3年で世界記録に挑もうというのだ。

フリーダイビング始めて3年だけ?!

こんな綺麗なモデルさんのような女性がフリーダイバーとして世界と渡り合ってるんだからびっくりする!!

 

もとも福田朋夏は北海道生まれだったのだが、海が大好きで沖縄に移住した。

そしてわずか3年しかやっていないフリーダイビングなので2011年から始めることとなるのだが、やはり納得出来ないレベルですごい。

普通メンタル的にも肉体的にも競技者としてフリーダイバーをするには生半可なトレーニングでは出来ないし、10年以上鍛えあげないといけない。

そんな激しい世界でわずか3年だ。

そして3年たったから競技者になった今ではない。もうフリーダイビングを始めた頃からずば抜けた才能を発揮して、約2年でなんと

 

フランス・ニースの世界大会で金メダルを獲得している

え・・・?

10年以上かかって身体をつくり上げるフリーダイビングの世界で2年で金メダル?・・・

うそやろ・・・凄すぎる・・・

 

そして今や世界ランクで5位の位置にきている。

もはや才能と努力だけでは語れないほどのミラクルすぎてなんとも言えない。

福田朋夏は人魚といっても過言ではない。

情熱大陸で語る福田朋夏のフリーダイビングの目標とトレーニング方法

今福田朋夏が一つ目標としていることがある、それは女子の世界記録101mの記録を自分が更新することだ。

世界記録更新?!

だがこの映像を見ると出来そうな気がしてくる・・。

もう本当に人魚だ。念の為に言うが酸素ボンベはつけていない。

もう一度言おう・・・

酸素ボンベはつけていないのだ!!

酸素ボンベもなくこんな優雅に優美に海の中を泳げるものなのか?・・肺活量とか呼吸とかどうなってるんだろう?不思議でしょうが無い。

 

福田朋夏はなんと一日のほとんど海の中で過ごしているらしく、

もう陸上にいる時間のほうが短いんじゃないの?

って突っ込みたくなる。

実際陸上の時間のほうが少ないだろうが、陸上ではヨガなどの腹式呼吸や、腹式呼吸でアプローチする丹田という場所のコントロールなどにつとめる。

水中の生活の方が多く、陸上ではトレーニング。

もちろんオフの日もあるだろうが、ほんとうにまるごと人魚みたいな生活だ。(人魚の生活知らないけど・・・)

 

本当に福田朋夏は努力と才能をどちらも兼ね備えた天才である。

綺麗な容姿。素晴らしい鍛えあげられた身体。生活。どれをとっても人魚の名にふわさしい人である。

 

スポンサーリンク

-TV, スポーツ

Copyright© おもしろ冒険家 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.