TV スポーツ

佐藤琢磨アナザースカイ出演!アメリカでのインディカーレースとは

投稿日:


佐藤琢磨がアナザースカイに登場!F1から転身したインディカーレースについて語る!!

佐藤琢磨

佐藤琢磨と言えば2002年から2008年までF1で活躍した日本を代表するトップF1レーサーだ。

F1と言えばプレイヤーだけではなくチーム全体での資金力なども必要なためか、規模が違う海外勢に日本は圧倒的に負けていた。だが佐藤琢磨はそんな中でも2004年には、スペインGP、アメリカGP、ハンガリーGPなどの大会予選3位という日本人ではかつてなかった記録を出している。

またイギリスからモナコへの移住などもあり、誰がなんと言おうと世界で活躍するレーサーである。

 

しかしなぜF1の世界から転身することになったのだろうか。

 

もともと佐藤琢磨は2006年にスーパーアグリF1チームとして参戦している。しかし思ったような結果が出ることもなく2008年に資金難となり参戦すら出来ない状況になっていたのだ。

その後もF1レーサーとしての時期を伺うがなかなかチャンスを物にできず、インディカーの世界へと転身することになった。

佐藤琢磨が転身したインディカー・シリーズってどんな世界なの?

インディカー・シリーズ

F1が無理だからインディカー・シリーズへと転身したとなると、なんか小さなレースの世界だと思われてしまうかもしれないがそうではない。

インディカー・シリーズというのはIndyCarが主催するモータースポーツである。IndyCar自体はアメリカのオープンホイール・レースの統括組織の事でかなり大規模である。

もうかなり大規模っていうか・・なんだろう??携帯で言えばアップル??

みたいなレベルである。

そのIndyCarが主催するフォーミュラカーレースは北米では最高峰なのだ。

 

じゃあインディカーレースってどんなレースなの?

 

というのは至って単純。陸上競技で言う所のトラックをひたすら回るレースだ。楕円形の一定のコースをひたすら回るために見た感じは実にシンプルである。

しかし!!

シンプルがゆえに、そのスピードはF1の上を行き、時速300キロは余裕で超える。

そして日本ではF1の方がメジャーだが、

アメリカではインディカーレースのほうがF1よりも人気があるの。

佐藤琢磨はその一定のコースで300キロを超えるスピード争いをするというインディカー・シリーズの世界に、身を投じたのだ。

尊敬の意味で馬鹿げた肝っ玉がないと絶対に無理である。

佐藤琢磨がアナザースカイで語るアメリカはロングビーチでの思い出

俺は佐藤琢磨がインディカー・シリーズに転身した時からずっと気になっていた。すごく楽しみだ。

なんせあまりに日本ではチョコン??

としか放送されないでいたことが余り納得できていないのである。

なんせロングビーチ・トヨタGPインディカー・レースで佐藤琢磨は初優勝を果たしている。

佐藤琢磨 優勝

まず未だかつてインディカーシリーズで日本人が優勝したことはなく、佐藤琢磨が日本人初めての快挙を成し遂げていたというのに、あっさりした放送だったためにすごいその時のことが気になっていたのだ。

初快挙などを成せば、テレビに出たりその時の事が特集される事が多かったため結構俺の中では今回のアナザースカイで期待しているのである。

時速300キロの世界でのカーレーサーの動体視力や技術などが語られる。

当時の佐藤琢磨の思い出なども知ることができる。

まさに注目の特集だ。

スポンサーリンク

-TV, スポーツ

Copyright© おもしろ冒険家 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.