TV

心ゆさぶれ先輩!ROCK YOUに 林芳亨出演!ジーンズの神様!

更新日:


林芳亨(はやしよしゆき)デニム界の巨匠が先輩ROCK YOUに登場!ジーンズ好き必見!

はやしよしゆき

林芳亨は1956年生まれのデニム・デザイナーだ。デニムが好きすぎてタマラナイ人、ジーンズ好きな人は一度は名前を聞いたことがあるかもしれない。ジャパンジーンズ界の神様と言っていいだろう。

その日本をリードし続けるデニムマニア!デニムオタク!デニム界の巨匠である林芳亨(はやしよしゆき)が心ゆさぶれ先輩ROCK YOUに出演する。

心ゆさぶれ先輩!ROCK YOUではジーンズの選び方や手入れの仕方。デニム界の間違いだらけの常識について切り込んでいく!

 

何を隠そう俺はデニムが大好きだ!!!!(知ったこっちゃない)

 

そこでいい機会だ!デニムについてちょっと学んでみようじゃないかということだ。

林芳亨(はやしよしゆき)のジーンズデニムへのこだわり!

はやしよしゆきデニム

林芳亨(はやしよしゆき)がなんでここまでデニムにこだわってるのか?というのは意外とシンプルに分かりやすいものだ。

革財布を持っている方ならすぐに納得する。プレーンの革財布を使って使って飴色になるまで長い年月をかけて作りこんでいく。

デニム生地には同じ価値があるようだ。

デニムはその人の生き様などが刻まれると。ポケットのあたり(財布などでできる跡の事)、動きによってできる擦れ、洗濯による色落ちやダメージなどその人のライフスタイルによってデニムはどんどん変わっていく。

それはダメになるとかよれよれになって着れなくなるのとは違い、馴染んでいきその人にしかつくれない他にはない奥深さがある。

と林芳亨(はやしよしゆき)は語る。

たしかにそのとおりだ。デニムには味があり、個性がある。作りこんでいく楽しさもあるしワザと傷をつけて楽しむ人たちもいる。

マイオンリーワン!!といえるパンツはデニムじゃなきゃつくれないだろう!!

心ゆさぶれ先輩!ROCK YOUでいったいどのようなこだわりが出てくるか是非見ものだ。

林芳亨(はやしよしゆき)が作りこむデニムの魅力を最大限に引き出すためにこだわったのはメイド・イン・ジャパン!

林芳亨(はやしよしゆき)がデニムに対して作りこんでいく魅力を最大限に引き出すにはどうしたらいいだろう?と考えた時一番大事に感じたのは

綺麗に色落ちする生地

であった。そして良い生地へのこだわりが必然的に品質の高い日本製の生地!メイド・イン・ジャパンへのこだわりになったのである。

そして色落ちを追求した究極のデニムとして林芳亨(はやしよしゆき)の手がける「RESOLUTE」というブランドが出来たのだ。

林芳亨(はやしよしゆき)に学ぶデニムのコーディネートと着こなしは?

心ゆさぶれ先輩!ROCK YOUでも着こなしやコーディネートは紹介されるようだがこちらでもまとめておこう。

デニムにも色んな個性があるんだろうなぁ。サルエルっぽいのが似合う人とかローライズがいいとか難しそうだ。

って思わないでね??

デニム界の神様だから敷居が高いこと言うと思っていたのだが、想像とは意外にも違うことになるだろう。

ファッションは、スタンダードがいちばんである。

個性やキャラクターは服ではない。着る人にあればいい。クセがなくどんな服にも合うデニムが一番いいんだ。

とのこと。さすが巨匠!林芳亨(はやしよしゆき)!いうことが違うぜ!

でもデニムがその人のライフスタイルによって変わっていくのならそもそも個性的なデニムは必要ないと改めて再確認させられる。その人が履けば履くほどそのデニムは変化して個性がうまれデニムにその人の個性が乗り移るのだ。

個性的なデニムを履くのではなくデニムをその人の個性に変えてしまうというまったく今まで持ちあわせてなかった考え方はさすがといったところである。

ちょっと俺も自分の今まで履いてきたデニム見つめてみよう。

何か俺オンリーの傷とかあるだろう。それを知ったら次履く時ちょっと愛着やウキウキ感が違いそうだ!

 

 

面白いことに林芳亨(はやしよしゆき)の公式ブログはたかがジーパンや!という何ともチャーミングな正反対の名前をつけているわけだが、されどジーパンと言わなくてもわかるほどのデニムまみれなブログ笑

どんだけ好きやねん!!!

と突っ込んでしまいそうなほどである。さすがデニム界の巨匠といえるだろう!!

心ゆさぶれ先輩!ROCK YOUでテレビの視聴者に向かって林芳亨(はやしよしゆき)がどれほどのデニムに対するこだわり考え方を伝えてアピールしていくか注目だ。

スポンサーリンク

-TV

Copyright© おもしろ冒険家 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.