スポーツ 未分類

浅田舞の妹真央への愛は本物だ!プリクラとのギャップ!性格は?

更新日:

スポンサーリンク

お姉ちゃんの愛だねぇ。帰ってきたらしたらハグして焼き肉だなんて。

浅田舞

浅田 舞(あさだ まい)

1988年7月17日

フィギュアスケート選手(女子シングル)

浅田真央は実妹

163cm 48kg

 

ショートでくしくも転倒をしてしまった浅田真央。

それを誰よりも心配していたのは他でもない姉の浅田舞だったのだろう。

 

姉妹で同じようにフィギュアスケートをしてきて、実力的には妹のほうがあったものの

 

第一線で一緒に戦ってきたライバルでもあり大事な家族でもあったはずだ。

 

今は第一線を退いてキャスターやリポーターを務める浅田舞だが、それでもやはり現役でやっている人の気持ち

ましてや妹浅田真央の気持ちは誰よりもわかっていたのだろう。

 

ショートの演技に対しては、

「ショートの演技ではご心配をおかけしました。精神的にも立て直すのが大変だったと思いますが、フリーではよく乗り越えてくれました」

と語っている。

また、

「メダルがなくても、こんなに嬉しくて特別な感情になれることを世界中に教えてくれました。」

とも。

 

全くその通りだ!!!このやろう・・泣けてくる・・・

俺も見ていた。すげぇフリーの演技だった!!会心だった!!自己ベストをソチという大舞台で更新!

安易に

 

日本を背負ってるから結果だ結果!!

税金で行ってるんだから!!

あー本番でなんでころんじゃうかなぁ。

 

なんて意見もあるが、俺からすりゃ

あんなハンパねぇ場所でいつもどおりの演技が出来る事がもう桁違い世界

だと思っている。

 

どれだけの注目の中しくじれないとどれだけのプレッシャーをかけられ、

自分の蓄積してきたものがたった数分の中に凝縮されて高濃度で襲いかかってくる。

正気でいられるほうがおかしい。

 

本当に浅田真央の演技には感動した!!スピリット感じた!ハートに届いた!!

 

帰国したら焼き肉に連れてくって?

もうぜひぜひ!!可愛い妹をたらふく食べさせてやって下さいな。

スポンサーリンク

浅田舞のプリクラとのギャップってなんなんだろうか??性格的には本当は。

浅田舞のプリクラが過激だなんて噂があって

そのぷりくらが流出している。

浅田舞2

まぁそれがなんなんだって話だが、これをみんなはどう評価するだろうか??

 

俺の中では優しさのつもりでもないが、

 

アスリートというか芸能人でもそうだが人に見られる、舞台に立つ仕事の人は

いつもとんでもないプレッシャーの中で生きている気がする。

 

それが常にストレスとなったときに

簡単な言葉を使うが

 

はっちゃける

 

なんて状態になってしまうんではないだろうか?

 

だって年頃の女の子さ。

テレビに出ようがスケートで日本トップクラスで活躍してようがあくまで

一人の女の子である。

クラブで音楽聞いていえーい!!

 

別にいいじゃないか!!

 

実際妹を何より大切にする浅田舞だがそういった一面もある。

いや逆にその一面はないとダメなのかもしれないとすら思える部分でもあるのだ。

 

どっちの性格が本当だろう??

なんて考えた所でわかりゃしないが、どっちも本当の自分なのだろう。

 

当時ソチ五輪前にさかのぼって浅田真央がメダルを取るか期待されていた時の記事がコチラ。

追記あり

↓↓

浅田真央のソチ五輪の可能性と予想!不調の理由は色気と表現力?しかし審査の曖昧さが際立つ!

こうして振り返ると点数を付ける世界である限り結果はハッキリ出てしまうが、

見ている人を感動させるのは点数ではなくハートだと改めて感じる。

スポンサーリンク

-スポーツ, 未分類

Copyright© おもしろ冒険家 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.