ためになる話

水道水を飲むと健康被害が出るのか?安全性はいかに!

投稿日:

スポンサーリンク

日本の水道水は飲むと不健康になるの?日本の水のレベルは世界一。

水道水って本当に健康的に悪いのか?

世界を見渡しても日本の水に勝る水は無いだろう。それくらい日本の水は綺麗で安全性も高い。

他の国では蛇口から出てくる水を飲むことはまずないし、口に入ればお腹を壊すことが絶対条件みたいなところさえある。

日本の水道水のレベルは半端じゃなく高い。

 

それでも都会の水道水は飲んではだめだ!水道水を飲むと健康に悪い!

 

なんて話はずっとあり、言われてきている。

だからはたして水道水というのは健康に悪いのか、安全性はあるのかを考えていきたい。

水道水って安全なのか!水道水を飲むと身体を壊す??

結論から言うと水道水は安全である。

殺菌されて浄化され、法的にも安全性が確保されないと水道水として流すことはできない。

というかじゃなきゃ日本中ゲリだらけ状態である・・・。

健康にどうか?という意味では一旦置いといて、安全性としてはシッカリ殺菌された安全な水と言って良いだろう。

 

ただ地域によって安全性が言われている。例えば東京の水は危ない!田舎の水道水なら大丈夫みたいな話がある。

それは結局組み上げている水源が違い、一方では川の上流の綺麗なダムから汲んでいる水で一方は琵琶湖の南部だったり河口から汲んでいたりする。

つまり雑菌の多さも水の美味しさも浄化される前の状態に差があるため、安全性が疑われているのだ。

 

ただより殺菌するために都会は殺菌を強くしたりしているので安全性の違いはないが、美味しい不味いでいうと違いは地域によって違うと言える。ミネラルなどの栄養の豊富さにも違いはあるだろう。

スポンサーリンク

水道水の健康被害自体は実際どう?殺菌するための塩素の危険性。

水道水の安全性というのはあくまで菌による安全性。人体にとっての安全性とは別問題なので、ここで塩素の話をしようと思う。

よく水道水を飲むとカルキ臭いなんていわれるが、それの事である。

汲み上げた水に対して殺菌をするために塩素を入れるのだが、その塩素が身体にどのような影響を及ぼしているのだろうか。

 

トリハロメタンの存在。

水は川やダムなど自然な場所から組み上げるのでそこには有機物質というものが含まれている。水道水になるまでのあいだに塩素処理を行うのだが、その塩素と有機物質が反応を起こすとトリハロメタンと言うものが出来る。

トリハロメタンの60%~90%は麻酔で使うのでも有名なクロロホルムであり、劇物取締法の医薬用外劇物に指定されているもの。

簡単に言ってしまえば危ないもの。

そしてトリハロメタンには発がん性があると言われているが確証はない。

発がん性があるかもしれない物質として勧告されてはいるがその確証はなく、危ないと言われているだけ。

とはいえじゃあ安全ともいい難い非常にグレーな話なのだ。

 

また、トリハロメタンは、中枢神経、肝臓や腎臓などの臓器に多大なダメージを与えたり、アトピーの原因、精神疾患の原因にもなると言われている。これもまた確証はないがそういう危険性を秘めている。

 

ただ水質基準はあくまでWHO(世界保健機構)に従って定められていてそれに満たさないと水道水として流すことはなく、

健康被害が出ないレベルまで数値が下がったものでないとダメという規定がある。

なのであくまで安全性が確保された健康被害が起こらないレベルのものであるが、一応こうした話もあると留めていてもらいたい。

水道水の安全性を高め、危険性を減らす方法。

色々と塩素を抜く方法はある。そしてここからすこしポップな話になるかもしれないのでご了承下さい。

なぜ塩素を抜くのかとなったとき。安全性や危険性の問題ももちろん大事だが、

 

何よりカルキ臭い水が不味い!!!!!

 

て話。なので水をより健康的にしかも美味しくする方法みると、効率的なのは俺の中でふたつしか無い。

一つは沸騰。お茶にしたり料理の時は煮沸すれば消える。

でも効率的にするにはどう考えても浄水器ではないだろうか。

 

浄水器をつけた水道水の途端に美味しいあの感動は今でも忘れない。

 

いちどはこうした浄水器などを検討してみてはいかがだろうか。

スポンサーリンク

-ためになる話

Copyright© おもしろ冒険家 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.