ためになる話

ストレス解消法ランキングにもない!男女共通の新しい裏技!

投稿日:

スポンサーリンク

ストレス解消法にテトリスが良いなんて初めて知った!これ本当?!

ストレス解消しようぜ!なんて事になるとまぁ色々出てくる。

カラオケだとか旅行だとか友達と遊ぶ。買い物。食べる。風呂。音楽。運動・・・エトセトラ!

 

ただこのストレス解消法にテトリス!なんて言われるとちょっと え??と思ってしまう。

まっじっで?!?!という空前絶後のー!!的な気分に襲われたレベルだ。

(サンシャイン池崎関係ない・・・)

 

もし本当にテトリスがストレス解消法に良いと言うことにでもなれば真っ先にアプリでもダウンロードして

いつでもイライラしたらテトリスやります状態になる。

これなら男性と女性特有の解消法ではなく大抵の人が出来る。だが、

 

テトリス自体上手く行かないことでストレスたまる気がするんですけど!!!

おい長い棒!!長い棒のやつ!!早く!!お前じゃない!!ってなった事ありますけど!!

 

なんて思うので詳しく調べていこう笑

テトリスによるフラッシュバックを抑制する実験。PTSDの症状緩和は可能か?

スウェーデンのカロリンスカ研究所がある実験をした。

 

交通事故の犠牲者、もしくは目撃者は嫌な記憶が繰り返しフラッシュバックしてしまう苦しい状態にいる人が多い。

心的外傷後ストレス障害(PTSD)の影響であるが、この症状をなんとか抑えれないものかと考えた結果一つの予防策が生まれたのだ。

 

心的外傷後ストレス障害(PTSD)とは

 命の安全が脅かされるような出来事(戦争、天災、事故、犯罪、虐待など)によって強い精神的衝撃を受けることが原因で、著しい苦痛や、生活機能の障害をもたらしているストレス障害である

 

その予防策がテトリスをしてもらう。というものである。

 

カロリンスカ研究所のチームは実験に参加してもらった事故経験者や目撃者などの被験者たちに一度当時の嫌な記憶を呼び起こしてもらった。そして2グループにわけて一方では20分間テトリスをしてもらい、もう一方には救急処置室からの記憶を20分間文章に書き出してもらった。

その後の経過を観察するとテトリスをした被験者は嫌な記憶がほぼ蘇らなかったのである。

 

心的外傷後ストレス障害(PTSD)の患者にとってはゲームをしながら治療が出来るなんてまさに願ったり叶ったりの方法だろう。

もちろんゲームをすれば治るなんてものでもないが、一つの選択肢としてゲームと言うのは大いにアリだ!!

スポンサーリンク

ストレス解消が目的ではないが応用出来ると思った!ゲームで脳をスッキリ!

ここまで読んだらわかるが、このカロリンスカ研究所のテーマは決してストレス解消ではない。

ただテトリスはフラッシュバックを構成する視覚的要素に介入するらしいのだが、そうなれば

 

日常的にも思い出したくない想像出来てしまう記憶は思い出しにくい状態にできるのでは?!

 

と思ったのだ。

失恋したときの相手の顔。思い出すたびに辛くなるがフラッシュバックは避けられるのでは?つい思い出してしまう上司の顔。怒ってるときの顔は?

PTSDとまではいかなくてもトラウマみたいになってしまっているストレスは緩和されるかもしれない。

 

嫌なことがあったりするとノートに書き写したりすることでストレスが解消されるというのは有名な話で、そういうメンタルケアもあるくらいだが、文章に書き出すより効果があると研究チームが言っている。

それなら嫌なことが頭に浮かんだりフラッシュバックしてきてそれがストレスになっているならテトリスをやってみないかい?

というものだ

 

ただ注意が必要でゲームならいいというものではなく、クイズゲームなどの頭に想像力を働かせるゲームでは

逆にフラッシュバックが起きやすく悪化してしまったというデータがでた。

となるとついフラッシュバックしてしまうような出来事には 本を読むだったりも同じように頭に映像を浮かべるような事は避けて出来るだけ視覚で遊ぶものにアプローチした方がいいということになる。

 

ようは目で見て遊べってことだ。

テトリスだけではないストレス解消法。

つまり視覚にアプローチして遊ぶパズルゲーム的なものであれば効果があるのかもしれない!ともなれば

キャンディクラッシュだったりツムツムだったりポコパンも効果があるのでは!!となる。

今やアプリでは様々な目で楽しむものが配信されているため、自分の好みのものをダウンロードできる。

 

嫌なこと思い出しちゃったなぁと思った時、気晴らしに散歩をしたり自分なりのストレス解消法もいいが、だるくて動きたくないとかベッドから出たくないとかもあるだろう。

 

そんなときはテトリスのようなパズルゲームを布団の中で黙々とやってみると意外と脳はフラッシュバックを構成する場所を整えてくれるかもしれない。

(ちなみに自分はポコポコが好きでした。)

 

他にも過去の嫌な記憶を蘇らせない方法の他に、脳に直接アプローチをするポジティブになる方法もあるので

参考にしてみてはどうだろうか。

ポジティブになりたい!ってかなる!心理学と思考を変える方法。

 

スポンサーリンク

-ためになる話

Copyright© おもしろ冒険家 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.