おもしろ記事

ブルーボトルコーヒーでのドリッパー通販はいつ?値段と流行る可能性。

更新日:


サードウェーブコーヒーと言われているブルーボトルコーヒーが日本に上陸したが、実際どうなの?って話

米西海岸で生まれたサードウェーブコーヒーの「ブルーボトルコーヒー」。

その第一号店が6日に東京・清澄白河でオープンした。

コーヒーショップ?コーヒーバーとして店を出しているが、コーヒー系の店では異例の行列が出来、

午前8時の開店前から100人以上が列をつくったとされている。

 

コーヒーのお店でオープン前から100人以上の列て!!!

どんだけコーヒー好きな人おんねん!!

 

そもそも何だそれ?と疑問を持っていることだろうし、俺も知らなかったのでコチラを説明しておくが、

 

サードウェーブコーヒーとは?

第一波 味気ないコーヒーからの脱却。つまりコーヒーを定着させ

第二波 スタバ(スターバックスコーヒー)などの手軽に飲めるカフェが流行り

第三波 豆やドリップにこだわったコーヒーをたしなむ事を重要視するもの。

 

となっていて

この第三波がサードウェーブコーヒーと言われているようだ。

 

これを考えると今や誰もが愛用しているスタバことスターバックス。

このスタバを相手にどこまでブルーボトルコーヒーがやっていけるか注目が集まる所だ。

それについて少し分解して話そうと思う。

ブルーボトルコーヒーは立ち飲みカフェと言った所だが流行るのか?値段が意外と高いが、コーヒーの価格帯ってどれくらいなの?

ブルーボトルコーヒー

実際ブルーボトルコーヒーはスタンドカフェみたいな感じで、座ってゆっくりと言うよりサラッと飲んで帰るような空間だ。

そうなれば空間提供という部分で価格が少し低くなる?

とおもいきや意外と高いのだ。

 

アイスコーヒーでスタバとブルーボトルコーヒーを比較すると

スターバックス ブルーボトルコーヒー
320円 500円

とかなりコーヒー1杯にしては高めの設定がされている。

 

ただ豆やコーヒーへのこだわりは半端じゃなく、豆を栽培する所から焙煎してドリップしてコーヒーにするまですべて力を入れている。

 

は・・・半端ねぇ・・・

 

そこに価値があると考えれば500円だろうがコーヒー大好きな人たちにとっては

全然払える額なのかもしれない。

だが一般的にホッとしたいだけとしてコーヒーを飲む人たちにとってはちょっと高いかなぁ?

という感じがあるので一般的にスタンダードになっていくのはまだ先の話かもしれない。

スポンサーリンク

ブルーボトルコーヒーは豆やドリッパーなどを通販にして売っていく予定。需要は店舗より家で?

ブルーボトルコーヒーの通販はアメリカではすでに当たり前のようにある。

だが日本では店舗が出来ただけで日本用のブルーボトルコーヒー通販はまだ存在していないのだ。

 

だが一号店で焙煎した豆やコーヒーを淹れるドリッパーなどは通販で販売していく予定のようだ。

この通販には2つの需要があると思う。

ブルーボトルコーヒー2

ひとつは店舗がまだ少ないため全国の人にブルーボトルコーヒーを味わってもらうこと。

もう一つは店舗に行くより家で落ち着いてコーヒーを飲むことに需要があるということ。

 

コーヒーにかなりのこだわりや味を求める人を狙ったブルーボトルコーヒー。

逆にいうとコーヒーにこだわりを持つ人は自分で豆を探したりドリップして飲んでいる人も多いだろう。

そんな人達のためにこれから通販での需要もはかっていくのだろうと思う。

 

実際お店に行こうとは思わないが、俺も通販でコーヒー豆が手に入るなら

買って飲んでみたいなぁ

という気持ちが強く出てくる。

ブルーボトルコーヒーのロゴはひとつのステータスとしてオシャレ要素になっている。

ブルーボトルコーヒー3

このブルーボトルコーヒーが流行っている理由の一つにロゴがある。

この青いボトルに名前が入ったロゴの物を持っていることが一種のステータスのようになっていて、

ブルーボトルコーヒーの製品を持っていればオシャレ!!という流れもあるようだ。

 

現に東京の一号店ではマグカップなどの雑貨品も売られている。

 

こうしたロゴはひとつの宣伝効果もあり、みんながブルーボトルコーヒーのロゴの入ったものを身につけたりすることで

日本にしっかり浸透させるという戦略もあるのだろう。

 

でもちょっとこの青いボトルのロゴ可愛い・・・。

ブルーボトルコーヒーの紙コップでもいいから家においてあるとやはりオシャレだ。

 

ブルーボトルコーヒーはコーヒー界のアップル社と言われているだけあって

デザインにも力を入れているのが伺える。

 

これからもしアイフォンのような流れがくるとしたら、

コーヒーはやっぱりブルーボトルだよねー。みたいな事になっていくと面白いなぁと感じる。

スポンサーリンク

-おもしろ記事

Copyright© おもしろ冒険家 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.