ためになる話 タレント(男性)

genkingの現在の姿と過去の栄光の理由。店のKINGsも潰れそうなのか?

投稿日:


genkingというイケメン?いや美人?の存在が一度は世間にブームを巻き起こした。

genkingの過去は意外と華やかでもなく普通の生活から始まった。

 

genkingはもともと男性のパートナーと暮らしていて、そこで専業主婦をしていた。

といっても暇だったためInstagramを始めたのだが、そこで注目されるようになるのである。

インスタで注目され、芸能事務所からかなりの声がかかっていたが最初は断っていたようだ。

 

自分の店がやりたかったと言う理由で芸能人になるつもりはなかったらしい。

だが友人に紹介された雑誌の編集長の依頼で、特集をお願いされて2014年12月にベンヌに所属した。

僕らが知ってるのはここから先。

 

2015年genkingは超絶イケメンなお兄さんが登場と同時に「や〜よ」という決め台詞でオネエなの?!

というインパクトを与えてデビューした。1年で累計200本以上の番組に出演したようだ。

 

GENKING(ゲンキング)

本名:田中元輝(たなかげんき)

生年月日非公表

日本の男性タレント。モデル。

ベンヌ所属

genkingの過去の栄光はキャラ作りだった。その理由は自己投資?

genkingが注目されるきっかけとなったのはInstagramだ。

高級ブランド品の服やバッグが出てきたり華やかでリッチな生活が映し出されていた。

お金持ちの生活。

カリスマ性

徹底した美容

セレブ感

 

こういった生活が好きな人にとっては誰もが羨むものであり、憧れるものだった。

多くの人がこのイケメンでカリスマ性のあるgenkingと言う人間をフォローした。

 

だがこのInstagramの写真は作り込まれたものだったのだ。

 

Instagramの華やかなな写真の数々はすべて演出されたものだった。演出は自撮りのとりなおしとかそういう話ではない。

華やかな生活を演じるために多額の借金をしてまで、ブランド品を購入し続けて出来ていたものだったのだ。

借金は最大で1000万円ほどにもなったらしい。。。

 

genkingいわく「期待を裏切れなかったし、ネットが1人歩きしてた」と。

スポンサーリンク

genkingの知名度はそれでも上がり続け過去の栄光は現実になった。

実際に借金をしてまでも演じ続けていたgenkingだが、過去のその演じ続けて積もったものは注目を集めた。

その結果テレビに出るようになったり様々な美容雑誌や美容関係のオファーが集まった。

モデル的な仕事もそうだ。

 

(おそらくこの頃はまだそういった借金などの暴露はされていないだろう。)

 

突然なぞのイケメンオネエが出てきた!超きれい!生活もセレブ!と誰もが思っていたため、

そのブランド力は一気に駆け上がり一時は不動のものとまでなっただろう。

 

 

今までの借金が帳消しになるくらいのお金は手に入ったはずだ。

少なくともテレビの出演料というのが新人でもだいたい相場が5万円らしい。

話題性も考えるとその頃のギャラが5万とも思えないが、

 

200本出演していたので最低でも1000万円。

美容系のスポンサーやスリムウォークのCMや雑誌。

他の仕事をいれても何億円くらいは余裕で稼いでいたに違いない。

 

それでも流行というにはあまりに突発的というべきか?

genkingは突然メディアから姿を消した。

 

しかし2016年10月にgenkingプロデュースの美容に特化したビルKINGsをオープンする。

genkingの店のKINGsが潰れかけている?というか休店している。

genkingは何もミーハーな美容をしているわけではない。

シッカリと勉強をしたうえで美容関係の仕事をしている。

2016年4月には韓国美容外科学会で論文を発表もしていた。

 

KINGsのビルをオープンしたのは10月なのでオープン前にもきっちり本腰で美容の仕事をしていたのだろう。

 

最初の一ヶ月。KINGsは怒涛の賑わいを見せた。

 

だがビジネスというのはそこまで簡単にいくものではない。

勉強したから、過去の経歴があるからって成功するものでもない。

 

仕事として美容はもちろんだが、スムージーや水素バーなども取り入れていた。

好きな人は好きだがブームをすぎればまた新しい美容に手を出すのが現実である・・

そして敷居の高すぎる設備は気軽に人は入れない。

 

genkingが好きな人達はしばらく行ったとしてもカリスマ性が消えれば行かなくなる。

genking自身がみんなを接客するならまだしもそうでないならただの美容店。

genkingというブランド性以外はどこでもやっていてどこでも取り入れている普通の事。

 

genkingという人物を除いた時魅力的な要素がほぼないのである。

現在ではKINGsも閑古鳥どころではなく、どうなっているのかわからない。

 

2016.12.13  年末年始の営業のご案内

日頃より弊社サービスをご利用いただきありがとうございます。
誠に勝手ながら、2016年12月28日(水)~2017年1月4日(水)までを年末年始休業期間とさせていただきます。

http://kings-gt.com/

 

これが最後のホームページでのNEWSであり全く更新されていない。

ビルの家賃が月額120万円ほどと言われていたので最初の一ヶ月はやれたが、現在はいったい。。。

スポンサーリンク

-ためになる話, タレント(男性)

Copyright© おもしろ冒険家 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.