タレント(男性) 芸人

なすび芸人からの今現在は?エベレスト登頂?懸賞生活から15年!

更新日:

スポンサーリンク

電波少年から15年。なすびは輝いていた。

なすび

なすび

1975年8月3日生まれ

お笑いタレント、俳優

本名は浜津智明(はまつ ともあき)

福島県立福島東高等学校、専修大学法学部卒業

劇団「なす我儘(がまま)」主宰

丸福ボンバーズ所属。

 

芸名は、茄子のような30cmの長い顔に由来。というあまりに

 

安易すぎやろ!!!!悪口か!!

 

って思えるくらいテキトウなネーミング。

 

なすびを知っている人は今どれだけいるだろうか?世代が世代だけに10代の人たちはわからないかもしれない。

食い物のあの紫色のなっげーやつじゃないよ?

 

バラエティー番組の『進ぬ!電波少年』で懸賞だけをやってどんだけ生活をしていけるかという「電波少年的懸賞生活」

チャレンジャーがこのなすびである。

 

当時その放送があったのが1998年!

 

この記事を読んでいる人の中には生まれてない!!なんて人もいるのかな?

はたまたまだ赤ん坊なんですけど!!

って人もいるかもしれない。あれから15年も立つ。

 

いったい今何をしているんだなすび!!!

 

と思った人に読んでいただきたい。

ただなんだろう。記事を読んでいけばわかるのだが、なすびが妙に

かっこ良くみえる。

というか

カッコイイのだ。

スポンサーリンク

なすびがエベレスト挑戦?!今源氏亜のなすびはとんでも無いことをしていた。

なすび1

なすびがエベレスト?

 

は??

 

どういうこっちゃねん!!

 

と思う人も多いと思うが、電波少年の後なすびはテレビに殆ど出ていなかった。

それはなすび本人が

面白いことを何一つ言えない自分があまりに無力だと知った。

というものだった。

 

風呂なし1Kのアパートで住んでいたなすび。

今もその生活は変わっていない

 

だが、

 

福岡の皆さんを元気にしたい!!応援したい!!

 

という思いから

そうだ!!エベレストに登ろう!!

という

まるで京都行こうのノリで海渡っちゃった上に山登っちゃう

というすげぇことをやりだした。

 

イモトアヤコがマナスルに登って日本を感動させていたが、

なすびが先にエベレストに登っていたとは驚きだ。

 

しょうじき俺の中では

イモトアヤコとなすび!この二人で挑戦してほしい!!!

そんな思いさえある。

 

1Kのアパートからは変わっていないが、チャレンジ精神の素晴らしさ。

 

なすびがめちゃめちゃ輝いて見える。

 

話題作りと思うだろうか?

話題作りでエベレストに登れるだろうか?そんな甘い世界じゃない。

プロの登山家だって諦めることがあるような山だ。

 

生半可な覚悟じゃ出来やしない。

 

本当に応援のために元気付けるために!自分のためにも!もしかしたら楽しくてしょうが無いのかもしれない。

 

そんな思いでエベレストに登ったのだろう。

エベレスト挑戦での失敗からの再挑戦。なすびの今

なすび2

実はファーストチャレンジは一度なすびは断念している。

 

あと100mで

 

え??

そんなもんあと100mなら登れよ!!っていうくらいの距離で断念。

 

いったいどれほどその100mが地獄級の困難なのか想像もできない。

たった100mを登ることが出来ないほどの大きな壁なのかエベレストの山頂!

 

それだけでも苛酷さが伝わる。

 

エベレスト再チャレンジにむけて今始動しているなすびとしては

 

きっとあの先に見えた100mを今度こそのぼったるぞ!!

という悔しさとか熱意とかこみ上げるものがあっての再チャレンジだろう。

 

マジ応援したい!!!

しかしほんとイモトとどうせなら一緒にやってほしいものだ。

スポンサーリンク

-タレント(男性), 芸人

Copyright© おもしろ冒険家 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.