TV 未分類

エレンは誰?松坂桃李も候補に!剛力彩芽がミカサ・アッカーマン?

更新日:

スポンサーリンク

進撃の巨人がついに実写映画化になりキャストの予想が!エレン・イエーガーに松坂桃李や佐藤健だと?!

進撃の巨人

進撃の巨人の実写映画化は一度話題になったがそれは白紙になっていた。

「進撃の巨人」とは今や人気漫画であり巨人と人間との壮絶なバトルと人間模様を描いた物語だが、今回本気で実写映画化をするようだ。

2014年初夏のクランクイン、2015年の公開を目指すという。

今回起用され、メガホンを握る事になったのは樋口真嗣監督なのだが、樋口真嗣といえば現在の日本特撮界の第一人者であり、非常に名のしれた監督だ。

だがまぁ・・・と・・特撮??

という疑問。漫画を読んだことがある人ならわかると思うが、巨人は実際ありえない生命体だ。生命体というかその辺も実際漫画の中では巨人がなんなのか謎なのだが、CGじゃないと不可能とも言っていい。

もしかして裸の人間をサイズでかくして巨人です。なんてしないよな?・・

と不安も残るが、漫画を実写映画化するというのはあまりにやはり難しいものであり、期待はしないが興味だけは皆あるといった感じだろう。

主役のエレン・イエーガーは誰だ?!松坂桃李や佐藤健も名前があがっているが?外国人でしょ?

松坂桃李 エレン・イエーガー

そもそもの根本的な事を言うと、名前がもう

エレン・イエーガー

わかってもらえるだろうが、外国人の名前だ。その時点で日本人が演じるというのはとても疑問である。漫画だからその辺は・・・って思う人もいるかもしれないが目は皆黒い瞳でもないし、舞台もヨーロッパ風の世界観である。

そんな中エレン・イエーガーは誰がやるんだ??やはり外国人だろ?って思うが名前に松坂桃李や佐藤健が浮上しているのだ。

エレンに人気俳優といえど、松坂桃李や佐藤健という名前を使ってキャストしたとしても違和感しか残らない気がする。エレンは黒髪だが、ミカサを除くキャラクターのほとんどは髪は金髪などがおおい。

それを日本人キャストが無理やり髪を染めた所でやはり顔は日本人の顔なので違和感が余計に増してしまう。

 

キャストに有名人を使って映画を盛り上げるのも一つの宣伝の形かもしれないが、進撃の巨人という漫画を最大限に活かせるようなキャストとして外国人をチョイスするという考えも視野にあってほしいと思う。

あくまで進撃の巨人のキャストはファンの間での予想でしか無いのだが、ファンの予想を裏切るくらいのキャストでのぞんで欲しいものだ。

エレンは主役なので超有名人を使いたい気持ちもあるだろうがあえて全員無名の役者で構成してもありな気がする。

ミカサ・アッカーマンのキャストに浮上してるのは剛力彩芽?!

剛力彩芽

先に進撃の巨人がどんな漫画かというのをおさらいしたいが、進撃の巨人は巨人とのバトルや人間模様を描いた漫画だ。そしてバトルはおかず程度にあるわけではなくわりと主軸となって多く描かれている。

そうなると実写映画化されてもアクション要素が非常に多いということだ。

剛力彩芽といえばダンスが得意で上手という事は有名だがアクションシーンはどうなんだろう?よくある運動神経などをCGなどでごまかした映画があるが、一番冷めるパターンだ。

実写映画化された進撃の巨人が同じようにアクションシーンをごまかすような構成にするのなら残念な映画になる確率がぐんと上昇してしまう。

外国人を使うにしてもどうせならミラ・ジョボビッチ並に動ける人を起用して欲しい。

他にもジャニーズやAKB48メンバーの起用を予想する声もあるのだが断固としてやめて欲しいものだ。

剛力彩芽ならまだ動ける女優の方になると思うが、鍛え上げた身体を持っているかというとそうではないのである。

進撃の巨人の実写映画化を改めて考えてみると?

エレン・イエーガーに松坂桃李、ミカサ・アッカーマンに剛力彩芽などもろ有名な人をチョイスする声がでているが、実際のところ有名俳優や女優を使わなくてもいいと思ってしまう。

なぜなら、

映画とはどんな映画かわからないために予告や宣伝をして見たいという興味をひくために今話題の人を使うことはよくあるが、進撃の巨人を映画化する場合もう『進撃の巨人』という名前が既に宣伝になっているからだ。

話題性が既に出ている状態では新人俳優や外国人の起用をするくらいちょっと異質にしたほうがいい。

 

実はアメリカでのハリウッドや俳優デビューのほとんどはホラー映画であり、なぜホラー映画がデビューになるかというと有名俳優などを使ってしまうとその人のイメージがあるせいで怖さが無くなってしまうからだそうだ。

まさにその通りで、有名人を使うほど世界観とは崩れやすくなるのである。

進撃の巨人という世界観を大いに発揮するためにはこの人誰??って思うくらいのキャストのほうが視聴者は映画にのめりこめるのではないだろうか?

松坂桃李や剛力彩芽を起用するのがダメではないが、ファンの声が現実になるよりは裏切って欲しいくらいである。

スポンサーリンク

-TV, 未分類

Copyright© おもしろ冒険家 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.