おもしろ記事

人格診断とか性格診断って果たして自分でやる意味があるのか?

投稿日:


さてこんにちは冒険家です。

今回は人格やら性格というのが果たして自己診断することに意味があるのか?という話をしたいと思います。ということでGO!

 

性格診断って自分でやって自分で判断して・・・なるほどね!ってなる?

疑問

この診断というのは実際プロのカウンセラーや精神医療などのプロがするのはもちろん大事だが、

個人的な性格判断や人格判断ってのは意味があるのか?ということだ。

 

まぁネットでやってるものなんて本当に大したことがない血液型占いレベルなので全くというほどあてにならないわけだが、

すごく細かく診断をしたところで自己分析に意味があるのかを考えてみたい。

性格や人格なんて冷静なときは自己分析より理想を考えてしまわないか?

 

たとえばこんな質問があったとする。

あなたは恋人と喧嘩をした時に怒りに任せず冷静に話せますか?YES、NO。

さてこれどう思います?

 

イエスと答えた人は実際は感情的に声を荒げて喧嘩をするにも関わらず自分は冷静だ!!と思ってるかもしれない。

ノーと答えたひとは感情的だなぁ多分。とか思いつつ内心感情的なだけで言葉では冷静に話してるかもしれない。

 

冷静な時に自分を客観視することでも難しいのにいざという時の客観視なんて出来るわけがないのだ!!

というかそんな客観視が本当に出来たら人間は神様の領域というか仏様レベルの精神を手に入れられることになる笑

スポンサーリンク

本当の性格判断とは自己分析ではなく自己理想であるという現実。

ikari

自分はこういう人間だ!!!!

なんて語る時たいていは語っている事が出来ていない。もしくは意識してやっていることである。

でもなぜそんな出来もしないことを語るかというと

 

自分をいい人と思われたい→理想とする自分像→頑張ろう

 

という状態だからだ。

実は人は全くブレていない部分の自分の性格をそれほど語る必要がない。なぜなら

 

当たり前だと思ってやっていることがその人の性格だからだ。

 

俺毎日風呂入るんだよねー。俺絶対女性には手をあげないんだわー。

言う必要がない・・・・

 

逆に俺は毎日絶対風呂入るよ!!ってアピールする人がいたら

は・・・入ってないんだな・・・という疑心暗鬼になるだろう笑

 

だから性格診断で見ているのは自分の性格ではなく、自分の理想とする性格のほうが濃厚になるのである。

そう思うと性格診断もあながち悪くない。

jinnkaku

性格診断とか性格分析をすれば悪いところもあればいいところも出てくる。

ただ悪いところというのは自分で許せる範囲の悪い部分だったりするかもしれない。

 

そして理想とする自分の性格分析だと思えばこうなりたいと思う目標にもできる。

 

短気な人が性格分析をした時 短気なままの分析をしたら わかってるけどあまり治す気がないかも?とか

短気な人が性格分析をした時 短気じゃない分析をしたら あれ?この人は治したいのかな?とか

 

そういう見方だとまた少しおもしろいかも知れない。

スポンサーリンク

-おもしろ記事

Copyright© おもしろ冒険家 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.