ためになる話

内ももが痩せないって?当然だ!内側のダイエットトレーニング! 

更新日:

スポンサーリンク

内もも痩せが出来ない理由はコレだった!!!

a0002_007410

チョット今回は違った話。そう。女性注目のダイエットについてだ。

まぁだいたい理由はこうだろう。

 

・長く続かない。

・運動できない。

・食事制限とか無理!!

・やっても効果が出ないんだもん!!

 

こんな感じじゃないだろうか?でも今回はその中でも

『やっても効果が出ないんだもん!!』

ここで悩む人のために話そうと思う。特に

 

内ももとか頑張っても全く脂肪が落ちて細くなる気がしない!って人が結構多い

 

完全に番外編な感じだがジムでトレーナーをしていた経験から紐解いていこう。

内側の筋肉はタルむし脂肪がつきやすい!!

AMI88_konobamukuhenoisisugi1264500

まず何で内ももとか二の腕の付け根が脂肪がつきやすいかって言うと単純な話としては

体の接合部分だから。

これが第一の理由だ。

 

単純にお腹に脂肪ってのは一番つきやすく末端にいくにつれて脂肪はつきにくくなっていく。

「最近太ってきたー!!指先!!」

なんて人はまずいない。

だから腕や足で一番太る所ってどこ?ってなった時に当たり前のように付け根が一番脂肪がつくのである。

 

そしてもう一つの理由として

足を内側に動かすという動きは生活でまずしない。

ということである。歩いて足を前にだしたり、足は外側に動くことは多くても内側に動くことは少ない。

だから内ももの筋力というのは意識しない限り非常によわくたるみやすかったりするのだ。

スポンサーリンク

じゃあどうやって内ももを痩せろってんだ??

さて先程の理由で話した

足を内側に動かすという動きは生活でまずしない。

という部分。

 

なぜ脂肪がつきやすいかと言うとそれは筋肉の問題である。

「そんなの誰でも知ってるよ!!だからダイエットでジム行くんじゃん!!」

なんて思わないで欲しい。

 

どういうことかと言うと、

手足の付け根の筋肉は生活の中であまり使わないためにトレーニングですら使い方を知らない。

という人が多いためである。

 

だから内ももに一切刺激がいかずにダイエットをしても痩せないってことだ。

正確にいうと内ももに筋肉がないから引き締まらない。という事。

 

例を出そう。

 

歩く動作は、蹴る。足を前に出す。膝を曲げるなどの繰り返し。

座る時は膝をまげる。立つときも同じ。

生活のなかで足を使うのって大体こんなもんだろう。

 

だが内ももの筋肉は

足を閉じる時に使われる筋肉だからだ。

開いた足を力を入れて閉じる。

 

生活の中でこの足を内側に力を入れて動かすのを一日に一回でもするかと言われればほとんどの人がしないのである。

 

もちろん歩いても内ももは少しは使うし、立つ座るの動作でも多少なり使う。

ただ効率的に内ももに効かせようと思ったらそれだけではダメだ。

 

内もも痩せのダイエットはこうだ!!!

膝にペットボトルを挟んで落とさないようにキープする。

これは座ってても良いし仰向けで寝て足だけ上げてる状態でもいい。

最初は楽だが徐々に違和感が出てくる・・・。

寝ながら足を上げるのは腹筋も同時に効果がある。

 

片足立ちをして浮いてる足を左右にブンブン振る。

前後の動きは歩く動作があるから人は慣れてるが、左右の動きになると突然不安定になる。

体幹を同時に鍛えながらバランスをとって足をふってみよう。意外と辛いはずだ。

 

両足で物(ボールなど)を挟んで持ち上げて落とすを繰り返す。

これはペットボトルを挟むに似ているが、キープではなく挟むという行為を繰り返すために動き続ける。

キープが物足りないとか動いてた方がいいという人はこっちがオススメだ。

 

メンタル的な話。

こんなこと毎日続けれないよ!!!なんて思うかもしれないが、考え方の話をしたい。

一週間のうち一日だけ70回腕立てするくらいなら

一週間毎日10回腕立てしたほうがよっぽど効果がある。

 

つまり

両足で何かを挟む。

これを一日一回でもいいから生活のどこかでやること。

 

俺は小さいころ動くのがめんどくさいときに足で物を拾ってたのだが、よく母親に

「こら!足でものを掴まない!ちゃんと手で取る!!」

と怒られていた。

 

まさにこの体たらくっぷりが今回のトレーニングだ。

寝ながら両足で何かをホイっと持ち上げてぽいっと足で投げ捨ててみよう。

ゴムボールなんて100均で売ってる。

それでちょっと手を使わないで遊んでみよう。

 

10分だけでもいいし、なんなら1分でもいい。

ようは毎日両足で何かをつかむをやってりゃいい。

 

そのうち簡単に出来るようになって、そのうちなんか足が引き締まる日が来るはずだ。

 

ちなみに筋肉がない状態でコレをやると最初は筋肉がつくために体重が増える可能性もある。

ただ筋肉がゴリゴリにつくわけではなく締まった筋肉が作られ、

そのあとエネルギーの消費量が増えて痩せていく。

 

まずは足を手のように使うから始めてみてはどうだろうか?

 

ただこれが慣れてしまうと逆に立って物を取ってくるという生活が、

リモコンや携帯やちょっとしたものでギリギリ届かないものは足て掴んでしまえ!!

というその場から出来るだけ動かない生活が待っている可能性はあるので要注意である笑。

 

内ももダイエットを更に加速させる裏技。

動いても動いても変わらない人必見

↓↓↓

内ももやせダイエットの即効性をさらに加速させる。

最短なら1週間以内に目に見えた違いがでる。

スポンサーリンク

-ためになる話

Copyright© おもしろ冒険家 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.