心理学

ネガティブな人が性格を変える簡単な面白い方法。心理学で解説!

更新日:


ネガティブな性格を変えようとしてる時点ですでにポジティブな性格という話。

最初からなんか哲学的な事を言ってしまったが、ネガティブな性格ってなんだろうか。

消極的に考えてしまうというのは何事にもマイナス要因を主体として考えてしまう。

こんな感じだと思う。

 

こうなったらどうしよう・・・・

どうせこうだし・・・・

もしもこうだったら・・・・

こんな言葉が常に頭のなかを巡っていい方向に向かない。

だが今この記事を見ている時点ですでにもうネガティブではないポジティブな部分が見えているということになる。

 

それはすでに今の自分を変えよう。ポジティブになろう!!

 

という働きが起きているからだ。

 

だから今この記事を読んでいる時点でネガティブな性格を変える事は難しくなく、

ちょっとしたきっかけややり方次第で改善されると言うことなのである。

あなたはネガティブ??それとも性格が悪い人と一緒にいる?

いきなりかなり失礼な事を言ってしまったがチョットだけ読んで欲しい。

ちょっと前に

荒らしの性格の心理学的な理由

という記事を書かせてもらった。

 

インターネット上で他人を誹謗中傷したり訳の分からない事をして人に迷惑をかける人のことである。

この荒らしというのは一般的にはネガティブ要素になる。

荒らしとは関わりたくないし、絡まれて良いものではない。

だがどうだろう?荒らしをしている側の人間はそれを楽しんでるので決してネガティブではない。

 

他人を陥れたり妬んだり僻んだりして喜ぶのは

単純に他人を落として自分の価値を保っているだけであってこれは少し違うのだ。

 

本当にネガティブな人は他人の位置は変わらず

自分自信を落としてしまう人の事なのでちょっと意味合いが変わってくる。

 

そうなるとネガティブじゃない性格の人もさげすむような人といればネガティブになってしまうし、

人に悪くばかり言われていれば自信も無くす。

 

だからまず一番簡単な方法一つとして自分にマイナス要素を与える人とは関わらないようにする。

まずは外的ネガティブ要素を消してみてください。それが友達関係だったり仕事関係だとしてもです。

 

別に会うなとか喋らないようにしろというわけではありません。

そういう人はそういう人だと割りきって人間関係とは別と捉えるようにしていけばいいのです。

「まー何かまた言ってるわ」

こう思いましょう。

 

でもコレは少し難しいですね。人対人ですから笑

でももっと単純な方法がありますので心配なく。

ネガティブな人の性格はポジティブな事に勝ってしまう心理学。

ペンシルベニア大学の心理学部教授Paul RozinとEdward Royzman氏

えっと読み方はわからないがこんな人が唱えた事がある。

『消極的バイアス』

バイアスってのはまぁ先入観とか偏見とかそんな感じの意味で捉えて欲しい。

 

その人が言うにはこうだ。

 

美味しそうな食物の上をゴキブリが通り過ぎた場合絶対食べたくはない。

これは良い事に対して悪いことをかぶせた場合。

逆にゴキブリの上に美味しそうな料理を盛り付けた場合ゴキブリを食べたくなるだろうか?なるわけがない。

これは悪いことに対して良いことをかぶせた場合。

 

例え話なので一概にあてはまるものではないが、つまりネガティブがポジティブを制圧することはあっても

ポジティブがネガティブを制圧はしないというバイアス。つまり先入観が働いてしまうということである。

 

いやもうめっちゃくちゃ納得・・・・もうその通りだわまじで。

 

ネガティブな人が決して楽しいことを考えないわけではない。

笑ったりもするし、冒険だってする。楽しいことだって沢山あるし恋愛だってするだろう。

でもどこかで最悪のパターンを考えたりして踏み込めないというのが本音なのである。

スポンサーリンク

高田純次に学ぶネガティブからポジティブを呼び起こす簡単な面白い方法。

高田純次

さぁ本題だ。みんな高田純次というあの適当おじさんを知っているだろう笑

 

高田純次は昔冗談なんて言えない生真面目というかそんな人物だったようだ。

テレビに出てきた頃はそんな何も持ってない面白くない自分に悩まされていたという。

だがある日テレビの前くらいもっと適当にしていようと本当に言うことなす事適当なキャラを創りだしたのだ。

するとどうだろう?高田純次自身が本当にひょうきんで脳天気な性格になってしまったのだ。

 

なぜこんなことが起きてしまったのか説明しよう。

ネガティブな性格を変えるには潜在意識にアプローチするのが一番簡単だ!!

さてまた難しい事言い出したなコイツ。

なんて思われたかもしれないが、この潜在意識というものが全てなのである。

人間の脳みそとは複雑でまだまだ解明されてない事だらけだがわかっていることはある。

 

それは人が意識できることは脳の5%程度であり、無意識に動く潜在意識は脳の95%であるということ。

 

たったそんだけしか意識しても脳を使わないの?!

ってくらい脳はほとんど無意識に動かされている。

 

つまりどれだけ意識的にポジティブに変わろうと5%を使った所で95%のネガティブの無意識には勝ちようがないのだ。

 

じゃあ何もう無理じゃん・・・って思うかもしれないがそうでもない。

この潜在意識である95%は意識の反復で脳が覚えてしまった事のほうが多いからである。

つまり先入観だったりトラウマみたいなものもこの95%にあたる。

 

ポジティブな事をしようとしてもネガティブな意識に負けちゃうから無理!ではなく、

ネガティブな意識をポジティブな事で少しずつでいいから徐々に制圧していこう。

 

これが最も簡単な方法なのだ。

具体的なネガティブな性格を治す方法。ポジティブを声に出せ。

では具体的に言うと何をすればいいのか。

 

何かしようとしてもネガティブな事が頭のなかで襲ってきたり面倒くさくなったりするだろう。

やっぱり嫌だなーとか変なこと考えちゃうなーとか、どうせ自分なんて・・・。

 

これは無理やり治そうとしなくていい。

頭のなかを自分で制圧するなんて無理だ。じゃあどうするかというと

ポジティブを声に出す。

これである。

 

自分は出来る!!怖くない!!楽しいことだらけさ!!笑顔でいこう!ワクワクしてきたぜ!!

こんな感じで何か襲ってきた時に頭の中のネガティブとは反対の事を無理やりでも言う。

嘘も1000回つけば真実になるとはまさにその通りで、口に出し続けるとそれが現実になるのだ。

 

そんなの絶対変わらないって思うでしょ?その通り。

だって今あなたの頭の95%が無理と言ってるんだから無理だと思って当然。

 

だから声に出してコレは出来る!!って嘘でもいいから言う。

これをひたすらくりかえすと95%のネガティブは勢力を失って徐々にポジティブが支配していく。

 

声に出して意識からも耳からという外側からも同時にアプローチをはかる。

褒められたら嬉しいでしょ?照れたりはがゆくなったりちょっとホカホカしたりするでしょ?

耳から入る言葉で脳がそれだけ喜びを感じるようにポジティブな言葉も無意識の95%の中に染みこんでいくのだ。

 

これは本当に効果絶大である。

具体的なネガティブな性格を治す方法。動きで脳を支配する。

次にやるべきは行動で無意識を支配する方法である。

 

昔こんな事を言った医者がいたのが今でも印象的だ。

「考えたくもない不安や悩みがあるんですね。わかりました。どんな悩みで不安があるのか具体的な話をしてください。

でもちょっとまって。鼻と口に割り箸を挟んでどじょうすくいの変顔して踊りながらお願いします。」

(頭がおかしくなったわけではない笑)

すると患者は何も考えられなくなってしまったそうな。

つまりこれは行動によって無意識に出てきてしまうネガティブな感情を制圧したことになる。

 

だからスキップもいいし好きな運動を見つけてネガティブになったら無理やりその運動をするというものだ。

ウォーキングなどがリフレッシュと言われているのはまさにそこにある。

だから何かネガティブに考えてしまう時は身体を動かせ!!

凄く単純だがこれも効果抜群である。

 

身体を動かす事は脳を活性化させてがネガティブな性格を変えていくのだ。

頑張ろうとするより絶対簡単。

【ポジティブ関連記事】

ポジティブになりたい!ってかなる!心理学と思考を変える方法。

いかがだっただろうか?カウンセリングなどを受ければもっと本当に細かい事を言われるとは思うが、

日常の生活のなかで出来る簡単で効果抜群の方法はコレが一番だろう。

 

毎日ポジティブな発言を嘘でも言う。毎日自分を褒める。考えこみそうになったら動く。

たったこれだけでも繰り返せばかならず少しづつでも性格はポジティブに明るくなっていくだろう。

 

努力しようとするほど逆効果になっている危険な罠に引っかかってないだろうか?

実はポジティブと忍耐や努力は反比例している。

合わせてコチラも読んでみてほしい。

ポジティブはとりあえず簡単な話脳の側坐核を鍛えてしまえ!!超簡単!!

次の恋愛だったり今好きな人に対して臆病になっていたりする人におすすめの

じわじわとゆっくり克服する方法。

恋愛の恐怖を克服するマジですっげぇ簡単な心理学

恋愛心理学で怖い苦手を克服するマジですっげぇ簡単な方法!!

スポンサーリンク

-心理学

Copyright© おもしろ冒険家 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.