芸人

みやぞんという芸人の高校野球からボクシングに至るポテンシャル。

投稿日:


みやぞんという規格外の芸人。二代目ジミー大西??

『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)での企画で登場したり、

とんねるずのみなさんのおかげでしたの「お笑いイミグレーションNEXT!」企画でも出てきたある芸人

 

そこから爆発的に人気がでたのがみやぞんである。

 

芸風があるわけではない。いやまぁ強いて言うならギター芸だが、そんなところは問題ではない。

みやぞんという人間そのものが芸風でありネタでありキャラである。

みやぞんという人間そのものが面白く、人の心を引きつけるのである。

 

みやぞん

1985年4月25日生まれ

本名:宮園大耕(みやぞの だいこう)

東京都足立区出身

身長172㎝、血液型はA型

みやぞんという芸人の高校野球のポテンシャル。

出典https://twitter.com/anmanmiyazon

なんかどこから話していいか分からないが色々凄い。

まず高校野球では荒川商業高等学校でエースであり、4番だった。

この時点で結構凄い。

 

速球も130kmを超える投球だったようだ。

これプロ野球を見ていると遅いと思うかもしれないが、実際130km超えるってメッチャクチャ速い。

変化球も得意だったようで、野球専門誌でも注目されたり大学からのスカウトもあったくらいだ。

 

実際自分らの周りにそこまでスポーツで凄いってやつは中々いない。

でもみやぞんは野球界にいない。なぜか。

 

みやぞんはその頃から芸人になりたかったのか・・・そうか。だから大学野球に行かなかったのか・・そうか。

いやちがう。理由は

 

上下関係が嫌

 

である。

ウッソだろ・・・

 

更にみやぞんは高校野球での最後の試合?だったっけな。

国士舘と戦い10-0で負けた事を覚えていない。

エースで4番で試合に出てたのに10ー0で負けた試合を覚えていない。

 

んーファンタスティック・・・

スポンサーリンク

みやぞんのボクシングのパワーとか半端じゃない。でも・・・

みやぞんあんな優しくてニコニコした顔してるのに、

ボクシングをやっていた経験があり、パンチ力は223㎏を記録している。

これがどれくらい凄いかって言うと

ボビーオロゴンが184Kgである。

 

ボビーで184なのにみやぞん223て・・・・

ボビーオロゴンなんて体格やばいし筋肉の化物だしk-1経験者だろ・・・

 

その数値を超えるみやぞんのパンチ力は半端じゃない。

まして高校野球でエースはるくらいだから筋肉もバネのある。

足腰も相当強い。

 

一体この身体のどこにそんなパワーがあるのだろうか・・

でもみやぞんは・・・

みやぞんは人を殴ったこともないし喧嘩もない。動物にも優しい人

捨て猫や捨て犬を見つけるともう放おっては置けずに持ち帰ってしまったりするほどのお人好しで動物好き。

さらに道に落ちているゴミは拾ってしまう程の善人。

もちろん喧嘩なんてした事がない。

 

なにちょっといい人過ぎるんですけど。

 

それでも喧嘩が強いと言われていたのは。

みやぞんはボクシングをやっていたので学生時代に勝手に強いと思われていたらしい。

 

実際には喧嘩をしたことは無かったのだが、その当時の不良のブームはヒップホップな感じの格好でみんな腰パンだ。

ネックレスをジャラジャラつけたりダボダボのTシャツを着たり。

 

そこにみやぞんはジャージのズボンをハイウエストでキッチリと履いていたのにも関わらず、

ボクシング経験者という話と重なって他の不良から

「あいつ、スキがねえ…」って思われてハイウエストで裏番長になった男らしい。

 

どんなエピソードやねん!!!!

 

実際に喧嘩したら強いと思うけど優しすぎるから逆に弱い気がする。

 

というかそもそもみやぞんは何故ボクシングをはじめたのだろう。

全く喧嘩もしないような優しい人で野球をやっていたならボクシングじゃなくても良かった。

 

でもこのボクシングやっていた理由は語られてはおらず、おそらくだが

「えーなんでボクシングやってたんだろうー。わかんないー。どうしよー。」

って言われて終わる気がする。

スポンサーリンク

-芸人

Copyright© おもしろ冒険家 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.