TV タレント(女性) 女優

高田里穂を有吉も認めた?!ウーマン・オン・ザ・プラネットより

更新日:


ウーマン・オン・ザ・プラネットで高田里穂出演生中継。有吉も認めるカワイさ!

高田里穂

女優・高田里穂(たかだ りほ)を皆さん知っているだろうか?

1994年8月16日生まれ

福岡県出身

Fortune Cookieというローカルアイドルユニットに所属後、ティーン雑誌の「ピチレモン」で専属モデルで活動をしていた。

2008年には女優デビューを果たし、2010年9月から特撮の仮面ライダーオーズでヒロインを演じる。

んー経歴を聞いてもあーあの子か!!とならない。俺はあまり知らなかったがウーマン・オン・ザ・プラネットという番組で知ることになった。正直言うとこんな可愛いと思った人は久しぶりだ。

めっちゃ可愛い!

今までどうしてメディアに出てこなかったのか不思議でしょうがなかったのだがこうしてウーマン・オン・ザ・プラネットという番組を通して知ることになるのだが高田里穂は現在すごい大きな目標にチャレンジしている。

ロサンゼルスに移住してハリウッド女優デビューを目指す高田里穂を追う!

高田里穂

ウーマン・オン・ザ・プラネットでは高田里穂のハリウッドデビューのドキュメントだった。3ヶ月という期間の間にデビューをすることが目標らしいがとんでも無い事考えたものだ。

3ヶ月て!!!

芸能界の事情は分からないが、日本で活躍するほうがずっと簡単に俺は感じる。

まずウーマン・オン・ザ・プラネットを見ている限り高田里穂が流暢な英語を話しているようには見えず、おぼつかない覚えたての英語で必死にコミュニティとっていた。

3ヶ月ともなれば英語が話せるようになる期間のわけもなくしっかりと話せるまえに終了してしまう。まともなコミュニケーションなんて取れるわけがない。

そしてアメリカともなれば日本のように事務所などがバックアップしてくれることもない。完全に実力社会だ。まして日本人という所ですでに受け入れられる窓口が狭い。

逆に日本語が片言でしか話せないアメリカの女優の卵がいきなり日本で活躍するか?

認知度もなければ日本語が話せない人を起用しようとは思わないだろう。日本ですらこうだ。

それをアメリカで三ヶ月の間に成果を残すというのは並大抵の事ではないのだ。

辛口の有吉もココぞとばかりにそれはもう「難しいんじゃないの?」「いやハリウッドっつったって!」と厳しい意見を連発する。光るものがなければありきたりな皆がやってそうな事やっても目立たないなどの指摘もあった。

有吉

厳しい意見だと思うが俺もそう思った。だが有吉のその厳しい言葉も番組後半には180度変わってしまうのだ。

ロサンゼルスで高田里穂が行ったハリウッド女優デビューのための宣材写真が可愛すぎた。

ハリウッドデビューをするために何をするかというと、いろいろな企業やイベント会社がオーディション行っているそうで、その数は実は無数に存在しているようだ。

そのオーディションに片っ端から書類を送り、受けまくることで何かしら映画やドラマへの扉を開こうというものらしい。

んーー一番シンプルで一番効率的!!

しかし高田里穂のロサンゼルスの移住先のルームメイトが偶然なのかヤラセなのかは分からないがオーディション先行のディレクターを昔やってたという人で高田里穂は宣材写真についてアドバイスを聞くことになるのだがその元ディレクターの言葉は的確で現実的だった。

これは何かしら芸能界でも物を売る仕事でもコンペに参加する人でも挑戦しようとしている人は知ってて損はしない。

 

書類審査ってのは応募に対して1000通2000通と山のように届くんだ。だから選ぶ方も一枚一枚何が得意で何が趣味でどんな人間かなんて読まないし見ない。

一人を見る時間なんて1秒さ。ペラペラペラペラ。どれだけ頑張って書いても一瞬でめくられて終了さ。

だからプロフィールの宣材写真は徹底的にこだわれ。1秒のペラってめくる間の一瞬の時間でお??この子は??と思わせる事が大事だ。

 

という意見だった。まさに目から鱗というか本当にそのとおりだ!と何度もうなづいてしまった。広告だって服だってそうだ。一瞬で人を惹きつけられるものがなければ通り過ぎて行く人の目にとまることは出来ない。

そこで徹底して宣材写真をプロのカメラマンにお願いして作ることになるのだがその写真が素晴らしかったのだ。

ウーマン・オン・ザ・プラネットで有吉も絶賛の高田里穂の宣材写真!

あの辛口の毒舌の有吉すらも

「いやちょっとこれいけるんじゃないの?!ちょっと日本帰っておいでよ!」

というくらい素敵な出来栄え!森三中の大島にはそんな意見ころっと変えてなんなんだよ!!てきなツッコミをされていたが、俺としては辛口の有吉にここまで言わせるというのは凄いことだ。

ハリウッドでデビューが果たせるのかは分からない。どこまでの可能性を秘めているのかもわからない。

だがもうウーマン・オン・ザ・プラネットによって日本でもかなりのインパクトを与えられたようには思う。俺もインパクトを受けたその一人だ。

ハリウッドから帰ってきた時に高田里穂が一皮むけてお茶の間に登場する日も近いだろう。

 

スポンサーリンク

-TV, タレント(女性), 女優

Copyright© おもしろ冒険家 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.