おもしろ記事

加湿器がなくても加湿する裏ワザと肌や健康への効果とは?

投稿日:


寒い季節はかさつくわぁ!!加湿器買おうかな?って人へ

huyu

いやもうわかりますわぁ!!!冬のかさつき!!

冬の三大天敵をあげるとおそらくこの3っつだろう

 

寒さ 乾燥 インフルエンザ

 

もう寒さは当たり前の話だとしても、乾燥とインフルエンザだけは何とかならないものか?!

そう思っている人も多いはずだ。

そこで冬の乾燥をせめて家の中だけでも抑えてしまおうという話をしようと思う。

 

まぁこれを単純に電気屋の営業的にいうなら

加湿器どうぞ。で終了してしまうのだが、

買うにしても数千円。良い物を買えば数万円。

決して安いものではない。

 

ってことで家にあるもので気軽に加湿をして冬を乗り切ってみよう!!!!

加湿器がなくても加湿できる裏ワザと理科の話。

沸騰

理科の話だからって難しく考えないで笑

わかりやすく話すつもりだ。

 

まず加湿ってのはその通り湿度を上げるのが加湿なわけ。

簡単にいえば乾燥した部屋の中に湿度の高いものが存在していればいいということになる。

だから加湿器の代わりとなるような水の染み込んだものが部屋に置いてあればいいのだ。

 

①洗濯物や濡れタオルを干す。

ものが乾くのは当たり前だが水が蒸発するからだ。だから洗濯物や濡れたものを部屋に干しておけば

自然と乾燥した部屋が潤うことになる。

ただ部屋のインテリアや見た目にこだわる人には難しい。

 

②水を入れた器を部屋に置く

別に濡れているものではなく水自体を置いてしまう方法もある。これならオシャレな器などに入れて飾れば

インテリアを邪魔することもないだろう。

 

③観葉植物を部屋に置く

植物は土に水がないと生きていけないのでインテリアと観葉植物育てるという意味を持ちながら

なおかつ加湿もしてくれる。リラックス効果もあるすぐれものだ。

その中でもコケがめちゃくちゃ優秀で、コケは湿度を調節してくれる働きがあるので、天然の加湿器と言ってもいいだろう。

 

④②の進化系

基本的には蒸発し易いものが理想となる。

つまりできるだけ液体と空気が触れる面積が多ければ多いほどいいわけだ。

水をいれただけの器では表面しか触れないので、水を入れた器の上に造花とか染み込みやすいスポンジ質のものとか

そういったものに染み込ませる感じで使うとさらに加湿されやすい。

 

⑤やかんを沸かす。

誰もが知ってる昔からある加湿!!笑

沸騰させた蒸気は一番効果的!!でもまぁストーブとか部屋にないと無理だけどね。。。

 

⑥霧吹きを部屋に

特にカーテンなどに霧吹きをしたり洋服やカーペットなどにかければこれだけでもかなりの加湿が出来る。

香料いりのものをふきつければアロマ効果もあるししゅしゅっとやるだけでお手軽だ。

スポンサーリンク

加湿の肌への効果

ohada

加湿って乾燥するっていうただそれだけの理由だと思っている人も多いが、かなりの美肌効果もある。

というより、乾燥すると肌がカサカサになると思っている人も多いが、

実は脂肌になってしまう。

 

目が乾燥すると涙が多く出るのを経験したことがあるだろう。

あれと同じで肌が乾燥すると乾燥しないように顔からいっぱい脂が出てくるのだ。

そのせいでニキビが増えたり吹き出物やテカリや様々なものが症状として出てしまうのである。

 

逆に言えば湿度がしっかりある場所にいればお肌も適度に水分を含みもちもちした肌を維持できる。

 

脂が出てきたりお肌が荒れた時にその脂を拭き取ったりニキビを潰したりして整えるよりも

その空間自体を気にしてみると意外と肌には効果がありそうだ。

加湿の健康効果

ウォーキング

冬に体調不良を起こすのは一つは日照時間が短いことにある。

だがもうひとつは体温が下がることだ。温かいと血行がよくなって身体も動くが、

寒いとやっぱり気分もさがるし、身体もいうことを聞かない。

 

だが湿度というのはその気温ではなく体温に影響していて、湿度が高いと体感温度があがるのだ。

それが気分的に体温を上昇させる。

 

そして誰もがご存知。インフルエンザ!

菌は湿度が大嫌い!乾燥が大好きだ!!だから湿度の高い部屋で生活することで

風邪になる確率が格段に減る。

 

※ちなみにだが、冬というのは気温と湿度が低いことでダニが活動を停止するのだが、

湿度も室温も高くするとダニが活動しだす。過剰なまでの加湿や室温を上げることは避け、

あくまで適度な状態をたもとう。

 

カーペットやカーテンをベッタベタにするほど霧吹きしたら絶対に余計な雑菌やダニが湧いてしまう。

それにそんな所に座るのも気持ち悪いしね。笑

 

いかがだっただろうか?

ちなみに僕はだが、コケをオシャレな置物の中にいれて一つのオブジェみたいにしている。

観葉植物の一種だが霧吹きでかるく水を与える程度でいいし、花や木のように季節的に葉や花が落ちることはないので

掃除の手間もない。

 

何よりコケは可愛い。

※個人的な乾燥なので気になさらずに・・・

 

いちど加湿器が無くても数百円で出来る事からやってみてこの冬をお肌を痛めることなく、

健康的に乗り切ってみてはどうだろう?

きっと続けていれば身体や肌に変化が出てくるはずだ。

スポンサーリンク

-おもしろ記事

Copyright© おもしろ冒険家 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.